オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

  雑煮について考える  【日本一質素な雑煮】

2013/01/02(水) 09:10:09

 さて、貧しきオヤジも無事に新年を迎えることができたわけだが、正月だからと言って、オヤジの食卓に豪勢なおせち料理が並ぶわけではない。
 しかしそれでも、雑煮くらいは食べたいとおもい、作ってみた。

 CIMG1326.jpg

 『なんだこの雑煮は?! 菜っ葉と蒲鉾しか入ってないじゃないか。 本当に貧しいんだな。』
 この写真を観て、そう思った人もいるのではないだろうか?

 いやいやそうではない。 確かに貧しいのは事実だが、具材に菜っ葉と蒲鉾しか入っていないのは、別にケチっている訳では無く、これが愛知式の雑煮のスタイルなのだ。

 愛知と一括りにしてみても、家庭によってそれぞれであるし、贅沢嗜好と情報に溢れた現在は、鶏肉やら椎茸なんぞを雑煮に入れて、食べている家庭も多いだろう。
 だが、私が子供の頃家庭で食べていた雑煮は蒲鉾すら入っていなかった。 それが愛知では普通だった。

 私は子供の頃、テレビや雑誌で、具沢山の豪華な雑煮の存在があること知って、我が家の雑煮に菜っ葉しか入っていないのは、家が本当に貧乏だからと思っていたが、後にそれが愛知式の雑煮のスタイルであることを知って安心したのだった。

 雑煮に入っている菜っ葉だが、実はこれは餅菜といって、愛知の伝統野菜である。
 餅菜と言っても他地域の人には解からないと思うが、餅菜は小松菜の近似種で、素人には一見、小松菜と見分けがつけにくい。 しかし、食べてみると小松菜より柔らかくアクも無く、おいしい野菜である。
 しかし、育て難いことと、日持ちがしないなどの理由で現在、餅菜を育てている農家はごく限られているのだそうだ。
 実際、愛知県内でもこの餅菜が店頭に並ぶのは年末年始のごく限られた期間だけである。
 普段、全く店頭に並ぶことのない餅菜が、年末から正月にかけての期間だけ、店頭に大量に山積みにされるのはどういう仕組みなのか私には解からないが、一部の店舗では小松菜を餅菜と称して売っている店もあるようだ。
 しかし、現在は食品の表示義務基準が厳しくなり、こうした店は少なくなったように思うのだが…。

 おそらく愛知の雑煮は日本一質素であろう。
 醤油味の出汁に角餅、餅菜、そして碗に盛ってから花かつおをトッピング。 これだけである。 いや、それ以外は入れてはいけない。
 何ゆえ愛知の雑煮がこのように質素なのか疑問でもあるのだが、考えてみれば餅の原料は米であり、つまり炭水化物である。
 すると雑煮はご飯の代わりであろう。 ご飯の代わりに食べる雑煮にあれこれと具材をぶち込むのはあまり上品ではない。
 まして、正月はおせちなどのご馳走がたくさん並ぶ。 酒も飲む。 締めに食べる雑煮はシンプルなものの方が良い。

 私はこのブログでも常々料理はシンプルな方が良いと書いてきた。 愛知の雑煮こそシンプル・イズ・ベストを表現した傑作である。 つまり質素であること、そこに美があると私はいいたのだ! 
 
 蒲鉾を入れた雑煮は本来の愛知式雑煮の道から外れるものかもしれない。
 しかし、正月でも何のご馳走も並ばない貧しきオヤジの食卓で、この雑煮に入れられた二枚の蒲鉾だけが私にとって、新年特別の贅沢なのだ。
 

 CIMG1328.jpg
 愛知式雑煮
 (角餅、餅菜、蒲鉾、出汁、花かつお)




 雑煮は質素だが、気分はハッピーに、こんな曲はどうだろう。



 Kool & The Gang /Celebration





セレブレイトセレブレイト
(2012/09/19)
クール&ザ・ギャング

商品詳細を見る









関連記事
 食   TB:0CM:4
<< Soul Funk 名曲、名盤探索 (26) 【The Isley Brothers - Young Girls】ホーム全記事一覧 豆腐でお惣菜を作ろう。     【炒り豆腐】 >>

コメント
No title
オヤジさん  明けましておめでとうございます。

お雑煮、、なんか とろみがついたお雑煮ですね。
わたしはオヤジさんから教わったヒジキの五目煮、これを作るとき具材が多すぎるので、具材の一部(ささがきごぼう、こんにゃく、ニンジン)にサトイモや大根を加えてけんちん汁にしています。今年はそれに餅をいれてお雑煮にしました。

あの~、一度聞いてみようと思っていたのですが、名古屋では花嫁さんが嫁いで行く時の嫁入り道具をトラックの荷台に載せて街中走り回ると聞いたことがあります。オヤジさん見たことありますか・・・?その話を聞いたのはもう30年以上も昔のことですが・・・



ご無礼しました、、、、、、、 (´Д`)
   
   
   
(´Д`) #-|2013/01/04(金) 00:52 [ 編集 ]
Re: No title
(´Д`) さん、おめでとうございます。

 雑煮は特にとろみをつけている訳では無いです。
 餅を焼かずにそのまま煮るので、どうしても餅の表面が解けて出汁がにごりやすくなり、とろみがついたように見えるだけです。 パックの切り餅を使うと特にそうなる訳です。
 しかし、愛知では餅は焼かずにそのまま煮るのが主流です。


 >名古屋では花嫁さんが嫁いで行く時の嫁入り道具をトラックの荷台に載せて街中走り回ると聞いたことがあります。
 街中を走り回る訳ではないと思いますが、子供の頃に確かにトラックの荷台に家財道具を積んで、紅白の垂れ幕をかけて走っているのを見たような気がします。
 確かに、私が子供の頃、走っていたトラックは殆どが平車でしたからね。  しかし、今のトラックは大抵が屋根付きというか、コンテナ型ですよね。 そこで、コンテナの側面をガラス張りにし、中身が見えるようにしたトラックが考え出されたと、ニュースかなんかで見たことがあります。 しかし、そんなのが走っているのは現実に見たことがありません。 

 確かに、名古屋の結婚式は派手ですけど、だんだんそういった風潮も薄れてきているようですね。
 花嫁側が、嫁入り道具として高級家具一式を持ち込むと言う風習もほとんどないでしょう。
 夫婦二人で、ニトリとかイケアに行って必要な家具を選ぶといった感じではないでしょうか。

 そういえば私が子供の頃、花嫁が嫁ぎ先の家の二階や屋根から、大量の菓子をぶちまけるということやってましたね。 いわゆる{菓子まき」というやつです。
 今はそんなことはやる人はいないと思いますがね。

オヤジ #-|2013/01/04(金) 05:58 [ 編集 ]
No title
あけましておめでとうございます。

私の育った岡山の雑煮も、非常に質素で、丸餅を焼かないですまし汁にホウレン草が入ってるだけでしたよ。

歳の数だけ雑煮の餅を食べると言って、一度に15個食べた記憶があります。
今は2個だけですね。
老犬 #-|2013/01/04(金) 10:38 [ 編集 ]
老犬さんへ

 あけましておめでとうございます。

 名古屋の雑煮が日本一質素だと思っていたら、まだ質素な雑煮があったんですね。
 名古屋の雑煮は花かつおのトッピングが付きますから。
オヤジ #-|2013/01/05(土) 08:14 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/232-1eec2922

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。