オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

インスタントラーメン(袋めん)について考える。 【日清 ラ王】  

2013/02/14(木) 22:15:40

CIMG1421.jpg

インスタント食品はあまり食べない私だが、「まるで生めん」というコピーに釣られて買ってしまった。
 今までにも、麺へのこだわり、旨さをうまさをうたい文句にしたインスタント麺はあったと思うのだが、やはりそれは生めんとはかけ離れたものだった。

 この日清のラ王、「まるで生めん」のコピーに釣られて買ってはみたが、過剰な期待はしていなかった。
 しかし、これが食べてみるとどうだ。 その感想はまさに「まるで生めん!」である。
 これは旨い! インスタント麺もついに此処まで来たか! という感じである。

 去年は東洋水産のマルちゃん正麺が大ヒットし、ニュースでも取り上げられるほどだった。 しかし、実は私もマルちゃん正麺を食べたのだが、はっきり言って、このラ王の前に、マルちゃん正麺は完全に敗北だろう。

 勿論、人それぞれ好みがあるので、マルちゃん正麺の方が好きだという人もあるだろう。 しかし、麺だけを取り上げて、どちらが生めんに近いかと言えば、明らかに日清のラ王であろう。

 醤油味を買ったのだが、スープに関しては、私には少々しつこい感じだ。
 もう少しさっぱりした、すき通ったスープが私は好みなのだが。

 インスタントラーメンの問題点は、麺を茹でた茹で汁でスープを溶かすことであろう。
 これでは、麺の中に含まれるかんすいなどのアクや、匂いがスープに移ってしまい、スッキリしたスープにはならないだろう。
 インスタントと言えども、麺を茹でる湯とスープを溶かす湯を別々にしたらもっと旨いものが出来るのではないだろうか?
 しかし、現存のインスタントラーメンは麺の茹で汁でスープを溶かすことを前提にして作られている。 つまり、麺の茹で汁には、麺から出た塩分が含まれているため、それを差し引いてスープを調合しているであろう。 白湯で付属のスープを溶かした場合は、少々塩分が足りない感じになるのではないかと思う。

 しかし、インスタントラーメンの手軽さは鍋一個で作れることである。 麺を茹でる湯と、スープを溶かす湯を別々にしなければならないような商品を作っても、一般受けはしないであろう。
 私は美味しさの為ならそれぐらいの手間はかけてもよいと思うのだが、メーカーはそんな面倒なインスタントラーメンは作らないだろう。

CIMG1423.jpg CIMG1426.jpg

 葱しか入っていない実に貧乏くさいラーメンである。
 しかし、インスタントラーメンにはこれで十分である。
 私にとってインスタントラーメンはちょっと小腹が空いた時のおやつや、夜食のような便宜食である。 高価な具材はインスタントラーメンには不釣合である。 


 さて、本日、2月14日はバレンタインデーである。 しかし、私にとってはどうでもいい日である。
 甘い物を食べない私が、チョコレートなんぞを義理でもらってもうれしくもなんともないのだ。 代わりに、お返しをあれこれ考えなくてはならないのが却って面倒である。
 大体、男性にプレゼントするのにチョコレートは無いだろう。 あまりにも気が利か無すぎる。
 どうせくれるなら、柿ピーかスルメの方がよほどありがたい。 それとも葱か竹輪をもらった方が助かる。
 今月も金欠で食材を買い付ける金も無く、仕方なくインスタントラーメンの記事を書いている私である。


 バレンタインデーに、インスタントラーメンを啜りながら、こんな曲はいかがだろうか。



  Whitney Houston - Greatest Love Of All 

 この曲を選んだのは、先日、2月11日がホイットニーの命日だったからである。
 彼女の突然の訃報をニュースで知った時は、さすがに私も驚いたのだが、享年48歳というと、まあ随分若くして亡くなったものだ。 もう、あれから一年たったわけである。 
 しかし、海外アーティスト、特にアメリカのアーティストだが、偉大なアーティストに限って、何故か若くして数奇な死を迎える人が多い気がする。
 やはり薬物依存が関係しているのだろうか?

 
 ホイットニーの名バラードと言えば、映画「ボディガード」で歌われた【I Will Always Love You】が有名だが、私のお気に入りはこの【The Greatest Love Of All】である。

 この曲、元はジャズギタリストのジョージ・ベンソンが歌ったのがオリジナルである。
 ジョージ・ベンソンのバージョン(邦題:愛は偉大なもの)は少々地味な感じだが、彼女はこの名バラードを伸びやかな歌声で、非常に華やかに歌いあげていると思う。
 特に、このライブでのパフォーマンスは、デビュー盤に収められたスタジオ録音より数段素晴らしい。
 彼女がすでに、この世に存在しないとは、非常に残念である。









関連記事
 食   TB:0CM:1
<<  イカについて考える。 【ケンサキイカの姿焼】ホーム全記事一覧 春雨と胡瓜に付いて考える。  【タコと春雨のサラダ】 >>

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
履歴書の例文 #-|2013/05/12(日) 12:40 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/244-59882dc0

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。