オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

   真赤なマラカス

2014/10/17(金) 00:00:05

 昔は、1人でもよく飲みに出かけたものだ。
 馴染みの店に入り浸るより、色んな店を探るのが好きだった。 初めての店でも躊躇なく入ることが出来た。
 
 家飲みが日常化すると、逆に外へ飲みに出かけるのは億劫になる。
 家飲みなら、だらしのない格好で飲んで、そのまま眠ってしまっても大丈夫である。

 俺も歳だな…。
 
 なんて、部屋に引き籠ってばかりじゃ、精神衛生上良くないであろう。
 
 仕事帰り、疲れ果てて一人、ふらふらと歩いていると、良い匂いをさせている店が在った。
 焼き鳥屋だ。

 焼き鳥か…、たまには良いだろう。 
 そう思うと喉から唾が湧いた。
 
 焼き鳥屋というと、店先に赤提灯なんかをぶら提げ、仕事帰りのサラリーマンの溜まり場のようなイメージが在るが、その店は郊外型のチェーン店であり、店内を覗くと、サラリーマン風の客の姿は無く、どこから集まってきたのか若者ばかりで賑わっていた。
 
 俺は一瞬、足を踏み入れることに躊躇したが、覚悟を決めて店に入った。
 それはそうだ、焼き鳥を喰うのに歳は関係ない。 若者の中に交じって、オヤジが焼き鳥を喰ったって良いじゃないか。
 俺だって毎日遅くまで残業してるんだ。 たまには焼き鳥屋で一杯飲んで、赤ら顔で帰ったて良いじゃないか。
 何が悪い!

 店内は想像以上に混雑していた。
 「何名様ですか?」
 若造のスタッフが言った。

  ……見りゃ分かるだろう。 俺様一人だよ。 一人で悪いか……

 俺は遠慮がちに答えた。
 「あのぅ… 一人なんですが座れますか?」
 「カウンターなら、すぐ座れます」
 「カウンターで良いですよ」
 「空いているカウンターへどうぞ」
 若造はそう言うと、席にも案内せずにどこかへ行ってしまった。

 客も若造ばかりなら、スタッフも若造ばかりだ。
 俺はカウンターの空いている席を見つけ座った。
 まずは生ビールだ。 
 それに砂肝とハツ、勿論塩だ。
 
 ところが、待てど暮らせど、注文を取りに来ない。 
 
 おいおい、一体どうなってるんだ?
 カウンター越しに直接注文をしようとも思ったが、カウンターの前は全面ガラスがはめ込まれており、その中ではやはり若いスタッフが一心不乱に串を焼いており、目の前の客に注意を払う素振りも無い。
 どうしたものか、と思った時に、カウンターに置いてある物に気が付いた。
 いや、本当は席に座る前から、気に成っていた。
 何故、ここにこんなものが置いてあるのか? 何のためだ?
 それは、カウンターの所々に置いてあった。 店内を見渡すと各テーブルにも置いてある。

 まさか、こいつを使うのだろうか…

 それはマラカスである。
 マラカスと言っても、楽器店に置いてあるようなものではない。 真赤なプラスチックで出来た、いかにも安っぽそうなオモチャのマラカス。

 その時、どこかでカラカラカラっと、景気の良い音がした。 すぐさまスタッフが「あいよーっ♪」 と呼応した。
 見事な掛け合いである。

 やはりそうか。 つまり、このマラカスを呼び鈴代わりに使うという訳だ。
 ああ、なんて愉快で気の利いたシステムなんだ。

 早速、俺もマラカスを振ってスタッフを呼んでみようと思ったのだが、ふと思いとどまった。
 言っておくが、俺は既に50を越えたオヤジである。
 どこからどう見ても、くたびれ果てたオヤジである。
 そんなオヤジが一人、焼き鳥屋で真赤なオモチャのマラカスを振る姿はあまりにも間抜けではないだろうか?
 その姿を誰かに見られたら、なんと言い訳するのだ。



 ……… なあ、御同輩、あんた、コイツが振れるかい? ……… 
  真赤なプラスチックのマラカス。
  恥ずかしがっちゃ駄目さ。 陽気に楽しく。
  手首が肝心ださ。 スナップを利かせるんだ。
  そうそう、腰も振って、身体全身でリズムを取るんだ。
  ラテンのリズムさ。
  サルサを踊るように。

 ……… なあ、御同輩、あんた、コイツが振れるかい ………


 
 駄目だ…  出来ない。

 俺にはとても、こいつをカッコよく振ることなんてできない。
 そんなリズム感なんて持合わせてはいないのだ。
 
 俺の負けだ…。

 俺は黙って立ち上がり、何も注文せずに店を出ると、メキシコ行の列車に飛び乗った。




   images_20141002100138a86.jpg





 本日の一曲
Santana / Jingo




















関連記事
 生活TB:0CM:4
<< お母ちゃん、焼きビーフンにピーマン入れんといてやぁ 【ケンミンの焼きビーフン】ホーム全記事一覧決して不真面目では無い、簡単で旨い。   【明太子パスタ】 >>

コメント
ドキドキです
こんにちは。
始めてコメントします。
私もマラカス振れない歳なので、少しお気持ちわかります。
最近タッチパネルなどと言う物も多く、食事に行ってドキドキしながら注文します。
「すみませ~~~ん」では、だめなのでしょうか?
普通?がどんどん遠くなると、感じてしまします。
ひま #-|2014/10/18(土) 13:04 [ 編集 ]
ひま様へ
 コメントありがとうございます。
 気持ちが解かっていただけて嬉しいです。
 タッチパネルで注文というのも何か馬鹿にしてますね。
 確かに、普通がどんどん遠ざかってる感じがしますね。 でも若い世代の人たちには普通なのかもしれませんね。
 我々が歳を取った証拠でしょうか。






オヤジ #-|2014/10/19(日) 08:02 [ 編集 ]

お久しぶりです
あ~楽しかった
本当ですよね^^
想像したら面白おかしく・・・
立ち去る勇気も男らしい・・・と感心しましたよ。
美ちゃん39 #-|2014/10/19(日) 10:19 [ 編集 ]
美ちゃん39さんへ
 コメントありがとうございます。

 男らしい?
 僕の行動がですか?
 なにか自分にはとても場違いな感じがして、こそこそと逃げるように出てきました。

 タンバリンか、カスタネットなら自信が在ったんだけどな…。
 いや、そういう問題じゃないよね。


オヤジ #-|2014/10/19(日) 17:39 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/357-f2bf5214

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。