オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

100均の鍋は使い物になるのか? 【さんまの胡麻揚げ with ポン酢ソース】

2013/10/04(金) 00:00:20

004_20130920090448286.jpg

 100円ショップでこんな鍋を見つけた。
 
 中華鍋?!

 いや、さすがにこんな小さな鍋では中華料理は出来ないであろう。 写真では大きさが解かりにくいかもしれないが、直径が16㎝しかない。 ままごとに使うような鍋だ。 材質は鉄である。 100円と言えど、以外にしっかりしている。 
 一体こんな小さな鍋に使い道があるのかと思ったのだが、これは、一人前(少量)の揚げ物をするのに、ちょうど良いではないかと思い購入した。

 揚げ物は得意なのだが、今までこのブログで紹介したことは無い。 自宅のキッチンで揚げ物をやったことが無いのだ。
 さすがに自分一人の為に油を沸かして揚げ物をするのは面倒である。 キッチンが汚れるし、油の処理やらで後片付けの方が大変である。

 しかし、このブログで料理の記事を書いていくうえで、揚げ物をやらないとなるとさすがにネタに詰まってくる。 元々は手抜き料理のコンセプトで書き始めたのだが、手抜き料理も中々ネタが続かないものである。
 そこで100均で購入した鍋で揚げ物に挑戦してみようという訳である。

 これだけ小さな鍋だと油が余計に入らないので良い。 後の油の処理に悩まなくても良い。
 1、2回使っただけの油なら、炒め油としても使えるし、最後は固めて処分すればいい。

 しかし、料理経験の薄い人や、揚げ物に不慣れな人はこのような小さな鍋を使うのは止めた方が良い。
 たっぷりの油で揚げた方が油の温度を保ちやすく、上手く揚がるからだ。
 油の量が少ないとが温度が変化しやすい。 弱火にしていても温度はどんどん上昇していく。 食用油も300度以上になると発火するので危険である。
 さらに、材料に対して揚げ油が少ないと、材料を入れた瞬間に油の温度が一気に下がり、カラッと揚がらない結果に成ってしまう。
 このような小さな鍋で揚げ物をするには、小まめな火力調整が必要で、温度計なしでも油の温度を見極め位の技量が必要である。 安物の温度計を突っ込んでみても、油の急激な温度変化に温度計がついてはいけない。 すでに油の温度が180度を越しているのに、温度計の針が上昇しきれず、170度辺りを指している場合があるからだ。 
 
 さて、油についての能書きはこれくらいにして、早速、100円鍋で揚げ物をやってみよう。
 旬のサンマを買ってきたので、これを胡麻揚げにしてみようと思う。

 007_20130920090450c3d.jpg

 サンマは既に頭と内臓を取ってもらってきた。
 今日、生ごみを出したばかりである。 サンマのはらわたなど、一日置いただけでかなり臭気を放つ。 要らないものは店頭で処分してもらった方が良い。

  008_20130920090452a6c.jpg

 サンマを3枚に下ろし、腹骨をすく。
 これも、店頭で告げればやってくれるはずである。
 しかし、無駄に中骨に身を残したまま下ろされる(大名おろし)と嫌なので、自分でやった。

009_20130920090454900.jpg 011_20130920090455665.jpg

 鍋が小さいので、サンマの片身を三等分にし、醤油と酒(1:1)を絡める。 さっと絡めるだけで漬けこまない。

 下味を絡めたサンマは、余分な液を拭い、小麦粉を薄く塗して、よく溶いた卵白にくぐらせ、胡麻を塗す。

013_201309201047319ed.jpg

胡麻を塗したサンマを175度程度の油で揚げる。 
 さすがに、この鍋で一度にあげれるのは、サンマ1尾分の切り身が限界である。

 014_20130920104053a14.jpg

 サンマを揚げている間にソースの用意である。
 ソースは市販のポン酢に、擦り胡麻をたっぷり、タバスコを少々、胡麻油を少々を合わせてみた。

015_201309201040552ab.jpg

 揚がったサンマを皿に盛り、ソースをかけて、白髪葱と貝割れをトッピングして出来上がり。
 
 青魚を胡麻の衣で揚げるのは、昔からある手法である。
 ポン酢を使ったソースをかけたのは、オヤジ流である。

017_2013092010473352b.jpg

 サンマの胡麻揚げ ポン酢ソース
 生さんま、胡麻、白葱、貝割れ、小麦粉、卵白、醤油、酒、、揚げ油(サラダ油)
 ソース
 ポン酢、擦り胡麻、胡麻油、タバスコ

関連記事
 食   TB:0CM:2
<<  粗食こそ美食。   【蓮根と柿のキンピラ】ホーム全記事一覧 これぞ名古屋飯?!   「大あさりのみぞれ焼き」 >>

コメント

こんばんは~

100均の小さな中華鍋、
お皿がわりに使うっていう方法もあるようですよ。

flowerh #-|2013/10/06(日) 00:11 [ 編集 ]
flowerh さんへ

 そうですね。
 お皿代わりに使うという方法もありますね。
 麻婆豆腐なんかを入れたら良いかも。
オヤジ #-|2013/10/06(日) 07:19 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/296-54cc8fb2

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。