オヤジの食卓

 Funkを聴きながら、食について考える。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

最新記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

オヤジ

Author:オヤジ
1963年生れ愛知県在住
元居酒屋店主
2012年3月、ブログに手を染める。
 

カウンター

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

味噌汁について考える。 

2012/07/31(火) 00:00:44

 日本人なら、味噌汁は毎日飲みたいという人も多いのではないだろうか。
 
 しかし、自分一人分の味噌汁を毎日作るのは面倒だ。

 近頃はインスタントの味噌汁でも随分旨い物もあるので、それで良いじゃないか、と言う人もいるだろう。
 勿論、それも良いだろう。 決して否定はしない。
 
 だが、インスタントは高いではないか!
 確か、1杯あたり4、50円。 上等なものだと100円近くつくのではなかっただろうか?
貧しきオヤジはそんな贅沢は出来ない。

 そこでオヤジ流、簡単味噌汁の作り方を公開しよう。
 
 簡単と言っても、最初だけは、少々手がかかる。

 まず普段使っている味噌を多めに鍋に入れ、少量の水を加えて火にかけ練り上げる。
 凡そ味噌と水と同量位だろうか。 まあ適当だ。 

001_20120511042513.jpg 002_20120511042513.jpg

つまりこの様な、半練り状の味噌を仕込んでおくのだ。

 味噌汁を作るのに一番面倒なのは、味噌を溶かし込む工程だ。
 しかし、このような半練り状に仕込んでおけば、出汁、又は水に流し込むだけですぐ溶ける。
 後は、好きな具を入れ、沸かすだけだ。

 もっと、手っ取り早い方法を教えよう。
 乾燥した、味噌汁の具と言うものが売っている。
 半練り状の味噌を直接椀に入れ、乾燥味噌汁の具をパラパラっと…。 そして熱湯を注ぐだけだ。
 まさにインスタント味噌汁と同じだ。

003_20120511042512.jpg 005_20120511042512.jpg

 近頃市販されている味噌は殆どが出し入りなので、出汁は必要ない。
 出しの入りでない味噌を使う場合、味噌を練り上げる時に出しの素を入れておけば手間は無いが、出来れば、出汁の素はお湯を注ぐ前に味噌と一緒に椀に入れた方が良い。 その方が味噌が腐り難い。

 と言っても、半練り状の味噌は、普通の味噌汁より遥かに塩分濃度が高いので、密閉して冷蔵庫で保存すれば、かなり日持ちがする。 
 具体的な日数は、出し入りの味噌を使うか、出し入れでない味噌を使うか、練り上げる濃さ、で変わってくる。 それに、それぞれの家庭で衛生環境が違うのではっきりとは言えないが、私の経験値から言えば、1週間~2週間以上は保存可能だ。


 この手法は一般家庭より、寧ろ飲食店を営んでいる人が知ったら、絶対に真似したくなるのではないかと思う。
 何しろこの手法を思い付いたのは私が店を営んでいた時だからだ。

 いわゆる食堂や定食屋の様な店なら、最初から、味噌汁自体を仕込んでおけば良い。
 しかし、居酒屋のように酒を主体で売る店では、味噌汁を作っておいても1日に一杯も売れない事も在るので作り置きは妥当でない。 寸胴に入れ冷蔵庫で保存しても邪魔になるだけだ。

 にもかかわらず、稀に我儘な客がいて、「オヤジ、味噌汁作ってちょうすか」などと、のびのびと言ってのける客が居るのだ。

 「味噌汁だと? 味噌汁なんか飲むくらいなら、ビールか酒を飲め!」と言いたいところだが、いくら客に不親切な店とはいえ、さすがにそこまでは言えず、「面倒臭いことぬかしやがって…」等と思いながら、仕方なく味噌汁を作り始めるのだ。
 ところが味噌がなかなか溶けない。 それもその筈、ただでさえ暇な店、味噌汁等注文する客は稀にしかおらず、味噌が冷蔵庫の片隅ですっかり固くなってしまっているのだ。 
 「ああ、全く手間がかかるものを注文しやがって、 覚えてやがれ!」と、考え出したのがこの手法だ。
 
 手抜き居酒屋と言っても、出汁だけは毎日取っていたので、半練り状の味噌を仕込んでおけば簡単に出汁に溶かしこむ事が出来き、一人前の味噌汁も簡単に出来るというわけである。
 
010_20120511042511.jpg
 
スポンサーサイト
 食   TB:0CM:1

ソーセージとレタス炒め。

2012/07/30(月) 00:00:54

 ブログを始めたのを切っ掛けに色々食材を買い込んでも、一人暮らしだとつい、使い切れずに悪くしてしまう事がある。
 レタスも今日食べきらないとヤバイ。

 レタスは生で食べるのが普通だが、炒めても旨い。

 レタス炒飯なんてものも流行ったが。

 レタスを炒める時のコツは、洗った後の水分をよく切ること。 調理する事前に洗ってザルに上げ、しばらく置いておくと良い。
 少々面倒だが、ただでさえ水分の多い野菜なので、余分な水分は確りと切っておかないと炒まるまえに煮えてしまう。

 油を敷いてソーセージを焼き、ソーセージが焼けたら、火力をトップにして、レタスを放り込む。
 炒めるというより、フライパンの中で1、2回煽り、熱した油をレタスに絡めるだけである。 
 塩はしない。 塩をすると浸透圧でレタスの水分が抜けてしまう。
 
 皿に盛り、ブラックペッパーとケチャップで食べると旨い。

005_20120509045845.jpg
 レタスは炒めると1/3位の量になってしまう。
 食   TB:0CM:0

 醤油について考える。 【万能ソース】

2012/07/29(日) 00:00:06

以前、醤油は万能調味料と書いたが、私は醤油ほどの万能調味料は他にあり得ないと思っている。

 目玉焼きには醤油をかけるべきかソースをかけるべきか、コロッケには醤油かソースか? という問題は議論の付きないところだが、人それぞれ好みが在り、どちらかに制約されることではない。

