オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

尾崎紀世彦  -本格派ボーカリスト-

2012/04/27(金) 00:00:59

 尾崎である。 私にとって尾崎と言えば、尾崎紀世彦である。 決して尾崎豊では無い。

 なにやらテレビで尾崎さんが騒がれている。 一時は失踪かと言われていたが、病気療養中らしい。

 尾崎紀世彦の代表曲と言えば、『また逢う日まで』だ。 私より若い世代の人達でも、日本人なら殆どの人が知っている曲である。 実は私もこのレコードを持っていた。
 しかしこれ以外の彼の曲となると、直ぐに答えられる人は少ないだろう。 
 
 彼は実力のある歌手である。 いや、同時期の日本の歌手と比べてもダイナミックで音圧を感じる歌唱力はずば抜けている。
 和製トム・ジョーンズとも言われていた。 確かに彼の歌は演歌ではない。 かといって同時期の歌謡曲と呼ばれるものとも大きく違う。 クォータ―である彼のルックスもそうだが、タキシードに蝶ネクタイというスタイルも含め、イギリス、アメリカの白人系ポピュラーミュージックを意識していたのは間違いないだろう。
 それが彼自身の意思だったのか、レコード会社や事務所の戦略だったのかは判らない。

 「また逢う日まで」があまりにヒットし過ぎた、という事実も在るだろう。 その後に続く歌が、どうしても偉大な名曲の前にかすんでしまう。 しかし、その後も、明らかに白人が歌う大人向けのポピュラーを意識して作られた楽曲を歌っていた。 そもそも、そのスタイルが「また逢う日まで」以降、ヒットに恵まれなかった原因ではないだろうか。 

 当時の日本人にはブルースもポピュラーもブギも、何も分かっていなかったのである。
 淡谷のり子をブルースの女王等と呼んでいたくらいなのだから。 言っておくが淡谷先生は断じてブルースなど歌ってはいない。 ちなみにブギの女王、笠置シヅ子も生涯において本物のブギを歌った事は一度も無いであろう。 マッチの「スニーカー・ブルース」が本物ブルースであるかどうか、此処に書くまではないだろう。

 そんな意味では尾崎は本物志向の歌手だったのではないだろうか? だが余りに本物を意識した楽曲とスタイルが日本人には受けなかったのではないだろうか?

 70年代頃の日本の歌手でポピュラー路線の歌手と言うと殆どがアイドル系で、実力派の歌手は皆演歌系であった。 尾崎のようなスタイルの歌手は希少な存在で在ったのだ。 

 大人向きのポピュラーを歌う歌手が希少だったが為に、調子づいた演歌歌手(五木ひろし)がTVでマイ・ウェイを歌っているのを聴いたことがあるが、どん臭いにもほどが在る。

 この尾崎さんの歌を聴いて、どん臭いと感じる人は居ないだろう。

  ♪ さよならをもう一度
  ♪ 太陽は燃えている

 「また逢う日ま」では、もはやここに貼りつけるまで無いと思ったので、尾崎さんの良さが感じられると思う曲をyoutubeから2曲選んだ。

 これほどの素晴らしい歌手を絶対に芸能界から葬ってはいけない。

ザ・プレミアムベスト 尾崎紀世彦ザ・プレミアムベスト 尾崎紀世彦
(2009/03/18)
尾崎紀世彦

商品詳細を見る




芸能人使用アイテム多数!アイスウォッチ

便秘・肌荒れ・ダイエットでお悩みの方の為の自然派由来のハーブティー☆★

 
関連記事
その他 TB:0CM:0
<< ワインホーム全記事一覧 小林 克也氏について考える -日本を代表するDJ- >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/86-1fe71cd5

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。