オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 揚げ物について考える。 【エビチリ】 

2012/09/02(日) 00:00:58

 最近、本業の方が忙しく、自炊する気力も無い。
 近くの生協で総菜を買ってきた。
 
021_20120618091207.jpg018_20120618091201.jpg

 左が油淋鶏、右がエビチリである。 2パックで580円。

 
 この手の総菜は滅多に買った事は無いし、予想はしていたのだが、はっきり言って美味しく無い。

 こ、衣が厚すぎる! どちらの商品もだ。
 油淋鶏は普通さらりととした液体の酢醤油が掛かっているのだが、まるで酢豚のような餡に成っている。
 これは表面の衣が溶けだして餡のような状態に成ってしまったのではないだろうか? 味も甘すぎる。

 エビチリも衣ばかりで何を食べているのか判らない。 味付けがどうのという前に素材が良く無い。

 エビチリは、あくまでエビが主役なので余り小さなエビを使っていては意味がない。 小さなエビが何本も入っているより、本数が少なくなっても良いから、大きさの在るエビを選んだ方が良い。

 エビチリの衣の作り方は少々特殊だ。
 私は自宅では揚げ物はやらないことにしているので、写真で紹介することは出来ないが、ついでなので此処でエビチリの作り方を簡単に書いておこう。

 まず衣だが、卵白を混ぜメレンゲ状にする。 1、2人前を作るなら卵1個分で充分だ。
 透明な卵白が白くなるまで一心不乱によく泡立てる。 そこに片栗粉を入れ、さらにかき混ぜ、つのが立つくらいのクリーム状にする。
 最初は投入する片栗粉の量が判らないと思うが、硬さを見ながら少しづつ投入すれば良い。 つのが立つくらいのクリーム状が理想だ。
 これがエビチリの衣だが、エビの表面に薄く片栗粉をまぶしたものを卵白の衣に投入してから揚げる。 

 次にソースだが、刻んだニンニク、生姜と豆板醤を焦がさないように炒め、そこに鶏ガラスープを投入し、 酒、醤油、砂糖、ケチャップで味を付ける。
 ソースに揚げたエビをと刻んだネギを入れる。 香り付けの胡麻油を少々入れ、片栗でとろみを付け出来上がり。 とろみは余り硬く無い方が美味しい。

 いつか、自宅で揚げ物をやる覚悟が出来たら、改めてここで紹介しようと思う。

 実は私がもっとも得意とする料理は天ぷらなのだが、このブログで紹介する機会が在るかどうか、私自身解らない。 天ぷらは揚げるのは好きなのだが、自分で食べるのは好きではない。
 このブログの広告収入が多少でも上がれば、副業と割り切り天ぷらも紹介するかもしれない。

関連記事
 食   TB:0CM:0
<< 目の疲れに 【ベビーホタテのサラダ】ホーム全記事一覧 読書ランプについて考える。 【イケア 読書/フロアランプ】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/178-e8047fbf

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。