オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 牛ホルモン   【もつ鍋】

2013/01/22(火) 00:19:39

もつ鍋という料理がある。 もともとは福岡の郷土料理らしいが、現在は名古屋でももつ鍋を食べさせる店はかなり多くある。

 しかし実は、過去にももつ鍋が全国的にブームになったことがある。
 たしか、バブル時代の後半頃だったと思う。 いったい何がきっかけだったのか、関東でのブームが名古屋にも一足遅れで伝わり、もつ鍋専門店がまるで雨上がりの筍のように急激にあちこちに出現したのだ。
 しかし、そのブームはあまりに短かった。 私がもつ鍋を口にする前に、バブルの終焉とともに殆どすべてのもつ鍋屋が姿を消した。

 それがなぜか、この5、6年位前から、再びもつ鍋専門店が名古屋でにも出来だし、今ではもつ鍋は、普通に居酒屋の冬の定番メニューに成っている。
 かつてのバブル時代の一過性のブームと違い、現在は、すでに名古屋にももつ鍋が定着した感じだ。

 しかし、私の様な昭和世代の親父はモツ(牛ホルモン)と言えば、焼いて喰うものであり、鍋にするという発想は全く想像できなかった。
 しかし、これが食べてみると確かに旨い。 白モツは(牛ホルモン)意外とさっぱりしていてヘルシーだ。
 実は私は焼肉は、カルビやロースといった、筋肉部より、ホルモン、レバー、心臓といった内臓系の方が大好きなのだ。 
 しかし、換気の悪い我が家のアパートでホルモン焼きをやる訳にはいかないが、もつ鍋なら自宅でもできるではないか。

 そこで、もはや外食をする金も無い私は、自分でもつ鍋を作ろうと思ったのだが、何故か名古屋の一般スーパーには生の牛ホルモンが売っていないのである。
 ボイルした豚モツはあるのだが牛ホルモンがどこへ行っても置いていないのは不思議な話である。 それが何故なのかは私には解からない。
 勿論専門的なところに行けば手に入るが、面倒だしそんな時間は無い。

 

011_20121219181533.jpg
 仕方なく一般スーパー物色しているとこんな商品を見つけた。
 
 生の牛モツが手に入らないのだから、仕方なくこれを買った。
 これでもつ鍋を作ろう。
 牛モツは加熱処理され、下味がつけられている。
 しかし、出汁(スープ)は入っていないので自分で作らなければならない。

 モツ鍋というと、色のついていない塩味ベースのスープで食べさせる店が多いが、私は味噌味の出汁を作った。 と言っても、簡単に出汁入りの合わせ味噌に酒と味醂で味を調えただけである。
 買ってきモツに、にんにく等を使った下味がついているので、これを入れることで旨いスープが出来上がった。
 外食で食べるもつ鍋はキャベツが使われているが、白菜が冷蔵庫にあったのでそれを使った。
 こんにゃくと牛蒡も入れた。 味噌の出汁には牛蒡がよく合う。

014_20121219181537.jpg

 簡単だが結構旨い。 こういったレトルトの食品は食材の食感が殆ど無くなっている場合が多いが、モツが柔らかくなりすぎていなく、これは良い。
 寒い冬の夜にはもってこいの料理だ。

012_20121219181535.jpg
 牛もつ鍋
 牛モツ(日本ハム、もつ太郎)、白菜、豆腐、こんにゃく、もやし、にら、牛蒡、出汁入り合わせ味噌、酒、味醂
 



本日の一曲 


バート・バカラック作曲の名曲。
 超メジャー歌手の豪華競演だが、ディオンヌ・ワーウィック名義ののアルバムに収録されている。






関連記事
 食   TB:0CM:3
<< 溜り醤油がコツ  【鯛の兜煮】ホーム全記事一覧 Soul Funk 名曲、名盤探索(27) 【Ai No Corrida / Quincy Jones 】 >>

コメント

わたしは昔、母親にもつ鍋が食べたいと言ったところ、あれは何べんも煮こぼして作らなければならないので、一般家庭では作れない!と却下された記憶がございます。おやじさん、生の牛モツが手に入った場合の下処理はそんなにやっかいな調理になるのでしょうか?近所の業務用も扱っているスーパーで冷凍になったモツの袋詰めをみたような気がするのですが・・・

ご無礼しました、、、、、、、(´Д`)
(´Д`) #-|2013/01/22(火) 15:46 [ 編集 ]
、、、、、、、(´Д`)
 生の牛モツを使う場合ですが、通常そのままです。
 大抵は切って売られているので、切る必要もないです。 
 もつ鍋屋さんで食べる場合も、モツは生のまま盛り込まれてきます。

 ただし、豚モツは臭みがあるので、煮こぼした方が良いでしょうね。

オヤジ #-|2013/01/22(火) 22:35 [ 編集 ]

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
株の買い方 #-|2013/02/03(日) 12:45 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/230-5abbbdd5

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。