オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

 生牡蠣をハードボイルド風に食べる。  「生牡蠣のバーボンウィスキー掛け】

2014/01/31(金) 00:00:32

001_20140124103626fef.jpg

牡蠣を買ってきた。
 セルカキ。 つまり殻付牡蠣である。 業界ではセルカキ、または単にセルと呼ぶ。

 これをどうするのか?
 勿論生で食べるのだ。

 牡蠣の生食は好き嫌いの分かれる食べ方であろう。 それに今、巷ではノロウィルスが大流行している。 生で牡蠣を喰うのはそれなりにリスクを覚悟した方が良いかもしれない。

 勿論、買ってきたセルカキは生食用に滅菌処理されたものである。 ノロウィルスに関してもサンプリング検査をしているようだが、カキは同じ地域で育ったものでも固体によって、ノロウィルスを保有するものと、しないものとあるらしい。
 つまり、滅菌処理された牡蠣と言えど、100%安全が保障されている訳では無い。

 ノロウィルスの感染経路は二枚貝から人へ、さらに人から人から人へ広がり、そして感染者の吐物や排泄物が海に流れ込み、そのウィルスを二枚貝(牡蠣)が取り込み、それがまた人の口に入るという循環を繰り返しているようである。
 
 つまり、巷でノロウィルスが流行している現在、生牡蠣を食べるリスクは普段以上に高まっていると言って良いであろう。
 しかし、そんなことで怖気づいていたのでは何も食べられないし、何も行動できない。
 この世の中に100%保障された安全など存在しないのだ。

 安全であるはずの冷凍食品や学校給食ですら、安心することは出来ないのである。


 ただし、今、生牡蠣を食べるのが直ちに危険という訳では無い。
 滅菌処理された牡蠣なら、ノロウィルスに当たる可能性は極めて低いであろう。 ただし100%安全が保障されている訳では無いということだ。
 俗に、食中毒に感染することを「当たる」「当たった」等と言うが、生牡蠣を食べて当たるか当たらないかは、まさにロシアンルーレットの様なものである。 どんなに新鮮な牡蠣であろうと、どんな高級割烹や高級鮨屋で食べる生牡蠣であろうと、そこだけは覚悟しておいた方が良い。

 さて、生牡蠣の食べ方だが、ポン酢またはレモンを絞って、というのが一般的であろう。 中にはケッチャプで、という輩もいる。

 しかし、このロシアンルーレット的な生牡蠣である。 どうせなら、もっとハードボイル風に食べてみたい。
 一度やってみたかったのが、生の牡蠣にウィスキーを振りかけて食べる食べ方である。

 ウィスキーと言っても、本来、シングルモルトウィスキーを使うべきで、これはスコットランド、アイラ島の伝統的食べ方らしい。

 しかし、シングルモルトウィスキーと言うのはどれも値の張るものばかりである。 わざわざ牡蠣を食べるのに普段飲みもしない物を購入するのは馬鹿らしい。 大体私はスコッチより、バーボンの方が好みなのだ。
 シングルモルトウィスキーとは何ともキザっぽい。 バーボンウィスキーの方がハードボイル風である。

 そこで私は、部屋に在った安物のバーボン(ジンビーム)を生牡蠣に振りかけてみた。

 さて、味の方だが、実は、バーボンのロックを飲みながらの試食なので、すでに口の中がバーボンの味に成っている。 バーボンを振った牡蠣を食べた時の味は、新しく入ってきた牡蠣の味だけである。
 しかし、何も掛けていない生牡蠣よりは牡蠣の生臭みが消え、旨みだけが強く感じる気がする。
 それに、強いアルコールを振ったせいか、牡蠣の身が締まり、プルンとした弾力を感ずる。

 酸味の強いレモンや塩分の強いポン酢より牡蠣本来の味を楽しめる食べ方かもしれない。
 バーボンは独特の香りが在り、苦手な人も居るようだが、牡蠣との相性は決して悪くないと思う。

