オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

切干大根と厚揚げの煮物

2012/08/29(水) 00:00:56

 以前、ひじきのような副菜になる、おかずを取り上げて欲しいとのリクエストに応えて、ひじきを作ったのだが、それなら切干大根も作ってみようとやってみた。

 実は、今まであまり作って来なかったが、この手のお惣菜は結構得意な分野なのだ。
 定番過ぎて、わざわざ取りあげるのも…と思っていたのだが、やはり定番はおさえておいた方が良いのかもしれない。

 切干大根は、シンプルに煮るのも良いが、具が少ないと本当に質素な感じに成ってしまう。 今日は厚揚げ、焼き竹輪、しめじ、人参と一緒に煮ようと思う。

 切干大根は30分ほど水に漬けて戻す。
 戻した切干は2,3回水を変えて洗ってから、ザルにあけ、よく絞る。 

 戻した切干と厚揚げ竹輪を鍋に入れ、出汁(顆粒)をひたひたまで入れる。 厚揚げは強いて油抜きはしていない。 多少油分が在った方が旨いので。
 出汁は決して入れすぎない事。 水分が多すぎると切干の歯触りが失われるので。

001_20120607063959.jpg

 醤油と味醂で味を付ける。 切干は、あまり甘くしない方が旨いと思うので、私は砂糖は使わない。 しかし、それぞれ好みで砂糖を使ってもよいと思う。

 味見をする時は、切干自体を口に入れるのでは無く、煮汁を少しすくって味見をする。 この状態から、さらに煮汁が無くなるまで煮詰めていくので、この時点ではやや薄いかなという位でよい。

 人参は短冊に切り、調味料を入れた後に入れた方が形が崩れ難い。

 しめじもあまり煮過ぎず、煮上がる少し前に投入した方が良い。
 味の最終確認をする。 薄いものは直せるが濃すぎるものは直せないので、そのまま進めるしかない。 最初から調味料を入れすぎないように注意すること。 2回に分けて味を付けるつもりでやればよい。

 煮汁がほぼ無くなったところで、火を止め出来上がり。

 切干大根はシャキシャキとした食感が肝心だ。 決して煮過ぎてはいけない。

 002_20120606072610.jpg

★楽天で切干大根を探しますか?★
 アマゾンにも切干大根が…!
カラーミーショップ】なら、出店料無料のショッピングモール【カラメル】に出店できる!


関連記事
 食   TB:0CM:0
<< インスタントラーメンについて考える。 【マルタイラーメン】ホーム全記事一覧 貧しき食卓    【鯖の干物】   >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/173-0f7c52e2

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。