オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

SOUL・Funk 名曲、名盤探索(40) 【kool & the gang / jungle jazz】

2014/01/10(金) 03:08:38

 Kool & The Gangと言えば、当時ディスコでもEarth, Wind & Fireと人気を二分する存在であった。
 当時と言うのは80年代頃のことである。
 80年代の彼らはJT(ジェームス・テイラー)をボーカルに迎え、ファンクとは縁遠いポップス路線の音楽を演っていた。
 彼らにしてみればポップス路線にスタイルを変更することで人気を繋ぎ止めていたのであろうが、ディープなファンクに拘る私には80年以降の彼らの音楽は随分退屈である。

 そんなKool & The Gangnも初期の頃はかなりディープなジャズファンクを演っていたのだ。


Wild & PeacefulWild & Peaceful
(1996/03/19)
Kool & The Gang

商品詳細を見る


「Wild & Peaceful」はKool & The Gangnの73年発表のアルバム。
 超強力ファンク、「Funky Stuff」「Jungle Boogie」「Hollywood Swinging」の3曲を含むこのアルバム 、彼らのオリジナルアルバムでは最も人気の高いアルバムであろう。 まさに、これぞファンクアルバムの名盤だと私は思う。
 中でも「Jungle Boogie」はサンプリングネタとしても有名で、初期の頃(JTが加わる以前)の彼らの曲では最も知名度の高い曲であろう。


Spirit of the BoogieSpirit of the Boogie
()
Kool & The Gang

商品詳細を見る


 しかし、彼らは75年発表のアルバム「SPRINT OF THE BOOGIE」の中で「Jungle Boogie」のセルフカバーともいえるようなインストバージョンの曲を収めている。 タイトルは「Jungle Jazz」。
 私のお気に入りはこちらの方である。
 この曲、かなり強烈である。
 イントロから始まる超下品なフルートは鳥肌ものである。 そして反復するリフとワイルドなホーン。
 くどく、しつこく、下品である。 だがこの下品さが良いのである。
 このアルバム、他にも泥臭いディープファンクが満載で傑作アルバムだと思うのだが、何故か現在入手困難な状況のようである。



 






関連記事
 踊れるFunk 20選
 ヘビー級Funk 20選
 SOUL入門 定番の20選
 黒いJazzFunk 20選
 車内で聞きたいJazzFunk、SmoothJazz 20選
 甘茶ソウル20選


関連記事
Soul・FunkTB:0CM:0
<<  塩鮭のアラを使って。  【塩鮭と豚肉の粕汁】ホーム全記事一覧焼肉のタレを使ってみた。  【牛肉と茄子の炒め物】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/316-346b0349

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。