オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鰻について考える。

2012/07/13(金) 00:00:36

 うなぎが高騰している。
 うなぎの稚魚、シラスウナギの不漁が続いているからだ。

 うなぎの高騰は由々しき問題だが、我々一般消費者が大騒ぎして慌てふためく様な問題でも無い。
 私のような低所得者は、鰻なんてどうせ年に数回しか食べない。 高くて手がでないのなら食べなければ良い。

 気の毒なのは、鰻の養殖業者や鰻屋さんだ。 鰻屋さんは鰻だけを専門的に料理する店が多く、鰻を売らないという訳にはいかない。 鰻屋さん以上にダメージが大きいのが養殖業者ではないだろうか。 事実多くの業者が廃業に追い込まれている。

 鰻の値上がりは何も今年に成って突然高騰した訳ではない。 数年ほど前からじわじわと騰がってきていた。
 中国から輸入される鰻、ヨーロッパウナギの稚魚も乱獲が原因とされる絶滅危惧からその取引が規制され、鰻値上がりの原因を造っていた。 そこへ来て、ニホンウナギ(国産、台湾産がこの種である)の稚魚の3年連続の不漁が続き、恐るべき値段に跳ね上がってしまったという訳だ。 つまり、3、4年前の値段からすれば、現在の卸値は倍以上に成っている。
 元々、輸入品の依存度が高い鰻は国産が高いなら、輸入品をという訳にはいかないのである。


 今年も土用丑の日が近づいているが、スーパー等では鰻の代用品として、アナゴの蒲焼や、サンマの蒲焼、はては豚肉を蒲焼風に調理した物を売り出そうと考えているようだ。 
 いやはや苦肉の策というか、そこまでする意味が在るのかと思う。 だいたい土用丑の日は鰻を食べる日で蒲焼を食べる日では無い。 鰻自体も夏バテ防止に食べられたり、土用丑に食べられることから、夏が旬のイメージが在るが、本来鰻の旬は冬とされている。

 土用丑の日に鰻を食べる習慣に成ったのは諸説あるが、江戸時代、夏に成ると売り上げが下がるうなぎ屋が、困り果てて平賀源内に相談したところ、源内が鰻屋の店頭に『本日土用丑の日』と書いた張り紙をした。 すると、その日は鰻屋が大繁盛したという。 以来、土用丑の日に鰻を食べるのが定番化したのだとか…
  
 するとつまり、土用丑に鰻を食べる事は、元々何の意味も無かったという事ではないか?

 だからっと言って、土用丑の日にアナゴやサンマの蒲焼を売り出そうというのもどうかと思う。
 今、深刻な苦境に立たされているウナギの養殖業者も土用の丑の日だけは、何とか大量のウナギを出荷したいと考えているだろうし、この日に向けって集荷準備をしているだろう。
 そこで、スーパーにアナゴやサンマをウナギの代用品として売り出されたのでは、業者にとって大いな迷惑であろう。

 ウナギが高くて、丸ごと一本売るのが難しければ、細かく刻んで少量を混ぜ込んだ炊き込みご飯を売るとか、うざくやう巻きなどの、一匹のウナギで数人前取れる総菜を考え売り出したらどうであろうか?

 普段滅多に鰻など食べない人間が、土用丑の日に鰻が高くて食べれないと大騒ぎしたり、ウナギの代用品として、アナゴやサンマ、はては豚肉の蒲焼を売り出そうとするスーパー。 いやはや、この国の人達の食に対するセンスの無さにはつくづく悲しくなってくる程だ。

800px-Unagi_kabayaki_by_Kossy@FINEDAYS_in_Akabane.jpg
 土用丑にサンマの蒲焼なんて、あまりに悲しすぎるではないか、それならいっそ、鰻の蒲焼の写真でも眺めていた方がましというものだ。


 ところでついでだが、「鰻の蒲焼」と「鰻の長焼き」何がどう違うのかご存じだろうか?
 両者に明確な違いは無い、どちらも同じものと考えていいだろう。
 「鰻の蒲焼」は主にホームクッキング(家庭)で使う言葉であって、鰻屋さん料理屋では何故か「長焼き」という。 その理由は私もよく判らない。
 鰻屋さんに行く機会があれば、献立をよく確かめてみて頂きたい。 大抵の場合が蒲焼では無く、長焼きと表記して在るはずだ。



 
 
              
 
関連記事
 食   TB:0CM:0
<<  すし酢を仕込む  ホーム全記事一覧 Soul Funk 名曲、名盤探査(16) 【The Fatback band / Yum Yum】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/183-1e1a25d9

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。