オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 ハム、ソーセージについて考える 【日本の食文化とは?】

2012/07/22(日) 00:00:17

017_20120504113120.jpg

安かったので買ってみた。 一本178円だったか…

 チーズリオナ。 チーズとハーブが入っている。
 少しかじってみたが、今一つだ。 原材料を見ると、豚肉以外に鶏肉が混ざってる。
 
 「なんで、ソーセージに鶏肉が!」

 まあ仕方が無い。 値段が値段…。 魚肉さえもソーセージにしてしまう日本だ。

 昔、私がガキの頃、ハムとは淵が赤く着色された物が普通だった。 近所の中華屋さんで冷やし中華なんぞを注文してもあの淵が赤いハムを刻んだ物が乗っていた。
 あれは、チョップドハムと言って、日本で考え出されたものだ。 ハムというよりソーセージに近いのではないかと思うのだが、ハムと言い張るのだから仕方が無い。
 
 チョップドハムはくず肉を押し固めて形成した、いわゆるハムもどきである。 しかも昔は今のように原材料表示が厳しく無かったから、何の肉が混ざっていたのかも判らない。
 しかし、ガキの頃はハムはそれしか知らなかったから、それを旨いと、食べていた。
 日本も貧しい時代が在ったのだ。 近頃は、あの淵の赤いハムも姿を見かける事が少なく成った。  

 ハムもどきと言えば、日本にはもどき商品が多くある。 もっとも代表的なのはがんもどきだ。 既に名前に「もどき」が付いているくらいだ。
 がんもどきは精進料理で肉の代用として考え出されたと言われている。 雁の肉に似ているから、がんもどきと命名されたとか…。
 それ以外ではカニカマも代表的だ。 少し前の回転鮨屋では人造イクラやニセ数の子(シシャモの卵等を形成したもの)を回している店が多かったが、食品の表示義務が厳しく成ったのと、本物志向の影響でそれらも姿を消した。 
 しかし、回転寿司で回っているネギトロは、今でももどき食品だ。 マグロ(マグロ以外の魚が混ざっている場合も多い)の屑をペーストにして、食用油を混ぜ込んだもので、私には不味くてとても食べられない。

 近頃、農林水産省を中心に日本料理を世界遺産にしようという動きが在るようだ。
 確かに、日本には古くから続く伝統的食文化のスタイルが存在する。 しかし、その一方で、インスタントコーヒーやインスタントラーメン、化学調味料を考え出したのも日本人である。
 それら日本で生み出せれたインチキ食品は、もはや世界を席巻している。 インスタント食品こそが日本の食文化ではないのか?


 いやはや、ソーセージの記事を書くつもりがまた脱線してしまった。 申し訳ない…。

 さて、ソーセージだが、チーズが入っているというものの、あまりチーズの味がしないので、冷蔵庫の片隅にあった、スライスチーズを乗せてみた。 ついでに使いかけのアボカドも乗せ、ガーリックオイルを垂らしてみた。

010_20120504113120.jpg

 今までなら、我が家でこんなママゴトみたいな料理は絶対やらなかった。 ソーセージなんか丸かじりだ。
 だがこのブログを切っ掛けに写真を意識するようになり、ちょっと遊んでみた。
 カイワレを自家用に買ったのはおそらく初めてではないだろうか。



 
関連記事
 食   TB:0CM:0
<<  ツナと大根おろしのパスタホーム全記事一覧超一級のスパイ小説 【トマス・ハリス著 ブラックサンデー】 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kareha48.blog.fc2.com/tb.php/119-8258b228

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。