オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Soul Funk 名曲、名盤探索(6)  【Donna Summer / Hot Stuff】

2012/05/19(土) 00:00:06

 訃報
 ドナ・サマ―が亡くなった。 今月17日 享年63歳。

 ソウルと言うよりディスコミュージックと言うべきだが、無理やりソウルのカテに入れてみた。
 事実、彼女の音楽は当時、ミュンヘン・ソウル等と呼ばれていた。

 彼女はアメリカ人だが、彼女を売り出したのはドイツのレーベルで、専属のチーム、ジョルジオ・モルダー&ピート・ベロッテがプロデュースしていた。

 アメリカで売れなかった彼女は、ミュンヘンに活動の中心を移すことになるのだが、最初はドイツを中心とするヨーロッパで人気が出始め、その後アメリカへ逆輸入の形で人気に火がついた。
 当時シンセサイザーを使ったサウンドはアメリカでも新しく、ミュンヘン・ソウル、ミュンヘン・サウンドと言われていた。

 つまり彼女があれほど売れたのは、ジョルジオ・モルダー&ピート・ベロッテのプロデュースによる楽曲の素晴らしさに在ったと思う。
 ジョルジオ・モルダー氏はシンセサイザー奏者で、ディスコ音楽の父とも言われている人で、特にこの人の功績が大きかったと思う。
 
 ドナは、70年代半ば頃から立て続けにヒット曲を連発し、日本のディスコでも彼女の曲は非常に良くかかり、フロアでヒートアップすること間違いなしだった。
 ドナの曲が流れだすと、それまでボックスでいちゃついていた彼女、彼らも、おもむろにフロアに集まり、一斉に腰を振りだすという始末だ。
 
 実は既に時効と思うので白状するが、10代半ばの頃からディスコに出入りしていた私は、ドナ・サマ―の時代とはどんぴしゃりで、この頃のディスコの状況は良く覚えている。

 たしかに、彼女の楽曲の特徴である4つ打ちのビートは、リズム感の悪い日本人にも非常に踊りやすく、ドナの曲がかかると「ワシもいっぺん踊ってみよみゃあか」と、ディスコ初心者までもが一斉にフロアに集まるのだ。
 そして大音響の中、当時まだ身体的に未発達な日本人が、短い手足を振りみだして、一斉にひょっとこ踊りを繰り広げるという、まさにカルト教団の儀式のような光景が繰り広げられるのだった。
 もっとも、私もその中の一人だったが…。

 メディアも彼女を「ディスコの女王」と評しているが、ボーカリストとしてのドナ・サマ―の評価は決して高くない。 
 しかし、ドナは5度に渡るグラミー賞の受賞を含め、自分が売れたのは自身の功績と勘違いし、スタッフやプロデュースチームに対し高飛車な態度を取り続け、遂には愛想を尽かしたスタッフ陣が彼女と決裂。 レーベルを移籍したドナは一気に下降路線を辿る事になるのだった(このエピソードは名DJ小林克也氏がラジオで語っていたことの受け売りである)。

 70年代の華やかだった頃に比べれば、後年の彼女の印象は極めて薄い。
 しかし、63歳とはまだ充分若いではないか。

 若かりし頃、ディスコに通い詰めた私には非常にショッキングな訃報である。


 ご冥福をお祈りします。

関連記事
 踊れるFunk 20選
 ヘビー級Funk 20選
 SOUL入門 定番の20選
 黒いJazzFunk 20選
 車内で聞きたいJazzFunk、SmoothJazz 20選 
  甘く切ない、甘茶ソウル20選



ホット・スタッフ~ドナ・サマー・グレイテスト・ヒッツホット・スタッフ~ドナ・サマー・グレイテスト・ヒッツ
(2006/01/25)
ドナ・サマー

商品詳細を見る


関連記事
Soul・FunkTB:0CM:0
<< 砂肝のキムチ和え  ―砂肝を無駄なく使う―ホーム全記事一覧すき家について考える。 【一食200円の朝食だって?!】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/142-978a58a6

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。