オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

昭和のアイドル。 キャンディーズとピンクレディー。

2013/06/14(金) 00:00:15

先週だったか、夜中にラジオを聴いていたら、キャンディーズとピンクレディーの特集をやっていた。
 私は特にファンだったと言うわけでは無いが、まさにど真ん中世代なので、当時は彼女達をよくテレビで拝見させて貰ってはいた。

キャンディーズとピンクレディーは、正に当時人気を二分するスーパーアイドルで、メディアやマスコミの間でも何かと比較されることが多かった。
 しかし、歌の上手さで言えばピンクレディーの方が上だったと思う。 まあ、あくまで私見ではあるが…。
 いや、この記事を書くために彼女らの動画を改めて確認したが、歌はやはりピンクレディーの方が上手いであろう。
 セクシーな衣装とダンスで、ビジュアル面ばかりが注目されたピンクレディーだが、実は歌の実力もかなりのものだったとおもう。 高音パートをミー、低音パートをケイというスタイルだったっが、特にミーの歌唱力は抜群である。
  


 「スター誕生」出場時に唄ったた歌がこの曲。
二人のハモリも綺麗で完璧である。
近頃の、やたらに大人数でありながら、殆どユニゾンで歌っているアイドルとは次元が違う。


 さてキャンディーズだが、どちらかと言えばキャンディーズの方が大人層のファンが多かったのではないだろうか。 今のアイドルと違い、大人が聴いても充分耐えられるだけの音楽だったと思う。 自民党の石破茂氏もキャンディーズのファンであることを公言している。
 現代の大量勝負のアイドルと違い、たとえアイドルと言えど、真面目に音楽を演っていたと思うのである。
 
 デビュー当時はパッとしなかったといわれるキャンディーズだが、モータウン風のデビュー曲「あなたに夢中」はなかなかに良い感じだと思うのである。



 バックの中央でトランペットを吹いているのは新田一郎であろう。 現代のアイドルは、バックはカラオケというのが当たり前だが、当時のアイドルはテレビ出演でも生バンドで唄っていたのが良い。

 そして、このキャンディーズのバックバンドを有名にしたのは、後楽園球場での解散コンサートであろう。 この時の様子はTV中継もされ、レコード化もされたのだが、このライヴにはキャンディーズファンのみならず、ロック、ポップス、ソウルファンまでが度肝を抜かされた。 バック演奏の素晴らしさにである。
 特にソウルファンが喜んだのはオープニングからのファンク5連発である。

 曲目を紹介すると、
 1.OPEN SESAME(Kool & The Gang)
 2.JUPITER (Earth, Wind & FThe)
 3.DO IT (USE YOUR MIND)(Three Degreesire)
 4.PLAY THAT FUNKY MUSIC (Wild Cherry)
 5.FANTASY (Earth, Wind & Fire)
 とまあ、当時のソウル、ディスコファンが聴いたら、涙を流して喜びそうな選曲である。

 しかし、一体、アイドルである彼女たちにに、何ゆえこのような難しい歌を唄わせたのだろうかとも思うのだが、3曲目のDO IT 等はなかなかの完成度である。 日本人には歌いにくいリズムの曲だが、良い感じで歌いこなしていると思う。 勿論、本物と比べることはできないが、超多忙な彼女たちが、良くここまでできたと思う。
 ちょっと調べてみたところ、4時間のステージで50曲を歌ったらしい。 歌って踊ってだから、まるでフルマラソンを走るようなものであろう。
 いやはや、凄いコンサートである。

     

  当時、Jポップと言う言葉はまだ無かったが、現代のJポップと比べても決して引けを取らない傑作ライブである。

 そしてその後、この時のバックバンドは、スペクトラムとしてデビューするのである。







関連記事
その他 TB:0CM:0
<<  牛肉について考える。  【ステーキ丼】ホーム全記事一覧何故、それほど存在感の薄いのか。  【卯の花の五目煮】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/275-39429fac

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。