オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

オムライスについて考える。   【昭和のオムライス】

2013/04/12(金) 00:00:45

CIMG1494.jpg

オムライスである。 名古屋ではオムリャアスと発音するのが正しい。
 ケチャップで炒めたライスを卵で包んだものだが、 最近は、ケッチャプライスの上に、半熟に仕上げたプレーンオムレツを乗せたスタイルのものを提供する店も多くある。
 このスタイルのオムライスは、上に乗ったオムレツに縦に一線、スーッとナイフを入れると、オムレツが解けて、半熟の卵がライスの上に広がっていくという、何ともドラマティックなオムライスである。
 私が初めてこのオムライスを知ったのは、伊丹十三監督の「たんぽぽ」と言いう映画の中でである。
 映画ならではの演出もあって、ここで登場するオムライスは非常に美味しそうに感じるのだが、このケッチャプライスにプレーンオムレツをのせるスタイルのオムライスは、なんと伊丹監督自身が考えたアイデアだという。
 いやはや、本職のコックでも料理人でも無い、映画監督が考えたアイデアが、今や、新しいスタイルのオムライスとして、定番に成りつつあるのだから驚きである。

 さらに、上に掛けるソースも、デミグラや、トマトソース等、何やら本格的なものを提供する店が増えている。
 本格的と言っても、そもそもオムライスは日本で生まれた料理である。 私が子供の頃、食べていたオムライスはそんな洒落たものではなかった。 ケチャップライスを卵で包み、その上から、さらにケチャップをかけただけものであった。 
 ケチャップで炒めたライスの上に、さらにケチャップをかけるとは、少々創造力が足りなさそうににも思えるのだが、それでも当時、子供だった私にはかなりセンセーショナルな食べ物であった。

 今にして思えば、オムライスは、単純な料理で在るのだが、ライスを卵で巻くという、少々テクニカルな調理工程があるため、一般家庭で同じ様なものを再現するのは、なかなかに難しかった。
 当然、私の母親もそのようなテクニックは持合わせていなかった。

 つまりカレーライスやナポリタンは家庭で食べれても、オムライスに限っては外食でなければ食べれない、という贅沢な代物であったのだ。

 そのオムライスを食べる場所だが、勿論近所の洋食屋でも食べることは出来たのだが、やはり、最もオムライスを食べるのにふさわしい場所は、デパート最上階の大食堂である。 デパートの食堂で食べることで、オムライスは一段と贅沢なものに格上げされるのである。
 子供の頃から貧乏育ちの私には、デパートに連れて行ってもらい、オムライスを食べるというだけで一大イベントであったのだ。
 しかし、現在、かつての様な大食堂を備えたデパートは、もう残ってはいないのではないだろうか。 食に対する文化もかなり変わったのだ。

 そんな私にとって、オムライスと言えば、やはり、あのケチャップライスを薄い卵で包んだものであり、その上には赤々としたケチャップがたっぷり掛かっった物でなければいけない。 これこそが正しいオムライスの姿であるのだ。

 しかし、大人になるにしたがい、オムライスを食べる機会も滅多になくなり、今ではオムライスなど子供が食べるものと言うイメージすらあるのだが、たまに思いついて、自分で作ってみると、その昭和の味に、何やら幸せな気分を感じるのである。

Taimeikenomu.jpg
 たいめいけんのオムライス


CIMG1495.jpg
 オヤジが作った昭和のオムライス
(ライス、鶏腿肉、玉ねぎ、ピーマン、卵、ケチャップ、塩、胡椒、味の素、ガーリックオイル、バター)




関連記事
 食   TB:0CM:0
<< そら豆について考える。  【焼きそら豆にカレー塩を添えて】ホーム全記事一覧 ほうれん草について考える  【ほうれん草と貝柱のお浸し】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/253-8f7eb3d3

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。