オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おしんの「しん」は、辛抱の「しん」!   ― 大根飯 ―

2012/05/02(水) 00:00:49

 貧しきオヤジにとって、いかに食費を抑えた料理を作るかは大きな課題である。

 やはり安いと言えば大根飯であろう。
 おしんが食べていたあれである。
 まさに貧しき食卓の看板メニューである。

 ドラマ「おしん」の中での大根飯はそれこそ貧しさの象徴として描かれていた。 だが、40後半にして身体も内蔵も疲れ果てたオヤジには、この大根飯はまさに打ってつけの料理である。 まあ、料理というほどのものでも無いが…。
  とにかく旨いのである。 このシンプルさが良い。 まさに私の持論である粗食こそ美食を再現した食べ方では無いか!!

 安い、うまい、そして手っ取り早い!

 折角なので、牛丼屋からの猛反発を覚悟しつつ、大根飯の作り方を紹介しよう。
 まあ簡単である。 材料は米、大根、油揚げ、本来これだだが冷凍庫に椎茸が在ったのでそれも少し入れる事のした。 清水の舞台から飛び降りる覚悟の贅沢である。

 米を洗って、いつも通りの水加減にする。
 顆粒の出汁の素を入れる。 味付けは基本は米1合に対して醤油と味醂をレンゲに一杯づつである。 つまり米2合ならレンゲに醤油と味醂を2杯づづである。 だが私はあまり甘いのは好まないので醤油2に対し味醂1にしている。 ここでは薄口醤油を使っているが濃口でも良い。

051.jpg052.jpg


 大根は銀杏切りか短冊に極薄くスライス、油揚げと椎茸もスライス。 油揚げは四角いのを2枚分切っている。 これで2合分の米を焚く。
 調味料をぶち込んだら、用意した具料を入れる。 具と米を混ぜ合わせてはいけない、具は米の上に広げたままで焚くのである。 そうしないと米が上手く炊きあがらない。

053.jpg056.jpg

 ここで、どこぞの料理教室の先生や、頑固な料理人が登場して「いいや、油揚げは油抜きするべきだ!」、「大根は下茹でするべきだ!」と言いだすかもしれない。 「その、ひと手間が肝心なんだ」と。
 だが、そういった戯言は無視である。
 ひと手間かけた割には完成品に格別な差は無い。 オヤジの料理はそんな面倒なことはやっていられないのだ。 
 だいたい今時の大根(青首大根)は品種改良を繰り返し、柔らかく、アクも辛みも無い大根である。 下茹で等という行為は、大根の風味をお湯に流してしまうだけである。
 油揚げにしてもそうだ。 肉も魚も入らない質素な炊きこみ飯である。 油揚げの油分は残しておいた方が旨いのである。 今は衛生基準も厳しく、昔のように酸化した油で揚げた油揚げを売りつける豆腐屋も無いのである。
 
 定説でしかものを考えられない人間に、クリエイティブな才能を必要とする料理の創造は出来ないであろう。 いや、悲しいかな料理人に限って定説でしかものを考えられない人間が多いのだ。 必要以上に頑固で人の話を聞かない!

 「ああ、私のことか…」

 話は逸れたが、後は炊飯器のスイッチを押すだけである。 炊きあがるまでに20分ほど掛かるであろうがテレビでも観て待てば良いのだ。
 
 こういった炊き込みご飯、味飯の良い所は、他におかずが要らない、という事である。 あとは味噌汁でもあればそれで良い。

069.jpg


母の日ギフト&プレゼント特集
 
厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】

お一人でもOK!生協のラクラク宅配まずは、資料請求!

2012年6月30日まで半額≫オナカとお肌に優しい豆乳クッキーダイエット

便秘・肌荒れ・ダイエットでお悩みの方の為の自然派由来のハーブティー☆★



関連記事
 食   TB:0CM:3
<< ドレンホースを取り変えよう。 ホーム全記事一覧車載用時計が…! >>

コメント
No title
スーパーの棚に炊き込みご飯の元なるものが並んでおりますが
塩分と化学調味料の塊のようで手が出せませんでした。
「大根メシ」これは美味そうです。
大根の葉があればみじん切りで一緒に炊いてしまって良いのでしょうか?

、、、、、(´Д`)
(´Д`) #-|2012/05/02(水) 00:46 [ 編集 ]
No title
おはようございます!

Author:オヤジさんのエッセー? 
面白いし、即応用出来るし
読んだらすぐに作ってみたくなる~!
なにより、楽しくなる!

何方か、スカウトしてください(^^;)
レモン #-|2012/05/02(水) 07:11 [ 編集 ]
皆さん、コメントありがとうございます。
 大根の葉の件ですが、勿論一緒に炊き込んでも構いませんが、大根葉の風味と色を生かすなら、別で茹でた大根の葉を細かく刻んで、炊きあがりの飯に混ぜた方が旨いと思います。
 愛知には、茹でて細かく刻んだ大根菜に塩をまぶして炊きあがりのご飯に混ぜた「菜飯」と言う食べ方も在ります。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%9C%E9%A3%AF
オヤジ #-|2012/05/03(木) 06:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/45-51460c74

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。