オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 皮蛋(ピータン)について考える。 【ピータン豆腐】

2012/08/16(木) 00:00:12

023_20120522094509.jpg

 さて、これが何だか…?

 そう、皮蛋(ピータン)である。 中華料理の前菜で出てくるやつだ。
 もみ殻が付いたままの状態だが、これを洗い流すと中からピータンが出てくる。
 ピータンは本来アヒルの卵だが、これは鶏の卵ではないかと思うのである。
 材料表示を見ても字が小さ過ぎてよく解らない。 最近老眼鏡をかけても、小さい字が読みづらい。 困ったものだ。

 まあ、鶏卵でも良い。どちらでも大した問題では無い。

 ただし、ピータンは、所謂一般スーパーでは取り扱いが無く、私は、密かに業務用の市場に出向いて、こっそりと仕入れてきたのだ。

 なぜ、市場に行くのに、それほどまで、こそこそしなければならないかと言えば、単純に市場に行けば知った顔に出会うというだけでは無い。

 これまで、これほどあからさまに業界の批判や内状を書いてきた私は、業界から命すら狙われている身なのだ!!

 と、そんな任侠世界のような現実はこの世界にあり得ない。 一人暮らしが此処まで長くなると人に会うのも面倒になるのだ。
 
 ピータンは独特のアンモニア臭があり、苦手な人も多いようだが、こういった匂いのきつい料理は、食べつけると何故かくせになるから不思議である。
 どうやって食べるかと言うと、そのまま薄くスライスして、胡麻油垂らして、前菜として食べるのが一般的だが、ピータン粥と言うのも有名だ。
 しかし、ピータン粥と言うものは食べたこともなければ作ったことも無い。
 
 私の好みの食べ方は、ピータンを細かく刻み、豆腐の上にトッピングして食べる、ピータン豆腐だ。

 豆腐と一緒に食べることによって、個性の強いピータンも口当たりがソフトに成り、食べやすくなるのだ。

 さて、上に掛けるソースと言うかタレだが、難しく考える必要は無い。
 醤油とごま油を振りかけてから、酢をほんの少々垂らすだけだ。
 辛子を添えると尚良い。

012_20120523041825.jpg
 これはやはり飯のおかずには成り難い、どう考えても酒の肴だ。
 
関連記事
 食   TB:0CM:0
<< 豚もやし炒め もどきホーム全記事一覧 賞味期限と消費期限について考える。 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/149-79db639d

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。