オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 社会と家族との関係が希薄な老人が狙われる。 【凶悪 ある死刑囚の告白】

2012/05/23(水) 00:00:41

凶悪 ある死刑囚の告発凶悪 ある死刑囚の告発
(2007/01/17)
「新潮45」編集部

商品詳細を見る


小説では無く、ルポルタージュである。

 テレビ番組の「アンビリーバボー」で、この本と事件を取り上げていたのを観て、是非読んでみたくなり、リサイクル品を取り寄せた。

 「アンビリーバボー」の放送が在ったのは去年の暮らしいが、私が観たのは4月のか、5月の再放送されたものだ。

 小説では無いと書いたが、まるでサスペンス小説の様な戦慄すべき内容だ。
 その緊迫感は小説以上だ。

 
 人を殺して、その不動産や保険金を奪い取る。 まるで人の命を金に変える錬金術師のような男が居る。 その男は先生と呼ばれ、この社会で普通に暮らしているという。
  その事件を告発したのは、なんと拘留中の死刑囚だった。

 その死刑囚からの手紙を貰った記者は、何度も死刑囚と面会を重ね、独自の取材で、犯罪を裏付ける証拠をつかみ、遂には警察を動かすという、まさにミステリーか、サスペンス小説のような内容だ。

 闇に埋もれた犯罪を暴き出す為に、執念を燃やし取材を続けた記者には全く敬服する。 このような取材は、やはり雑誌記者でなければ出来ないだろうと思う。

 闇に埋もれそうになった犯罪を、週刊誌が騒ぎ出し、事件化したと言うのは他にも多々ある。
 保険屋が告発するケースもある。
 そうしてみると警察は何をやっているのかとも思うのだが…。 

 しかし、この本を読むと、やはりこの社会には、表に出ない犯罪が幾らでもあるのだという気がする。
 殺人が在ったとしても、遺体も無く、被害届も失踪届も無ければ、警察は動かない。

 この事件でターゲットになった被害者は、皆、社会や家族との関係が希薄になった高齢者だ。
 先生と呼ばれる不動産ブローカーと、その仲間は、何処からかそんなお年寄りを探してくるのだ。
 そんなお年寄りを、闇に葬り、その資産を狙うのだ。
 全く恐ろしい話だ。

 しかし、考えてみれば、現代ではそんなお年寄りは数多く居る。
 現代は独居老人が多い。 独居で仕事もしていないお年寄りがどこかに埋められても、家族が居ないのだから失踪届も出されることは無いだろう。 
 年金でつましく生活しているご老人でも、調べれば不動産資産を所有していたり、保険に入っていたりする場合は多いだろう。
 いわゆる、ホームレスの人たちでも、調べれば不動産所有者と言う事はあり得るだろう。
 そんな彼らを人知れず闇に葬っても、犯罪が明るみに出る可能性は低いだろう。

 私は、似たような事件は、明るみに出ないだけで、他にも数多く存在するのではないかと思う。

 家族の居ない私も、高齢に成り、仕事からも離れれば、社会から隔絶された存在になるだろう。
 だが、私は人から狙われるような資産は全く無いし、多額の保険もかけていないので、その点は心配していない。

 しかし、不動産や資産のある人は用心するべきだろう。

 私は長く客商売に従事していたため経験があるのだが、一見しょぼくれた一人身のお爺さんが、酔った勢いで見栄からか、自慢からか判らないが、資産がある様な事をぼそっと言う場合がある。
 まあ、女性が相手をしてくれる店なら、女性の気を引くために、積極的に独身で資産家であることをアピールするお年寄りも居るかもしれないが…。

 私はこの本を読んで思ったのだが、何処の誰が聴き耳を立てているか分からないような場所では、うかつに隠し資産があるような事は、決して口走らない方が身のためだと思うのである。


凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)
(2009/10/28)
「新潮45」編集部

商品詳細を見る
 


関連記事
本・文学 TB:0CM:0
<<   ローストチキン    -骨付きチキン-ホーム全記事一覧Soul Funk 名曲、名盤探索(7) 【Chuck Brown and The Soul Searchers /Bustin' Loose】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/133-77bf09cc

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。