オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

見慣れない魚。  【メアジの握り】

2013/11/28(木) 00:00:28

foodpic4221329.jpg

スーパーで見慣れない魚を見つけた。
 「メアジ」と表記されている。

 尾の付け根にゼンゴが付いていることから、鯵の仲間であることは直ぐに分かるのだが、「メアジ」と言うのは始めて聞くし、始めて見る魚である。

 しかも、2尾で120円と言う安さである。 大きさは頭の先から尾の先まで20センチ程度。 静岡産とある。
 値段の安さからすると、おそらく市場では雑魚として扱われてきた魚であろう。

 こうした雑魚、漁獲量の少ないものは殆どが地場消費され、かつては市場に出回ることは無かったのだが、昨今は魚が昔ほど獲れなくなってきているため、今まで雑魚、外道として扱われてきた魚も市場に並ぶようになってきたという現実がある。
 たとえば、回転寿司でも人気のビンチョウマグロである。 ビンチョウは元々ツナ缶などの加工用とされ、生鮮品が市場に並ぶことは殆ど無かったのだが、年々マグロの漁獲量が減り、値が高騰していく中で、外食産業が安いビンチョウに目を付けたのだ。 今では一般スーパーにも並ぶほどである。
 また、この時期、スケソウダラもスーパーでよく見かける。 スケソウの卵巣はタラコや明太子にされるが、その身は蒲鉾等の練り製品に加工され、以前は鮮魚として取り扱われることは無かったのだが、今では当たり前のように店頭に並んでいる。

 さて、話をメアジに戻そう。
 このメアジ、雑魚と言っても鮮度は抜群に良い。 充分刺身で食べられる鮮度である。
 すぐ隣に、同じくらいの大きさの真鯵が並んでいたのだが、こちらは刺身で食べるには少々厳しい鮮度である。 しかし値段はメアジの倍以上である。

 どちらを買うか? 

 メアジを買った。 食べてみなければ旨いか不味いかわからない。
 さて、どのようにして食べるか?
 とにかく、鮮度が良いことは間違いない。 やはり生食であろう。 寿司にしよう。

foodpic4221330.jpg

 三枚に下ろした身。 きれいな身である。

foodpic4221332.jpgfoodpic4221333.jpg

 握りにしてみた。 
 非常に旨い。

 メアジを食べるのは初めてだったので、ちょいとネットで調べてみたのだが、やはり雑魚として扱われる魚で、真鯵より脂が少なく、身が柔らかいというようなことが書いてある。
 確かに淡白な身だが、鮮度が良いので身の柔らかさは感じない。
 全く癖のないよく締まった身だ。

 これを「鯵の握り」と言って、客に出しても誰も気付かないであろう。
 はたしてこれはインチキであろうか?

 メアジも鯵には変わらない。 「真鯵」とはうたっていないので、誤表示とは言い難いのではないだろうか?

 いやはや、こういう事から偽装は始まるのであろう。 いや、誤表示か?

 「真鯵」と、うたっていなくとも、「鯵の握り」と書いてあれば、誰だって「真鯵」を想像するであろう。
 後から、実は真鯵ではなかったと知ったら、騙されたと思うであろう。

 ちゃんと、客に説明してやればいいのだ。 「安くて美味しい魚、真鯵より、お値打ちです」と。
 真鯵とほぼ同等のものが、真鯵より安く食べられるのだから、客は満足して帰るであろう。

 実は鯵と名の付く魚は何種類かある。
 よく出回っているのは、マルアジ(アオアジ)である。
 これは見た目はマアジにそっくりで、プロか、よほどの魚通でなければ見分けがつかないであろう。
 昔はスーパーでもマルアジを単にアジと表記して売っていた。
 「本日、鯵が特売。 1尾100円!」なんて言うときは、マルアジが並んでいることが大抵であった。

 確かにマルアジも鯵には違いないので一概に虚偽とは言い難い。
 しかし、売り側の魂胆としては、「どうせ、客にはマルアジもマアジも解かりはしないだろう」という腹であろう。
 確かに似たような鯵だが、値段が倍近く違うのだから、それぞれ区別して売る必要があるはずである。
 現在は食品の表示義務が厳しくなったので、そういう店はは少なくなったと思うが、これだけ偽装が蔓延している現状である、中にはそうしたことを未だにやっている店もあるであろう。
 

 しかし、魚と言うのは生き物である限り、季節や産地、状態(鮮度、養殖、天然)等で味は大きく変わる。 もちろん調理方も肝心であろう。
 「目黒の秋刀魚」という落語もあるが、名前だけで判断したり、安かろう不味かろうという認識はやめた方が良い。

 安くても美味しいものは、幾らでも在るのだ。 

foodpic4221333.jpg

 メアジの握り。

 とても旨いのだが、鮮度が落ちてしまえばやはり雑魚であろう。 淡白な身なので塩焼きは旨くないと思う、鮮度の良いもの選んで、タタキか寿司にするのが良いであろう。 フライ、唐揚げも良いと思う。






関連記事
 すし酢を仕込む
 握り寿司に挑戦
 基本、鯵の三枚卸を動画で公開
関連記事
 食   TB:0CM:2
<<  新米の季節  【猫まんまスペシャル】ホーム全記事一覧 主菜にもなる汁物  【豚汁】 >>

コメント

見るからに美味そうです。
生姜醤油で頂きたいですね。

オヤジさん、、最初の写真で半身が4枚
半身を二等分して握りにしたんですよね
でも、寿司は七貫しかありませんが・・・?


ご無礼いたしました、、、、、(´Д`)
   
   
   


(´Д`) #-|2013/11/28(木) 01:07 [ 編集 ]
(´Д`) さんへ。
> 半身を二等分して握りにしたんですよね
> でも、寿司は七貫しかありませんが・・・?

 ええ、突っ込まれるのではないかとおもいました。
 仰る通り、半身を二等分したのですが、一切れは握る前に味見でそのまま食べました。
 
 寿司ネタ用に身を切りそろえると、多少、端が出るので、その部分は葱を混ぜてタタキ風にして食べました。 旨かった♪

     
オヤジ #-|2013/11/28(木) 09:03 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/310-bf7af335

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。