 しかし、どうせなら、アイラ産のシングルモルトウィスキーとやらを掛けた生牡蠣も喰ってみたいものだ。

008_20140124103630e53.jpg

 最後に肝心のセル牡蠣の開け方も簡単に説明しておこう。

 まず牡蠣はタワシを使って表面の汚れをよく洗う。 養殖カキは比較的表面が綺麗なのだが、まれにゴカイの様な虫が付いていたりするので気を付けた方が良い。

 牡蠣の殻を開けるには、貝柱の位置を確りと知っておく必要がある。 これを知らずに無理やりこじ開けようとしても身を傷つけるだけである。

 そこで貝柱の位置だが、牡蠣の殻をよく見ると殻が平らな方と、丸く膨らんでいる方が在るはずである。
 平らの方が蓋であり、丸く膨らんでいる方が身である。 誰がそう決めたか知らないが、私はそう思い込んでいる。
 貝の蝶番を手前に、蓋を上にすると、殻の淵の右側、上下の中心のやや上に柱が在るはずである。
 この位置はすべての牡蠣で同じである。

005 - コピー 006_20140124103629a59.jpg

右上の写真で示した赤丸の辺りが貝柱の位置である。
 
 牡蠣の殻を開けるには通常、貝割やオイスターナイフを使うのだが専門店に行かなければ手に入らないと思うので、家庭でする場合は、洋食を食べる時に使うテーブルナイフを使うのが良い。

 貝柱をめがけ、殻の右淵(上の写真のように牡蠣を於いた場合)から強くナイフを押し込み、少し貝の口が開いたら、隙間から中を覗き込み貝柱を確認し、最初に身の方(殻の膨らんだ方)の貝柱を殻から切り離す。 すると身の方の殻が外れるので、次に蓋の方の貝柱を切り離し、蓋から牡蠣の身を取る。
 慣れない人は軍手をはめてやった方が良いであろう。
 最初は手間どうかもしれないが、貝柱の位置はどれも同じである。 2、3個開けてコツをつかめば、簡単に次々に開けられるうになるはずである。

008_20140124103630e53.jpg

 生牡蠣のバーボンウィスキー掛け。
 (三重県産牡蠣、ジンビーム)














スポンサーサイト
 食   TB:0CM:0

 ミニシアターで映画鑑賞  【ソウルガールズ】

2014/01/24(金) 00:56:53

久しぶりに映画館で映画を観た。
映画館と言っても、定員50名のミニシアター、名古屋にある名演小劇場である。
ミニシアターでは、所謂、ミニシアター系と言われる少々マイナーな作品が上映されているのが普通である。 配給元との関係も在るのだろうが、イギリスを除くヨーロッパ映画やアジア映画が多いように思う。
 これらミニシアター系映画にはマニアックなファンも多いであろう。
 私は特にミニシアター系映画のファンと言うわけでは無い。 ミニシアターに行ったのも初めてである。
ただ、私が観たいと思った映画が、そのミニシアターでしか上映されていなかったのだ。

 定員50名の劇場と言うのは、まさに学校の教室程の広さしかなく、上映前は少々不安を感じたのだが、場内が暗転してしまえば、自分の居る場所は大ホールと全く変わらない。
 スクリーンからの距離が近い分、大スクリーンで観るのと変わらない迫力である。
 音響も十分満足のいくものである。
 そして座席たが、深く身体を包み込む非常にリラックス出来るものであった。
実は映画館で映画を観るのは数年ぶりだが、近頃は何処の映画館でも此ような上等な椅子を使っているのだろうか。

 さて、肝心の作品だが私が観たのは「ソウルガールズ」である。
 ソウルを題材にした音楽映画と言えば、アメリカ映画を想像するであろうが、実はオーストラリア映画である。
 何故にオーストラリアでソウルかと、疑問を感ずるかもしれないが、それはこの映画のテーマの一つにもなっている所であろう。
 舞台は1960年代である。 60年代と言えば、アメリカでは黒人解放運動が盛だった頃であるが、オーストリアでも、先住民であるアボリジニ(所謂黒人)に対する差別が激しかったのである。
 そんな中、実力は在るのだが、アボリジニであるがゆえに社会から認めてもらえない姉妹がベトナム戦線のアメリカ兵の慰問の仕事を新聞広告で見つけ、高い報酬が得られるからと、それに応募しようとするのである。
 唯一、彼女達の実力を認めたアイルランド系の男(町のコンテストで司会をしていた男)が、ベトナムで米兵を相手に歌うならソウルを唄えと、カントリーを唄っていた彼女たちにソウルを教えるのである。
 
