オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

そら豆について考える。  【焼きそら豆にカレー塩を添えて】

2013/04/19(金) 00:00:56

CIMG1522.jpg
 
 そら豆を買ってきた。
 これで198円。
 そら豆は鞘を剥いてしまうと、中身は意外に少なく、198円と言えど、オヤジの食卓には結構贅沢な食材である。
 
 独特の香りが在り、子供の頃は、はっきり言って好きではなかった。
 しかし、大人になって… と言うより、オヤジになってから好んで食べるようになった。
 歳をとると食の嗜好も変わってくるものなのだろうか。
 嫌いだった匂いも、豆の風味として楽しめるようになった。 何より、こういった食材は季節を感じられるのが良い。

 食べ方は、塩ゆでにして食べるのが一般的であろう。 天ぷらも良い。

 シンプルに食べるのが良いが、私の好みは鞘ごと焼いたものである。
 網の上か、グリルに突っ込んで焼くだけである。 塩茹でと違って、お湯に風味が流れることが無く、蒸し焼き状態になるので、これが旨い。

 塩をちょいと付けて食べれば、それで十分旨いのだが、ちょっとだけひねって、カレー塩を添えてみた。 いや、別に難しいものでは無い。 SBのカレー粉と塩を半々位に混ぜただけのものである。

 焼きあがったそら豆に、カレー塩を、ちょいと付けて食べる。 ビールのつまみに最高である。


 ところで、以前、店を営んでいた時、そら豆の薄皮を剥かずに食べている客がいた。
 「ちょっと、お客さん、その皮は剥いて食べてちょおすぅ」と言うと、「ええ! この皮は剥いて食べるものなのきゃあ?」と、ぬかしやがるのである。
 どうやら、その客は、そら豆の薄皮はそのまま食べるものと思っていたらしい。


 これには私も驚いた。 いったい世の中、にそんな人が他にもいるのだろうか?

 そこで、ネットで検索してみると、そら豆の皮は剥かずに食べるという人も結構いるようだ。
 しかも、そら豆の皮には食物繊維が多く含まれているからと、そのまま食べることを推奨している記事もあるのだ。

 ちょっと待ちたまえ。
 食物繊維云々はさておき、剥いた方が旨いか、そのまま食べた方が旨いかを単純に考えれば、剥いた方が圧倒的に旨いに決まっているではないか。 
 皮の食感が良い、などという意見もあったが、食べ方を知らなかった人間が意固地になって言い張っているとしか思えない。
 食物繊維の為に、そら豆を皮ごと食べるなどあまりに愚直である。
 そんな旨くもない、そら豆の皮など食べなくとも、食物繊維など他の野菜で取れば良いではないか。 食物繊維とはそれほどにまで有難いものか?
 そんなに有難いものなら、薄皮と言わず、鞘も食べたら良いではないか。 食物繊維がかなり含まれているように思えるのだが。
 
 話は変わるが、以前飲食の仕事をしていたとき、頂き物のそら豆が沢山あったので、近所のネパール人の奥さんにおすそ分けをしたのだ。 すると、彼女はカレーを作って持ってきたのだが、なんとそのカレーにはそら豆の鞘まで入っているのだ!
 私が、「この鞘は入れたら、いかんがね。」と言うと、彼女は「ネパールでは鞘も入れるんだぎゃあ」と、カタコトの日本語で言い張るのだ。
 確かに、煮込んであるので、食べて食べられないことは無いが、決して旨いものではない。 日本人なら絶対に食べないだろう。

 国が変われば食文化も変わるのであろう。
 しかし、日本は豊富な食材が手に入る国である。 さすがの貧しきオヤジの私でも、そら豆の薄皮までは食べない。 ましてや、外の鞘など、問題外である。

 今は、戦時中の様な食料難の時代でもない。 そら豆の一番旨い部分だけを食べ、あとは捨てても罰は当たらないだろう。

CIMG1519.jpg
 焼きそら豆、カレー塩を添えて
 そら豆、塩、カレー粉

CIMG1527.jpg
 
 旬の食材をシンプルに食べるのが良い。





関連記事
 食   TB:0CM:4
<< Soul Funk 名曲、名盤探索(31)  【Labelle - Lady Marmalade 】ホーム全記事一覧オムライスについて考える。   【昭和のオムライス】 >>

コメント

私も、一週間ほど前に同じ食べ方をしました。
グリルで焼いて、普通に藻塩でしたが、本当に美味しいですね^^

ただ、薄皮のまま食べてました(>_<)
美ちゃん39 #-|2013/04/22(月) 10:39 [ 編集 ]
美ちゃん39さんへ
 焼きそら豆は、普通に居酒屋料理ですよね。
 こいつはどう考えたって、酒の肴。 美ちゃんは、酒はイケる口でしょうか? 

 酒の肴は、出来きるだけシンプルなものが良いですよね。

 しかし、ここにも薄皮のまま食べていた人が居たなんて…
 
 やはり、そういう人もいるんですね。
 面倒だからかなのか、勿体ないからかなのか、食物繊維の摂取の為かは解かりませんが、それでは折角の美味しさが半減だと思います。
 勿論、食べ方は、それぞれ個人の自由ですけどね。 私の店のお客さんなら、注意勧告です。
 しかし、それでも「わしは、薄皮も食べたいんだぎゃー!」と言うお客様には、それ以上言えません。
 何しろお客様は神様ですから。

 そう、お客様は神様なんです。
 でも、当時(店を営業していた頃)は、それが解かっていなかったのですね。 
 今頃に成って反省しています。

 何しろ30代の若造でしたから、「俺の作った料理は、つべこべ言わずに、俺の言うとおり食え!!」みたいな感じでしたね。
 それでは、廃業に成るのも仕方がない話ですよね。


 さようなら…。





オヤジ #-|2013/04/22(月) 16:55 [ 編集 ]

そら豆の薄皮

そら豆の外皮を剥いたら、ニワトリのひよこのトサカの様なのを除いてその下が

1.そこが黒くなってなければ、食べてうまいです。

2.そこが黒くなっていれば、1つだけ黒い部分だけを除き、薄皮も食べてみて
  薄皮を剥くか、剥かないか判断して、食べてました。


乾燥したそら豆の薄皮のお尻部分に切れ目を入れて、油であげたのが大好きですが、今は歯が悪くなり、食べられなくなりました。


老犬 #-|2013/04/23(火) 15:31 [ 編集 ]
Re: タイトルなし
老犬さん、お久しぶりです。

 いやぁ、そら豆の薄皮を食べる人って結構いるんですね。

 絶対に、剥いた方が旨いと思うのですけどねぇ…

> 乾燥したそら豆の薄皮のお尻部分に切れ目を入れて、油であげたのが大好きですが、今は歯が悪くなり、食べられなくなりました。

 あの堅い豆菓子ですよね。
 あれは、あんまり好きじゃないなぁ…

 もともと、子供の頃から、豆類はあまり好きじゃなかった。 そら豆も、記事に書いた通り、匂いが苦手だった。
 小豆やあんこも、旨いとは思えない。 炒飯やピラフに入ってるグリンピースもに旨いとは思えないし、赤飯や豆ごはんは最悪でしたね。

 黒豆も、煮豆もダメ。 いや、好き嫌いは、許されない家庭に育ったから、食べれないことは無いですが、旨いと思って食べたことは無いですね。

 ただし、何故か、枝豆だけは子供の頃から好きでしたね。

 不思議ですね…


オヤジ #-|2013/04/23(火) 22:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/256-1891a9e2

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。