オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

一人者の手抜き料理   【豚肉茄子丼】

2013/08/16(金) 01:25:54

 以前、訪問者様から、『料理も作って食べて、片付けまですると、結構な時間が取られてしまう、掃除もきりが無く時間が取られてしまう…』と言った、コメントが寄せられた。
 一人者の私が、どのように家事をこなしているのかが知りたいらしい。

 実は私もそんなにマメに家事をこなす方ではない。
 週に60時間以上働いている私には自分の時間もあまり無い。
 それでも、私が自炊に拘るのは、第一に外食をする金が無い。 そして、スーパーの総菜やコンビニの弁当に自分の口に合うものが殆ど無い、レトルトやインスタントも苦手、という理由からである。

 このブログで紹介している料理は、殆どがブログのネタの為に作っている料理で、普段の食事は極めてシンプルである。 殆ど毎日同じものを食べてるのではないかと思う位だ。
 今の季節は麺類が多い。
 しかも、私は既製品の麺つゆと言うものを使わない。 では本格的に出汁から取るのか、と言えば、そんな面倒なことはしない。
 丼に水道水をジャーっと入れ、そこに顆粒のかつお出汁と薄口醤油を入れてスープの出来上がり。
 そこに茹でて水で洗った麺(素麺、冷麦)を投入。 麺の上に、ハムやら、はんぺんやら、野菜やら、キムチやら適当なものトッピングして出来上がり。
 天ぷら等をトッピングしたときは良いのだが。 トッピングするものが無くて、さっぱりし過ぎと感じるときは胡麻油かオリーブ油を少々垂らす。 これでスープにコクが出る。
 トッピングするものは、その時々でまちまちだが、大体こんな感じの食事である。
 
 炒め物はキッチンが汚れるので極力作らないようにしている。 最近はブログの記事の為に、たまに作ることもあるのだが、以前は全く作らなかった。
 揚げ物は、我が家のキッチンでは一度も作ったことは無い。
 唐揚げやトンカツが食べたいときは、スーパーの惣菜のものを買ってくる。 


 炒め物や揚げ物を作らないとなると、普段どんな料理を作っているか、ということだが、基本、茹でるか煮るかである。 冬場なら鍋である。 鍋と言ってもごった煮のようなものだが。

 そこで、先日の私の晩飯だが、写真に撮ったのでチョイと紹介しよう。

 材料は豚小間、茄子、葱。

CIMG1847.jpg
 
 豚肉は小鉢に入れ、醤油と酒を絡めておく、茄子と葱は適当に細長くカット。
 これらを茹でるのだが、沸騰した湯に、胡麻油を少々垂らしておくことがポイントである。
 そこに豚肉と茄子を入れ、葱は茹り過ぎなように時間差で後から入れる。

 茹で上がったものをザルにあげ、よく湯を切って、そのまま丼に盛った飯の上にのせる。
 
 我が家では、醤油と味醂を1:1で合わせ、一旦沸騰させたものを瓶に入れてストックしているのだが、その、合わせ醤油と胡麻油を上から適当にぶっかけ、味の素をパパッと、そして紅生姜をトッピング。

CIMG1862.jpg

 これが完成。 これは一体何か?
 名付けて、豚肉茄子丼! 

 何故に豚肉茄子丼かといえば、これを作ろうと思って、材料を集めた訳では無く、たまたま冷蔵庫に在った材料を茹でて、飯の上に乗せてみただけのことである。
 飯の上に乗せたのは、ワンプレートにしてしまえば、洗い物も少なくて済むからである。
 しかも、本来、炒めて作る料理を茹でて作ってしまうという、無理やりさである。

 元料理人としては、こんなものは決してお金の取れる料理ではない。
 しかし、こんなでたらめな料理でも、食べてみると、レトルトやインスタントより、よほど旨いのだから不思議である。

 料理経験の薄い人と言うのは、レシピを参考に料理を作ろうとするから、かえって面倒なことに成ってしまうのであろう。
 自分自身が食べる料理なら、そんなに難しく考えることは無い。
 素材が良いものであれば(肉でも魚介でも野菜でも)、さっと茹でて、醤油かポン酢、または既製のドレッシングなどを掛けるだけでも充分旨い。
 コンビニの弁当やスーパーの惣菜が美味しくないのは素材が悪いからである。 ほとんどが輸入、冷凍食材である。 どんなに味付けや調理法を拘ってみたところで美味しくはならないのである。
 



 ちなみに、醤油と味醂を1:1で合わせた割醤油はストックしておくと色々と使い道がある。
 たとえば卵かけ御飯である。 普通の醤油の代わりに、これを使えば味のグレードアップである。
 味醂のアルコールを飛ばすために、合わせたものを一旦沸騰させ、冷ましてからストックする必要がある。 常温で保存可能だ。
 他には、茹でた野菜に掛けたり、おろしニンニクを入れ、焼肉のタレやステーキソースとしても使える。 焼きそばの隠し味にも少々。


CIMG1864.jpg
 豚肉茄子丼
(豚小間肉、茄子、葱、白飯、紅生姜、醤油、味醂、胡麻油、酒、味の素)




関連記事
 食   TB:0CM:0
<<  冷麦、素麺について考える。ホーム全記事一覧 8月15日を考える。   【日本のいちばん長い日】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/287-20374a39

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。