オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Soul Funk 名曲、名盤探索 (28) 【Cheryl Lynn - Got to Be Real】

2013/01/29(火) 00:00:21



 Cheryl Lynn(シェリル・リン)- Got to Be Real。
 
 ダンスクラシックの名曲、これぞスウェイビートの定番である。 
78年の曲だが、今でも色んな場面でよく耳にする。 名曲とは歳が経っても色あせないものだ。

 スウェイ・ビートの定番と言われるが、スウェイ・ビートとは何ぞや?

 ネットで検索しても明確な定義付けをした答えは出てこない。
 おそらく和製英語で、明確に音楽用語として定義づけられる単語では無いのであろう。

 つまりGot to Be Realに代表されるような、ミドルテンポで反復されるグル―ヴに対して、音楽評論家等がスウェイビートと言う表現を使ったのではないだろうか? 
 スウェイとは揺れる事であり、確かに縦ノリでは無く、横ノリのグルーヴだ。 

 当時、ディスコではよくかかっていたが、確かに踊りやすいというか、自然に身体を揺らしたくなるような心地良いリズムだ。

 スウェイ・ビートと呼ばれる曲は他にも色々あるが、私にとって最も印象強いのがGot to Be Realである。
 自分自身がディスコでよく踊ったという記憶があるからかもしれない。 と、こんな事を書くと歳がばれるが、ついでなので他にもスウェイビートと言われる曲を貼りつけてみた。

 Have Some Fun - B.T.Express


 私の大好きなB.T.Express だが、この曲に関しては少々印象が薄い。

 Best Of My Love - The Emotions

 
 アース・ウィンド&ファイアー プロデュース! この曲がスウェイ・ビートの元祖と言われている。


 そして何故か、決戦は金曜日/DREAMS COME TRUE


 うーん、確かにと言う感じ。 
 吉田美和は、歌も巧いし、日本人の中ではソウルフィーリングが在る歌手だと思うが、本物と比べると、やはり歌謡曲という感じがする。
 アレンジの問題かもしれないが、やはり日本人にはあまりリズムを強調した音より、在る程度メロディアスな音の方がうけるのであろう。



関連記事
 踊れるFunk 20選
 ヘビー級Funk 20選
 SOUL入門 定番の20選
 黒いJazzFunk 20選
 車内で聞きたいJazzFunk、SmoothJazz 20選
 甘く切ない、甘茶ソウル20選




 


関連記事
Soul・FunkTB:0CM:0
<< タラ白子について考える  【白子パスタ】ホーム全記事一覧溜り醤油がコツ  【鯛の兜煮】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/226-3831a4c4

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。