オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

牛肉と根菜の煮物

2012/08/01(水) 00:00:29

 100グラム98円のオーストラリア産の牛肉を買ってきた。

 肉はあまり食べない私だが、たまには肉でも食べようかと、清水の舞台から飛び降りる覚悟で買ったのが、グラム98円の牛肉だ。 いやはや情けない。

 肉が安物なんで調理だけは少し真面目にやってみようかと、根菜と一緒に煮ることにした。

013_20120511061717.jpg015_20120511061716.jpg

 材料はゴボウ、蓮根、筍(水煮)、コンニャク、そして肉。
 ゴボウとレンコンは大きさをそれえて切り、まず茹でる。

 コンニャクと筍の水煮も適当な大きさに切るが、取りあえず待機だ。

 ゴボウ、蓮根に8割位火が通ったら、その中にコンニャクと筍も加え、一煮立ちさせたらザルに上げる。

 牛肉は炒めた方が旨い。 どうせこの後、煮るからと言いて、中途半端に炒めず、しっかりと火が通るまで炒めた方が旨い。 特に使っている肉が安物なので、此処は重要だ。

 肉が炒まったら、ザルに上げておいた野菜を戻し、さらに炒め、そこに酒をジュ、ジュ―と言う位振りかける。 
 そして、ひたひた位の出汁を入れ、醤油、味醂、砂糖、で味を付け(最初はやや薄めにしておくこと)、唐辛子も入れる。 落とし蓋をして、煮詰めていく。 落とし蓋が無い場合はアルミホイルをかぶせるだけで良い。

 煮汁が半分以下になった所で、味を確認し、最終的な味を決める。 甘みを利かした少々濃いめの味にすると良い。
 
 さらに煮詰め、煮汁が2割から1割になった所で胡麻油を振り、鍋を返して全体を混ぜ合わせ出来上がりだ。

020_20120511061715.jpg

     
関連記事
 食   TB:0CM:0
<< 貝類の砂抜きと、郷土料理について考える 【ご質問の件で…】ホーム全記事一覧味噌汁について考える。  >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/131-c71f5daa

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。