オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 家庭用ガステーブルについて考える。  【水無し、両面焼きグリル、パロマPA-340WA】

2014/09/21(日) 20:12:41

 実はガスコンロを買い替えた。
今まで使っていたコンロは18年以上使っており、さすがにガタが来た。 汁受け皿が錆びて穴があいてしまった。
汁受け皿だけを交換しようと、部品を探したが、さすがに型が古く、取扱が無かった。
 
 やはり買い替え時か。
今まで使っていたコンロはスモークレスグリルと言うものが装備されていた。 秋刀魚を焼いても煙りが殆ど出ないという製品であった。 新しいものに買い替える際、やはりスモークレスグリルで無いと困る。

 秋刀魚を焼くのに、煙りを出さずに焼こう等と言う考えは、料理の哲学から言えば間違っているであろう。
 秋刀魚は煙りを濛々と立てて焼いた方が旨い。
 七輪で焼いた秋刀魚は格別である。 秋刀魚の脂が炭に落ちる度にぱちぱちと炎が上がり、油断すると真っ黒に焦げてしまう。 ところが、これが食べてみると、とても旨い。
 煙りで燻された秋刀魚はなんとも香ばしい。

 だか、私のような集合住宅に住んでいては、そんな煙りを出して焼く訳にはいかない。誤って警報機を鳴らそうものなら、思わぬ騒動に成り兼ねない。
 やはりスモークレスグリルは必要である。
 ところが、パロマの製品を検索してもスモークレスグリルが見付からないのである。

18年前コンロを買った時は、スモークレスグリルは登場したばかりの機能で、製品の謳い文句に成っていたのだが、今ではもはやスモークレスは当たり前で、わざわざ謳って無いだけなのだろうか?

 思い切って、パロマに直接メールで質問してみた。
 パロマから返ってきた回答は次の通である。

オヤジ様
パロマお客様相談室の福井と申します。
お問い合わせをいただきまして誠にありがとうございます。
過去の器具の一部に「スモークレス」の商品はございました。
現在は、「スモークレス」と同じ性能を有した商品のラインナップはございません。
但し、当時の一般グリルと比べますと煙の発生が少なくなる構造とはなっておりま
す。
誠に申し訳ございませんが、脂ののったサンマ等や具材によっては煙が出る場合があ
り、その場合はレンジフードや換気扇をご使用いただくことになりますので何卒ご了
承願います。
オヤジ様のご意見につきましては、ご提案として今後の参考にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

 
 何故、スモークレスグリルが無く成ってしまったのかが疑問だが、リンナイの製品でもビルトインタイプには、その機能の製品があるが、テーブルタイプでは見当たらなかった。
 まあ、仕方がないのでパロマのPA-340WAと言う機種を買った。
 水無し、両面焼きグリルと言うのに惹かれてこれに決めた。

 以前使っていたグリルは、使用時は下皿に水を溜めなければならなかった。
 すると、どうしても蒸し焼きのような仕上がりに成り、表面がカリッとせず、秋刀魚などは微妙に生臭さが残ってしまうと言う欠点があった。
 そこで新しく購入するものは水を入れなくても好いものにした訳である。

 では、早速、秋刀魚を焼いてみよう。

003_2014092118403118a.jpg 005_2014092118403332d.jpg

  秋刀魚の表側に、四ヶ所縦に切れ目を入れる。 裏側には横一線に切れ目をいれた。
 これは飾り包丁と言うが、こうすることで火が入りりやすくなる。

 切り目は恐れずに、中骨に達するまで深く入れた方が良い。 ただし、位置を間違えると焼いている最中に内臓が落ちてしまうので注意だ。

046.jpg

尾頭付きの魚を焼く場合、焼いている時に鰭が燃えて無くなってしまことがある。 自家消費様と言えども、なんとも見た目が寂しい。
 そんな事態を避けるには、鰭にしっかりと塩を塗しておくと良い。
これを化粧塩と言う。
秋刀魚全体にも塩を振り、グリルに入れ点火。

 このグリル。 点火と同時に自動的にタイマーがセットされる。
時間設定は可能だが、初期設定のままの9分で焼いてみた。
火力は上火、下火それぞれ調節可能だが、両火ともマックスで焼いた。

 煙りは殆ど出ない。
いったい、煙りは何処へ行ってしまったのか?
 
foodpic5386738.jpg

 これが焼き上がり。
  綺麗に焼けている。

 実はこのグリル、秋刀魚を置く場所に気を付けなければ成らない。
 グリルの端ぎりぎりに置くと、秋刀魚に直接火が当たり、煙が立つ上に秋刀魚が焦げてしまう。
 かといって、真ん中に置くと、熱は入るが全く焦げ目が付かない。 説明書には確かに、真ん中を避けて置くように書いてあるが、最端も駄目となると置ける場所が限られてしまう。 この辺りはメーカーにも改良の余地があるであろう。

 さて、味のほうだが、以前のグリルと比べてどうなのか?
  水を入れない分カリッと焼けているような気もするが、劇的な違いは感じられない。 やはり庫内で焼くので、蒸気が 逃げず、生臭さみが微妙に残る。
 まあ、あくまで、焼き網等を使って下火で焼いた場合と比べてのことで、製品の欠陥とは言えないであろう。 
 家庭のキッチン(特に集合住宅)の場合、煙を出さないことの方が肝心なので、これは仕方のない事であろう。

 ただし、焼き上がりの時間は劇的に早くなった。 さすが両面焼き。

 しかし、このコンロ、何も秋刀魚を焼くためだけに買ったのではない。
上下両火であることは、オーブンの代用としても使えるのではないか、という魂胆も在ってのことである。
 どんな料理が出来そうかは、また、追い追い考えてこのブログで紹介していこう。



Paloma ガステーブル PA-340WA-L 〔左強火力バーナー/都市ガス用(12A13A)〕EVERYCHEF 水なし両面焼きグリルPaloma ガステーブル PA-340WA-L 〔左強火力バーナー/都市ガス用(12A13A)〕EVERYCHEF 水なし両面焼きグリル
()
パロマ

商品詳細を見る



 関連記事
 サンマについて考える






関連記事
 食   TB:0CM:0
<<  意外にお値打ち野菜。   【空芯菜とイカゲソの炒め煮】ホーム全記事一覧 意外に美味  【アイゴの煮付け】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/354-de1db7bc

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。