オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

味噌汁について考える。 

2012/07/31(火) 00:00:44

 日本人なら、味噌汁は毎日飲みたいという人も多いのではないだろうか。
 
 しかし、自分一人分の味噌汁を毎日作るのは面倒だ。

 近頃はインスタントの味噌汁でも随分旨い物もあるので、それで良いじゃないか、と言う人もいるだろう。
 勿論、それも良いだろう。 決して否定はしない。
 
 だが、インスタントは高いではないか!
 確か、1杯あたり4、50円。 上等なものだと100円近くつくのではなかっただろうか?
貧しきオヤジはそんな贅沢は出来ない。

 そこでオヤジ流、簡単味噌汁の作り方を公開しよう。
 
 簡単と言っても、最初だけは、少々手がかかる。

 まず普段使っている味噌を多めに鍋に入れ、少量の水を加えて火にかけ練り上げる。
 凡そ味噌と水と同量位だろうか。 まあ適当だ。 

001_20120511042513.jpg 002_20120511042513.jpg

つまりこの様な、半練り状の味噌を仕込んでおくのだ。

 味噌汁を作るのに一番面倒なのは、味噌を溶かし込む工程だ。
 しかし、このような半練り状に仕込んでおけば、出汁、又は水に流し込むだけですぐ溶ける。
 後は、好きな具を入れ、沸かすだけだ。

 もっと、手っ取り早い方法を教えよう。
 乾燥した、味噌汁の具と言うものが売っている。
 半練り状の味噌を直接椀に入れ、乾燥味噌汁の具をパラパラっと…。 そして熱湯を注ぐだけだ。
 まさにインスタント味噌汁と同じだ。

003_20120511042512.jpg 005_20120511042512.jpg

 近頃市販されている味噌は殆どが出し入りなので、出汁は必要ない。
 出しの入りでない味噌を使う場合、味噌を練り上げる時に出しの素を入れておけば手間は無いが、出来れば、出汁の素はお湯を注ぐ前に味噌と一緒に椀に入れた方が良い。 その方が味噌が腐り難い。

 と言っても、半練り状の味噌は、普通の味噌汁より遥かに塩分濃度が高いので、密閉して冷蔵庫で保存すれば、かなり日持ちがする。 
 具体的な日数は、出し入りの味噌を使うか、出し入れでない味噌を使うか、練り上げる濃さ、で変わってくる。 それに、それぞれの家庭で衛生環境が違うのではっきりとは言えないが、私の経験値から言えば、1週間~2週間以上は保存可能だ。


 この手法は一般家庭より、寧ろ飲食店を営んでいる人が知ったら、絶対に真似したくなるのではないかと思う。
 何しろこの手法を思い付いたのは私が店を営んでいた時だからだ。

 いわゆる食堂や定食屋の様な店なら、最初から、味噌汁自体を仕込んでおけば良い。
 しかし、居酒屋のように酒を主体で売る店では、味噌汁を作っておいても1日に一杯も売れない事も在るので作り置きは妥当でない。 寸胴に入れ冷蔵庫で保存しても邪魔になるだけだ。

 にもかかわらず、稀に我儘な客がいて、「オヤジ、味噌汁作ってちょうすか」などと、のびのびと言ってのける客が居るのだ。

 「味噌汁だと? 味噌汁なんか飲むくらいなら、ビールか酒を飲め!」と言いたいところだが、いくら客に不親切な店とはいえ、さすがにそこまでは言えず、「面倒臭いことぬかしやがって…」等と思いながら、仕方なく味噌汁を作り始めるのだ。
 ところが味噌がなかなか溶けない。 それもその筈、ただでさえ暇な店、味噌汁等注文する客は稀にしかおらず、味噌が冷蔵庫の片隅ですっかり固くなってしまっているのだ。 
 「ああ、全く手間がかかるものを注文しやがって、 覚えてやがれ!」と、考え出したのがこの手法だ。
 
 手抜き居酒屋と言っても、出汁だけは毎日取っていたので、半練り状の味噌を仕込んでおけば簡単に出汁に溶かしこむ事が出来き、一人前の味噌汁も簡単に出来るというわけである。
 
010_20120511042511.jpg
 
関連記事
 食   TB:0CM:1
<< 牛肉と根菜の煮物ホーム全記事一覧ソーセージとレタス炒め。 >>

コメント
No title
質問、、その一
シジミの売れ残りが半額になっているのをよく見かけます。
シジミを調理する場合、必ず砂をはかさなければいけないのでしょうか?
そのまま洗って熱湯に入れてはいけないのでしょうか?


質問、、その二
近所の定食屋で、冷汁定食というのがございます。
なんでも宮崎の郷土料理だそうですが、
冷えたみそ味のスープに温かいごはんを入れ
お茶漬けのようにして食しますが、夏には最高だと思います。
定食屋では、この冷汁定食にカツオの刺身とおしんこが付いて
¥1,080の値札がついてますが、自作は可能でしょうか?
冷汁だけなら冷蔵庫で日持ちするのと飽きのこない料理ですし
飯を炊いてあとは、ちょっとしたおかずがあれば食べられるので、
手軽さと美味ではご用達物だと思うのですが・・・



オヤジさんは郷土料理までは、守備範囲じゃありませんよね・・・


ご無礼しました、、、、、、、(´Д`)


#-|2012/07/31(火) 16:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/130-7e56158d

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。