オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 握り寿司について考える。 【ネタの大きさはシャリとのバランスが肝心】

2012/10/30(火) 00:00:35

私は鮨が大好きだ。
 かつては立ちの鮨屋にもよく通ったものだが、現在の生活レベルでは、もはや立ちの鮨屋に出入りする事など到底出来ない。 精々が回転鮨だ。

 回転寿司が名古屋に登場した頃は、ネタは全て冷凍、美味しく無い寿司と言うイメージしかなかった。
 しかし最近は回転寿司のネタが全て冷凍と決めつけることは出来ない。 それなりに鮮度の良いネタや高級ネタを置いている店もあるし、中には活け簾を置いて営業している店もある。

 以前に比べ、ネタの品質は随分向上していると思う。 しかし私がどうしても許せない事が一つある。
 いや、許せない事は幾つかあるのだが、それは店によってそれぞれだ。 多くの店に共通して許せない事が一つある。 ネタがデカすぎるのだ。
 マグロやカンパチ等のネタがこれ見よがしな程大きく切られ、まるで掛け布団のようにシャリの上にドロンと乗っている。 まずどう見ても美しく無い。
 握りは一口で食べるものである。 あんな大きく切られたネタを無理やり口の中にねじ込んでも、口の中であぐんでしまい、とても上品には食べられないし、美味しくは無い。 まず一口で食べられる大きさに握ってほしい。

 アナゴ一本を丸ごと握りにしている店もある。 いやアナゴ一本丸ごとなど握れる訳も無く、小さなシャリの上に炙ったアナゴが載せて在るだけである。 これはもはや握り鮨では無い。 
 こうなると、もはやシャリはオマケみたいなものである。 どうせならシャリは無しで焼きアナゴだけを単品売りした方が良さそうなものだが、申し訳なさそうにシャリがくっついてくる所が何とも不細工だ。

 ネタが大きければ良いという物では無い。 シャリとのバランスが在るだろう! と言いたいのだ。
 こう言ったネタの大きすぎる鮨に対して、女郎寿司と表現すこともある。 これは下品であることを揶揄する言葉である。 女郎寿司の語源については諸説あるので此処では省略することにした。

 そして何故か、回転寿司の様な大衆的な寿司屋に限って、これ見よがしにネタを大きく切った女郎寿司を出す店が多いのだ。
 確かに見ためのインパクトはあるかもしれないが、そこに美を感じることは出来ない。

 何度も言うが、握り鮨は一口で食べるのがスマートな食べ方である。 握りを噛みちぎって食べるような格好は決して美しく無いし、鮨を味わう事は出来ない。

鮨
 



関連記事
 食   TB:0CM:0
<<  柿について考える  【柿と海老の胡麻酢和え】 ホーム全記事一覧マジックソルトについて考える >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/204-46aa986b

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。