オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

温泉卵について考える。  【鮪のユッケ風、温泉卵添え】

2012/11/25(日) 00:00:35

先日、コンビニに立ち寄ったところ、温泉卵が売られているのに気付いた。
 なるほど、近頃は温泉卵もコンビニで売られているのか…。

 確かに最近の飲食店は、ファミレス等のチェーン店でも温泉卵を使ったメニューを掲げている事が多い。
ちょっとした流行りだろうか?

 今は温泉卵を作る為の器械も売られているし、コンビニにも並んでいるくらいだから、飲食店に卸している業者もあるのだろう。
 しかし、この温泉卵、単純ではあるが、家庭で作るのは結構面倒だ。 温泉卵を作るには温度管理が肝心だからだ。

 温泉卵は、卵黄の凝固温度(約70℃)が卵白の凝固温度(約80℃)より低い性質を利用して作られ、65~68℃程度の湯に20分程度浸けておくと出来上がる。
 しかし、鍋の前に付きっきりで、湯の温度を見張っているのは面倒だ。 そこで、ネットを検索すれば鍋の火を止め余熱を利用して作る方法が多く紹介されている。
 確かに簡単な方法だが、お湯の量や温度、部屋の温度、卵の数と温度(常温か、冷蔵か)の関係で完成度にかなりのばらつきが出る。 黄身が硬すぎたり、白身が柔らかすぎたリといった具合だ。
 最も理想的な温泉卵は黄身も白身も同じ位の粘度の半熟に仕上がっている事だ。

 そこで私だが、多くのネットで紹介されているように余熱を使った方法で作る事は同じなのだが、より保温性のある土鍋を使って作るようにしている。

 001_20121020045050.jpg

 土鍋は一人用の鍋を使う。 土鍋に湯を沸かし、沸騰した全体量の2割程度の水を入れ、そこに卵を静かに入れる。 蓋をして約20分放置した後、冷水に取って出来上がり。
 卵は常温の状態から始めた。 と言っても冷蔵庫の卵を常温に戻したのでは無く、買ってきた卵を冷蔵庫に入れず、そのまま温泉卵にした。

005_20121020045050.jpg
 器に割ってみると、ほぼ100%に近い完成度だ。

 温泉卵はそのまま出汁を掛けて食べても良いし、麺類や炒め物、サラダにトッピングしたりと、色々と応用が出来る。

025_20121020045049.jpg

026_20121020045049.jpg
  マグロのユッケ風、温泉卵添え
 (生鮪(切り出し)、温泉卵、白髪葱、水耕葱、醬油、砂糖、胡麻油、山葵、松の実)





 
 
関連記事
 食   TB:0CM:5
<< 餃子を作ろう。  【包み方を動画で公開】ホーム全記事一覧 チャプチェについて考える。 【春雨とホタテ貝の煮物】 >>

コメント
No title
土鍋で温泉卵ですか・・・いいかもです
いつも雪平鍋に湯をわかしてから蓋をしないで
12分入れて作ってましたが土鍋の方がいいですね。

オヤジさんもたまには温泉でも行って骨休めしてください。
名古屋からなら安いバスツアーもあるのではないでしょうか?

上げ膳据え膳で宿の料理を楽しむのもいいのでは・・・?



ご無礼しました、、、、、(´Д`)
(´Д`) #-|2012/11/25(日) 01:11 [ 編集 ]
(´Д`) さんへ
 
 温泉ですか?
 良いですね。

 貧乏暇無しで、なかなかゆっくりする暇が無いですね。

 精々、日帰でスーパー銭湯に行くくらいです。 
 名古屋はスーパー銭湯発祥の地で、多くのスーパー銭湯が乱立してます。 中には本物の温泉で源泉かけ流しなんてところもあります。

 一人者の私に取って、上げ膳据え膳は、憧れの的ですね。

オヤジ #-|2012/11/25(日) 07:30 [ 編集 ]
No title
そろそろこちらは、寒ブリが出回り始めました。
マーケットの人だかりは、ブリサクの即売会でごった返すところをすり抜け
その、切身のアラを探して購入しています。

こういう即売会は、乱雑に魚をさばくので
アラはアラでも上等のアラで、昨晩はブリシャブを作りましたが
やはり、これでは芸がないって
主さんのブログを見て痛感。

次ぎのアラのときには、絶対作ります オン 温泉タマゴ。

そうそうこの間紹介してくださった、柿アボガト遣りました。
美味しかったです、紹介ありがとうございます。
ようた #-|2012/11/26(月) 11:42 [ 編集 ]
ようたさんへ

 そうですね、ブリの季節ですね。

 氷見のブリと言えば、全国ブランドですからね。
 ブリシャブ、最高じゃないですか!

 最近、私もプロ意識を取り戻して、見ためを意識して料理を盛り付けていますが、料理はシンプルである事が一番であるという考えは変わって居ません。

 しかし、単純に魚に塩を振って焼いただけの料理では、ブログの記事に成らないので困ります。

 ええそうです。
 鮮度の良い魚なら、シンプルに塩を振って焼くか、普通に煮魚にするのが一番旨いと思います。

 料理で一番肝心なのはは食材だと思います。

 しかし、舌で味わう料理を写真と文章で表現するのは難しいですね。

 つい、見ために走ってしまうのですが、本当は、そうじゃないと思ってるのですよ。


 
オヤジ #-|2012/11/26(月) 23:17 [ 編集 ]

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
株の投資 #-|2014/07/23(水) 10:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/212-170905b3

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。