 彼女達は見事審査に通り、ベトナムの米軍基地や病院で唄うことになるのである。
 彼女たち(サファイヤアズ)は米兵たちに熱狂的に支持され、スター扱いになるのだが、そんな中で戦争の悲惨さや残酷さを知るのである。

 この映画、観終わってまず思うのが、オーストラリア版「ドリームガールズ」である。
 製作者は全く別物であると言っているようだが、やはりドリームガールズの影響を感じざるはえない。
 まあ、監督はドリームガールズとは全く違う世界を表現したつもりかもしれないが、脚本家は結構影響されているのではないだろうか。 もっともこれは私の勝手な想像だが。

 大体日本での宣伝の仕方はまさにドリームガールズを意識している。
 この映画、原題は「The Sapphires」である。 私はそのままで良かったのではないかと思うのだが、わざわざ「ソウルガールズ」などと言うタイトルを付けるから、「ドリームガールズ」と比較されてしまうのである。

 「夢は絶対にあきらめない」というコピーや「シンデレラストーリー」といった表現で宣伝しているが、彼女たちの夢とはなんだったのだろうか?

 この映画、実話を基に作られたらしいが、彼女たちはベトナム米軍基地ではスター扱いだったものの、その後アメリカ本土に渡り、アポロシアターで唄ったとか、オーストラリアに帰ってプロの歌手になったという訳では無い。 エンディング場面は出身地の村で村人を相手に歌うシーンで終わる。
 確かに、現実はそんなものかもしれないが、エンターテーメント作品としては落ちが無い。
 そもそも、この映画はエンターテーメント作品なのだろうか?
 歌のシーンは文句なく素晴らしい。 まさにエンターテーメントである。
 しかし、この映画には人種差別や戦争と言った社会テーマが盛り込められている。
 映画の中でアイルランド系の男(実はアイルランドからの移民はイギリスで差別を受けてオーストラリアに来た人たちが大抵である)がベトナムで唄うならソウルを唄えというのだが、実はベトナムの前線に送られたのは多くが黒人兵であったという現実がある。 つまりここにも人種差別が在ったわけである。 しかし、映画ではそこまでのことは表現されていない。 解かる人だけに解かる場面であろう。
 そして映画の中でキング牧師暗殺のニュースが流れ、画面はそれとシンクロしていくのだが、人種差別が大きなテーマに成っていることは間違いないのだが、社会ドラマと言う程、堅いものではない。 なにか中途半端な感じである。
 その他にも戦争や家族愛、恋愛などテーマを盛り込み過ぎなような気もする。

 ただし、ソウル好きの私にとって歌のシーンは最高である。 
 往年のソウルヒットが次々に登場する。 ジュリー役でリードVoのジェシカ・マーボイの歌はアメリカ本国 のソウルシンガー顔負けの素晴らしさだ。

 実話を基にした映画と言うのが、この映画の宣伝文句にもなっているが、何処までが真実で、どこまでが脚色か全くわからない。 「ドリームガールズ」は実話とは謳っていないが、誰が見てもモータウンとシュープリームスをモデルにしていることに気付くはずであるである。
 あまり実話ということに拘らず、気楽にエンターテーメント作品として鑑賞した方が楽しめる映画だと思う。



ソウルガールズ

The Sapphires

監督
ウェイン・ブレア

脚本
キース・トンプソン 
トニー・ブリグズ

原作
The Sapphires (トニー・ブリグズによる舞台版)

