オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 柿について考える  【柿と海老の胡麻酢和え】 

2012/11/02(金) 00:00:30

220px-Kaki.jpg


 私は甘いものを滅多に食べない。

 甘い物と言ってもケーキや饅頭と言った類の物だけでは無い。 果物も滅多に口にする事が無い。
 蜜柑はもう25年以上食べていないだろう。
 子供の頃大好きだった西瓜も、10年以上は食べていないだろう。
 桃や葡萄となると、最後に食べたのがいつだったか、もはや記憶にも無い。 おそらく、30年位は食べていないはずだ。
 リンゴに関しては、外食などでサラダに添えられていたり、定食や弁当に添えられている事もあり、そんの物を口にすることもあるので、他の果物程は遠ざかってないかもしれない。 

 そう、特に果物が嫌いとか、食べられないという訳ではない。 元々間食の習慣のない私は、飯のおかずにも酒の肴にもならない果物やデザート類をわざわざ金を払って買う気が起こらないのだ。

 そんな私も、酒の肴にはならないが二日酔い、悪酔に効くと言うので、柿はよく自分で買って食べていた。 
 他の果物と違って、秋にしか食べられない柿は季節感があり、店頭に並び出すと、ちょっと買ってみようかという気も起る。
 ただし、熟し過ぎて柔らかいものはいけない、かじった時にカリッと音がするくらい硬いの物が良い。 もっともそこは好みの問題なのでこれいじょうあれこれ言うつもりはない。
 だが、そんな柿ももう数年は食べていないだろう。

 ブログのネタ探しも兼ねて、スーパーを探索していると柿が目についた。 まさに今が盛りであろう。

 久しぶりに柿でも買ってみるかと、出来るだけ硬そうな物を1個だけ選んでカゴに入れた。

 果物は、酒の肴にも飯のおかずにもならないと書いたが、実は柿は『柿なます』という伝統的な料理があるように、和食では酢の物と併せる事も多い。

 そこで私はこんな一品を作ってみた。

008_20121029071930.jpg 柿と海老の胡麻酢和え

 これなら酒の肴になるだろう。
 柿を肴に酒を飲むなら二日酔い対策もバッチリだ。 今夜はいつもより余計に飲めそうだ。 

004_20121029071930.jpg
 柿と海老の胡麻酢和え
 (柿、海老、アボカド、三つ葉、擦り胡麻、松の実、醬油、酢、砂糖、すだち)
  
 
関連記事
 食   TB:0CM:2
<< 貧しき朝食 【味噌汁とシリアル】ホーム全記事一覧 握り寿司について考える。 【ネタの大きさはシャリとのバランスが肝心】 >>

コメント
No title
わぁぁ~
上等の食卓。
実物は、彩りも艶もたぶん画面よりも数段上なんだろうなぁ

海老は、普通にボイルしただけですか?
三つ葉は?

ようたも、こんな素敵なお料理をサラって出しただけで・・・
お料理得意なんだって思われて、株ギューーーッと上がるなぁ



ようた #-|2012/11/12(月) 16:29 [ 編集 ]
ようたさんへ

 お褒め頂いてありがとうございます。

 これは特に難しい料理では在りません。
 海老は、安いパナメイ海老を普通にボイルしただけです。 
 料理屋がやるように、細部にまで手を掛けて下ごしらえをする必要はないと思います。 殻付きの海老を使うなら、殻のまま茹でてから皮を剥きましょう。 むき海老を使うなら、海老に醬油をちょいと絡めて於いてから沸騰したお湯で茹でましょう。 片栗粉で海老を磨いたりと、そこまでは必要無いと思います。

 三つ葉はさっと熱湯にくぐらすだけです。 新鮮で、若いものなら生でも大丈夫です。
 味付けは醬油、砂糖、酢、擦り胡麻。 とくに分量のレシピは在りませんが、柿の甘みが在るので、普通の酢の物より幾分甘みを抑えておいた方が良いでしょう。

 和食の場合、季節感というのは最も大事です。
 どんな食材にも旬はあります。 果物も勿論そうですが、本来、秋から冬にかけてが旬のリンゴも今や年中出回っていて、季節感があまりありません。
 それに比べ、柿は秋から冬にかけてしか出回らないので(一部、春の柿もあるらしい)、他の果物に比べると、季節感が在りますよね。
 ゲストをもてなす場合、こう言った物を献立に組み込むと(旨い、不味いは別にしても)もてなされた方は凄く感動する訳です。
 
 料理は、旨い事は肝心な事です。 しかし味以上に演出も肝心なんです。
 ゲストを御もてなしする場合、相手が日本人なら季節感は最も重用なんですね。


 
 
オヤジ #-|2012/11/12(月) 23:27 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/215-ffcc3c13

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。