オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 桜姫とは…   【鶏と葱の甘酢炒め】

2015/06/06(土) 07:08:05

054_201506020717568e3.jpg

最近、名古屋のスーパーで良く見かける鶏肉である。
 宮城県産桜姫と表記してある。  100g/138円。
 まあ、値段からしても地鶏に分類されるものでは無いことは想像できるのだが、ピンク色の肉が綺麗で美味しそうだったので、腿肉を一枚買ってみた。

 さて、今回は御飯にも合う、甘酢炒めを作ってみよう。
 
057.jpg 059.jpg

一緒に合わせる野菜は葱。 そして彩にパプリカとグリンアスパラを少々。
 鶏肉は野菜に合わせ細長くカットして、軽く塩、胡椒をして片栗粉を塗す。

058_201506020717587db.jpg

ソースも先に合わせておこう。
 醤油、味醂、酢を1:1:1、ウスターソース少々、胡麻油少々。 まあだいたい、こんな感じだが、こんなのは目分量である。 最終的には自分の味覚で調整する。 甘めが好みの人は砂糖も一つまみ位入れると良い。
 生姜も刻んで入れておく。

062_20150604192759779.jpg 065.jpg

 まずは鶏肉から焼き始める。 忙しくフライパンを振って鶏肉を反す必要は無い。 強火で片面ずつ確りと焦げ目が付くように焼く。 
 鶏肉の表面に焦げ目が付いたところで野菜を投入し、更に炒める。
 ここで酒を少々入れると、具材に火が通りやすい。
 全体的に火が通ったところで、先に用意したソースを流しいれる。 手早くフライパンを反し、ソースが全体に絡まった所で火を止め完成である。

 foodpic6134252.jpg

 さて味のほうだが、味付け自体に失敗は無い。 問題は鶏肉自体の味だ。
 確かに臭みの無い肉である。 肉質は水っぽさは無いものの非常に柔らかい。  
 地鶏とは全く別物である。 やはり所詮ブロイラーか、いや、一般的なブロイラーより肉質が軟らかいのではないだろうか? 
 ウェヴで「桜姫鶏」を調べてみると、いわゆる銘柄鶏で産地は宮崎以外でも色々な場所で作っているようだ。 臭みが無く、柔らかいのが特徴と書いてある。
 確かにその通りなのだが、これでは食感が頼りなさずぎる。
 近ごろは何でも柔らかいものが好まれる傾向にあるようだが、鶏肉もこのような柔らかいものが好まれるのであろうか。
 それぞれ好みの問題であるが、地鶏のような確りとした弾力と歯ごたえを期待するなら、この桜姫鶏はやめた方が良いであろう。

 もっとも、本物の地鶏となるともう少し値段が張るのだが、最近、銘柄鶏と言うのがやたらに増えて紛らわしい。
 単なる銘柄鶏を地鶏と称して提供している飲食店も多いが(一流ホテルでもそんなインチキが在りましたな)、地鶏を食べたことのある人間なら別物であることは直ぐに分かるのである。

 たまには奮発して名古屋コーチンでも、と思うのだが、ここ名古屋に住んでいても名古屋コーチンとなると一部の限られた店しか取扱いが無く、一般的には手に入りにくいのが現状である。 希少であることがブランド力を高めているのかもしれないが、地元にはもう少し流通させても良いのではないだろうか。 名古屋に住んでいながら、名古屋コーチンを食べたことのない人が大半なのだから。

foodpic6134250.jpg

 鶏肉と葱の甘酢炒め
 (桜姫鶏、葱、パプリカ、グリンアスパラ、生姜、醤油、味醂、酢、ウスターソース、酒、胡麻油、片栗粉、塩、黒胡椒) 







関連記事
 食   TB:0CM:0
<<   アーモンド効果って…?!   【オクラとグリーンアスパラのアーモンド和え】ホーム全記事一覧 三つの食感が楽しい。  【鳥肝と蓮根の煮物】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/386-46c44df5

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。