製作
ローズマリー・ブライト
カイリー・デュ・フレズネ

出演者
クリス・オダウド
デボラ・メイルマン
ジェシカ・マーボイ

製作会社
ゴールポスト・ピクチャーズ

公開
オーストラリア 2012年8月9日
日本 2014年1月11日

上映時間
103分

製作国
オーストラリア





映画TB:0CM:0

 塩鮭のアラを使って。  【塩鮭と豚肉の粕汁】

2014/01/17(金) 08:07:19

foodpic4429372.jpg

 粕汁。
 結構好き嫌いの分かれる料理ではないだろうか。

 実は私も、嫌いという訳では無いが、今まで旨いと思って食べたことが無かった。
 大体、粕汁なんて食べる機会が無かった。
 子供の頃、我が家の食卓に粕汁が登場することは無かった。 外食でも名古屋辺りで粕汁をメニューに載せている店等見たことが無い。
 これは地域差が在るのだろうか? 関西圏では一般的によく食べられているようだが、関東ではあまり一般的では無いようである。

 中部地区ではどうなのだろうか?  外食で粕汁を提供する店を探すのはかなり困難であることからすると、それほどメジャーな料理では無いような気がする。

 飲食の仕事をしていた頃、年末になると取引のある酒造メーカーから、お歳暮代わりに酒粕が送られてくるので、粕汁を作って客に出したところ、結構好評だった。
 自分ではとても旨いとは思えなかったのだが。

 ところが最近、スーパーに買い物に行って、塩鮭のアラを見つけた瞬間、何故か粕汁を作ってみようという気になったのだ。
 酒粕は非常に栄養価が高く身体に良いという、どこかで得た情報が頭の片隅を横切ったからかもしれない。

 002_20140115120220b67.jpg

 近ごろ、塩鮭も形の良い切り身は結構な値段がするのだが、こうしたアラは安く買える。 この1パックで135円ほどであった。

そして肝心の酒粕であるが、売り場を探すとカップに入った酒粕が在るではないか。

 通常酒粕と言うと、想像するのは、板粕と呼ばれる、四角い板状に押し固めたものであろう。
 この板粕は、汁に溶かすのが結構面倒な代物なのだ。 通常はザル等を使って濾しながら溶かさなければならない。

001_201401151202239cd.jpg 002_20140115120224113.jpg

 しかし、このカップに入った酒粕は半練状に成っており簡単に汁に溶かすことが出来るのである。 しかも、一度裏ごししてあるのか、そのまま汁に溶かしてもザラザラとした舌に残るようなものが何も無いのである。
 これは使い勝手が良い。
 味の方も癖の無いスッキリとした味である。
 これは何か細工が在るのか、研究の賜物か、それとも私の味覚が変化したのか、酒粕特有の癖のある匂いは弱まりながらも、旨みだけは叱りと生かされている感じである。

 つまり、この酒粕を使って作った粕汁が非常に旨いのである。
 まあ、歳をとると食べ物の好みも変わるのかもしれないが…。

そんな訳で最近すっかり粕汁に嵌っている私である。
  
さて、粕汁の材料だが、特に明確な決まりがある訳では無い。
 鮭を使う派と鰤派が居るようである。 しかし、汁物に鰤は少々ヘビーな気がするので私はやはり鮭である。

 鮭は生鮭を使う人も居るようだが、やはり塩鮭を使うのが理想であろう。 塩鮭の方が生臭みが出難く、身が崩れにくい。 さらに言えば出汁の出るアラを使う事が望ましい。
 更に私は豚肉も入れた。
 鮭、豚肉、味噌、酒粕という組み合わせは、まさにベストマッチングとも言える、最強の組み合わせではないだろうか。
 野菜は大根、こんにゃく、椎茸、三つ葉。
 牛蒡、人参、油揚げ等も良いが、そこまで材料を揃えるのが面倒なのでやめた。

 味付けは顆粒の出汁の素と西京味噌(白味噌)、酒粕(カップ入り)。
 具材に塩鮭を使っているので、味噌は塩鮭から出る塩分を差し引いて調合する必要があるが、味噌と塩鮭の塩分のバランスが肝心なのである。
 生鮭を使う場合は、普通の味噌汁の様にはせず、味噌と薄口醤油と半々程度で味を調えるのが良い。

