オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ムール貝について考える。  【ムール貝の冷菜 withトマトソース】

2013/04/30(火) 00:00:16

CIMG1529.jpg

ムール貝。
 100g120円、これで330円程度である。
 愛知県産だが、元々日本の在来種では無い。 船のバラスト水などに交じって世界中に広がったと言われている外来種である。  

 今では、イタリアンやフレンチなどの本格洋食も一般的に成り、ムール貝と言えば、それなりに知名度を得ているが、30年程前までは、日本では殆ど知名度も需要も無く、市場ではほぼ捨値状態で売られていることが多かった。 当時はムール貝とは言わず、ムラサキイガイとして売られていた。
 当時の私は、ムール貝の名前だけは知っていたが、ムラサキイガイなどと言う名前は知らなかった。 しかも、現在売られてている物のに比べ、表面にフジツボやら、なんやらが一杯付着しており、何やら汚らしい、怪しい貝と思いながら、売り場を通り過ぎていた。 
 その後、数年たってから、あの安い、汚らしい貝が、洋食で使われるムール貝だと知った。

 最近、売られているものは、以前売られていたものに比べると、洗ってあるのか、選別してあるのか、随分、表面はきれいである。 それにムール貝の表記で売られていることが多い。 
 そして何より、値段が、g/120円とアサリと同等以上の値段が付いてる。 
 つまり、当時、日本では馴染みのなかった外来種のムラサキイガイ(日本での正式名らしい)が、ムール貝として、食材の地位を獲得したのであろう。

 そんなわけで、今まで素通りする機会が多かったムール貝だったが、珍しいと思い買ってみたのだ。

 さて、どのように料理するべきか?
 ムール貝は、足糸と呼ばれる黒っぽい髭状のものが殻の隙間から出ている(これも汚らしく見える原因である)ので、まずそれを取り除く必要があるのだが、これがなかなか簡単に取れなく、結構面倒である。
 そこで私は、洗ったムール貝を足糸はそのままで、少量の酒と水を振って、蓋をした鍋で蒸しあげた。 白ワインで蒸せば完璧だろうが、そんな贅沢なことはしない。 安物の調理酒で充分である。
 貝の口が開いたところで火を止め、少し冷ましてから足糸を抜き取った。 加熱して、貝の口が開いてから足糸を抜き取れば簡単に抜き取ることが出来る。 足糸を取らずに口に入れると、噛み切れず、口の中に残るので、面倒だが取るべきである。

 口が開いた貝に、トマトソースを添えて、洋風の前菜を作ってみた。 これなら貝が冷めていても良い。 いや。これは冷たい料理である。

 トマトソースは缶詰のカットトマトを使って作った。 勿論ホールトマトでも良い。
 カットトマトにガーリックオイル、塩、黒胡椒、タバスコ少々を混ぜ、貝を蒸しあげた時に、鍋に残っていた煮汁も混ぜた。 加熱はしない、混ぜるだけ、簡単である。 

 CIMG1531.jpg
 CIMG1533.jpg

 酒蒸しにしたムール貝を皿に並べ、トマトソースを掛け、ドライパセリ(生は高くて買えない)をトッピングして出来上がり。

 さて、ムール貝の味だが、見た目ほど悪くは無い、さりとてドラスティックに旨い訳でもない。 可もなく不可も無く、と言ったところだ。
 しかし、g/120円と言うと、アサリならかなり大粒の上等なものが買えるはずである。 上等なアサリを買った方が得の様な気もする。

CIMG1538.jpg
 ムール貝の冷菜 withトマトソース
 (ムール貝、カットトマト(缶詰)、酒、オリーブオイル、ニンニク、塩、黒胡椒、ドライパセリ、スイスチャード、ミニトマト)




 本日の一曲

 日本ではファンクバンドと言うより、(ライオネル・リッチ―の)バラードの得意なバンドというイメージがあるが、こんなカッコいいファンクも数多く発表している。








 5月3日追記
 いやはや、なんというタイミングの悪さか。 私がこの記事をアップして二日目に、大阪湾で自分で取ったムール貝を食べた夫婦が食中毒になった、というニュース報道があった。
 元々、ムール貝は毒素を溜め込みやすい貝である。 しかし、このことは水産関係者には、当然よく知られていることで、一般に商品として流通しているものに限っては品質の検査がされており、危険性は極めて低いと私は考えている。 

 今や、ムール貝は日本中どこにでも生息している。生息している海域の水質が問題なのだが、ムール貝に関してはむやみに自分で取った貝を食べない方が身のためだと思う。
 まさに今、潮干狩りシーズンだが、ムール貝に限らず、貝類はいくら加熱したと言っても、一度に大量に食べるのは避けた方が良い。  昔の人なら誰でも知っている当たり前の話である。













関連記事
 食   TB:0CM:0
<<  合鴨と茄子のソテーホーム全記事一覧Soul Funk 名曲、名盤探索(31)  【Labelle - Lady Marmalade 】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/257-066b90ec

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。