オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 ご質問の件で… 【色々使える冷やし中華のソース】

2012/05/11(金) 00:00:50

ドレッシングと言えるかどうか分かりませんが・・・
冷やし中華にかかっているスープは簡単に作れるのでしょうか?

夏に向けた一品として、茹でたモヤシと豚肉
それに千切りきゅうりの上から、冷やし中華のスープ
のようなものを、ドバドバっとかけて食べたことが・・・

若干の甘味もありなかなか食欲をそそるものでした。

味は、まさしく冷やし中華のスープでした、


 と言ったご質問を頂いた。
 面白い質問なので、本文で取り上げることにした。

 冷やし中華は私も大好きで良く作るのだが、オヤジ流冷やし中華の作り方はいづれ此処で取り上げる事にしよう。
 今回の質問の目的は麺では無く、茹でたモヤシと豚肉 に掛けるという事なので。

 簡単な方法は醤油、酢、砂糖を1:1:1で混ぜ合わせ、胡麻油(約0.2)とマスタードを混ぜて出来上がりだ。
 一人前なら、小さな盃にそれぞれをすりきれ1杯づつ。つまりグラムでは無く、容量で計る事。
 腐らないので、多めに作って、瓶等に作り置きすることも出来る。

 もう少し本格的というなら、レモン、ネギ、生姜、それぞれの切れ端と水0.5を加え、かるく沸騰させ、冷めてから中身を濾し、胡麻油とマスタードを混ぜる。

 甘みの利いた少々濃いめのソースだ。
 勿論、冷やし中華のソースとして使えるが、茹でた豚肉や鶏肉のソースとして使う事も出来る。

 このソースに練り胡麻と少量のマヨネーズ、おろしニンニク少々を加え、良く混ぜ合わせればいわゆるバンバンジー(棒棒鶏)ソースになる。 



 本文と全く関係ないがジャズでも聴きたい気分だったので…。



 


便秘・肌荒れ・ダイエットでお悩みの方の為の自然派由来のハーブティー☆★

芸能人使用アイテム多数!アイスウォッチ

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】



関連記事
 食   TB:0CM:2
<<  漂流、無人島小説  【桐野夏生著 東京島】ホーム全記事一覧ドレッシングについて考える。 >>

コメント
No title
早速、作ってみました。
とりあえず醤油、お酢、砂糖、ごま油だけで試してみましたが
のぞみどうりの味のベースになるものが出来上がりました。
あとは、生姜やネギなど使い味の広がりを研究してみます。

ありがとうございました。



、、、、、、、(´Д`)
(´Д`) #-|2012/05/12(土) 15:52 [ 編集 ]
、、、、、、、(´Д`)様へ
それは、良かった。
 甘みの強い名古屋風の味なので、どうかと思っていました。 
 計りやすい数字なの1:1:1と書きましたが、練り胡麻を加える場合は、少々甘みを加減した方が良いかもしれません。 練り胡麻は、砂糖が入っている訳ではないですが、甘みを感じる食材なので。
 
オヤジ #-|2012/05/12(土) 16:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/129-c780fcbf

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。