 西京味噌は甘みが強いので味醂は使っていないが、普通の白味噌を使う場合は味醂も少々入れるのが良い。

foodpic4429373.jpg

塩鮭と豚肉の粕汁
 塩鮭、豚小間肉、大根、こんにゃく、椎茸、三つ葉、酒粕(カップ入り)、西京味噌、顆粒出汁。



 食   TB:0CM:0

SOUL・Funk 名曲、名盤探索(40) 【kool & the gang / jungle jazz】

2014/01/10(金) 03:08:38

 Kool & The Gangと言えば、当時ディスコでもEarth, Wind & Fireと人気を二分する存在であった。
 当時と言うのは80年代頃のことである。
 80年代の彼らはJT(ジェームス・テイラー)をボーカルに迎え、ファンクとは縁遠いポップス路線の音楽を演っていた。
 彼らにしてみればポップス路線にスタイルを変更することで人気を繋ぎ止めていたのであろうが、ディープなファンクに拘る私には80年以降の彼らの音楽は随分退屈である。

 そんなKool & The Gangnも初期の頃はかなりディープなジャズファンクを演っていたのだ。


Wild & PeacefulWild & Peaceful
(1996/03/19)
Kool & The Gang

商品詳細を見る


「Wild & Peaceful」はKool & The Gangnの73年発表のアルバム。
 超強力ファンク、「Funky Stuff」「Jungle Boogie」「Hollywood Swinging」の3曲を含むこのアルバム 、彼らのオリジナルアルバムでは最も人気の高いアルバムであろう。 まさに、これぞファンクアルバムの名盤だと私は思う。
 中でも「Jungle Boogie」はサンプリングネタとしても有名で、初期の頃(JTが加わる以前)の彼らの曲では最も知名度の高い曲であろう。


Spirit of the BoogieSpirit of the Boogie
()
Kool & The Gang

商品詳細を見る


 しかし、彼らは75年発表のアルバム「SPRINT OF THE BOOGIE」の中で「Jungle Boogie」のセルフカバーともいえるようなインストバージョンの曲を収めている。 タイトルは「Jungle Jazz」。
 私のお気に入りはこちらの方である。
 この曲、かなり強烈である。
 イントロから始まる超下品なフルートは鳥肌ものである。 そして反復するリフとワイルドなホーン。
 くどく、しつこく、下品である。 だがこの下品さが良いのである。
 このアルバム、他にも泥臭いディープファンクが満載で傑作アルバムだと思うのだが、何故か現在入手困難な状況のようである。



 






関連記事
 踊れるFunk 20選
 ヘビー級Funk 20選
 SOUL入門 定番の20選
 黒いJazzFunk 20選
 車内で聞きたいJazzFunk、SmoothJazz 20選
 甘茶ソウル20選


Soul・FunkTB:0CM:0

焼肉のタレを使ってみた。  【牛肉と茄子の炒め物】

2014/01/03(金) 03:26:22


022_20131224074621367.jpg

 焼肉のタレを貰った。
 一体、これをどう使おうか。 一人者の私が、部屋で一人焼肉と言うのはあまりに寂しすぎる。
 
 しかし、折角なので、これで簡単な炒め物を作ってみよう。

 牛肉と茄子の炒め物である。
 材料は牛小間と茄子。 これだけじゃ色が無いのでピーマンも少々。 これだけ。
 
 023_20131227083728edd.jpg025_20131227083732e8a.jpg

 茄子は一口大にカットし、さっと油で揚げる。 やや高めの温度の油にさっと通すだけでいい。

024_20131227083730094.jpg

 牛肉を炒める。 揚げた茄子と一緒になるので炒め油は控えめにしておいた方が良い。
 牛肉が炒まったところに、茄子とピーマンを入れ、軽く炒めてから焼肉のタレを入れ、全体に絡めて出来上がり。
 超簡単、手抜き料理である。

foodpic4361170.jpg

 普段、市販の調味料を買うことは無いのだが、折角貰ったので炒め物を作ってみたのだが、実はこれが素晴らしく旨い。 御飯のおかずにぴったりである。
 焼肉のタレは、焼き肉以外にも炒め物のソースとして使えるのである。

foodpic4361171.jpg

 牛肉と茄子の炒め物。
 国産牛小間肉、茄子、ピーマン、サラダ油、焼肉のタレ(市販品)




 新年 一曲目
I Want Your Love / Chic









 
 食   TB:0CM:0
ホーム全記事一覧

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。