 しかし、カツやフライ等、ソースをかけるべき料理に間違えて醤油をかけてしまったとしても、料理が台無しになる事は無い。 好みとは違うかもしれないが、食べれなくなることは無い。

 ところが、醤油で食べるべき刺身や冷や奴に、間違ってソースをかけてしまった場合、これはどうにも食べられない。

 焼きそばなら、ソースでも醤油でもいける。
 しかし、私は以前に記事で、茹でたそばに醤油をかけたでけでも旨いと書いたが、そばに間違って、ソースをかけてしまった場合、これはそばを台無しにするどころか、ナポリタンにソースをかけて食べたオヤジと一緒で、もはや破壊である。 絶対に食べる事は出来ない。

 おそらく醤油はどんな食材とでも組み合わせが可能だと思う。
 テーブルソースとして食卓に置いておいても、和洋中どんな料理もかける事が出来る。

 少し前に創作居酒屋等で流行った、チーズ奴と言う料理が在る。
 これはクリームチーズを奴に切って(奴に切るとは四角く切る事である。)、出汁で割った醤油をかけ、刻んだ青ネギと花かつおをトッピングしたものだが、一見普通の冷や奴に見えるのだが食べたらチーズだったという、奇をてらった料理だ。
 ところがチーズと醤油が何故か合う。 チーズにウスターソースはどう考えても合わないだろう。 やった事は無いがそれくらいは想像できる。

 塩分濃度はおそらくウスターソースの方が低いだろう。 しかし、野菜と香辛料を煮込んで作られたソースは味も香りも強く、場合によっては食材、料理と反発する。
 しかし、醤油は大豆と麦を原料にしているが原材料の味はしない。 風味と旨み成分(グルタミン酸)だけを理想的に引き出した。 万能旨みソース であろう。

 調理法に困った場合、取りあえず、焼く、茹でる、揚げる、蒸す等すれば、後は醤油をかけて食べられる
 。
  料理は面倒だというオヤジ連中も、取りあえず醤油さえ用意しておけば何とかなるはずだ。

★楽天で美味しい醤油を探してみては?★
 醤油なら、アマゾンにも色々あるがね♪

 食   TB:0CM:0

夏バテ防止に。  【豚肉の生姜焼き】

2012/07/28(土) 00:00:19

 昨日は土用の丑だったが、貧しきオヤジは当然鰻など食べる事が出来ない。
 元々、鰻はそれほど好きでもないので、どうだっていい。
 土用丑だから、安いからといって、中国産の冷凍鰻を食べるのだけは御免である。

 スーパーの店頭を覗けば大変な事に成っていた。 豚バラ肉を長く切って焼いた『豚肉の蒲焼』なる料理が売っているではないか!?

 豚肉の蒲焼だと?!

 豚肉の蒲焼等という料理は聞いた事が無い。 それを言うなら、豚肉の照り焼きだろ!

 蒲焼とは魚料理に対して使うネーミングである。
 自分たちの都合で日本の食文化を無理やり捻じ曲げるのは辞めて頂きたい。  



 ところで、普段、肉はあまり食べない私だが、決して嫌いでは無い。 単に肉より魚派と言うだけの事だ。

 確かにビタミンB1の豊富な豚肉は夏バテにも効きそうだ。

 豚肉の代表的料理と言えば、とんかつ、生姜焼きではないだろうか。
 今日は生姜焼きを作ろうと想う。 本当は自宅では揚げ物や炒め物は極力作りたくないのだがたまには良いだろう。
 
 それでは調理にかかろう。
 まず生姜焼きのタレを用意しよう。 調合は簡単だ。 醤油3、味醂2、酒2の配合で合せ、すりおろしたたっぷりの生姜と少量のにんにくを加えて出来上がり。 多めに作って瓶に入れ保存することも可能だ。

001_20120705073239.jpg 004_20120705073239.jpg

材料は豚肉と玉葱。 豚肉はロースを使った。 生姜焼きと言えば、大抵はやや厚めにスライスしたロースを使うのが一般的だが、どの部位を使うかは、それぞれの好みで良いと想う。 脂っこいのが好みならバラ肉のスライスでも良い。 安くあげたいなら豚小間でも良い。
 貧しきオヤジは、本当なら豚小間を使いたいところだが、折角ブログにアップするのならと、清水の舞台から飛び降りる覚悟でロースを買った。

 豚肉は下味はせずにフライパンで焼く。
 肉にほぼ火が通ったところで、5mほどに刻んだ玉葱を投入。 
 玉葱が半透明に成ったところで生姜焼きのタレを投入。 ソースを投入する時は必ず火力はトップにし、手早くフライパンを返し、肉にタレを絡めて出来あがり。 玉葱の炒め過ぎは禁物である。
 肉が余程厚切りで無いかぎりは、火力は最初から最後まで強火で良いはずだ。

 肉を焼く時は弱火で時間をかけて焼くと肉が硬くなる。 焦げ付かない程度に最短で肉が焼けるように火力を調整するのが基本である。 薄切り肉の場合は火力は終始トップのままでOKだ。

009_20120705073238.jpg
011_20120705073238.jpg
 豚ロースの生姜焼き。 水菜と水耕葱(万能葱)を添えてみた。







 食   TB:0CM:0

 あんかけパスタについて考える。  【これぞB級グルメ】

2012/07/27(金) 00:00:49

 以前、名古屋メシの鉄板ナポリタンについて書いたが、名古屋にはもう一つオリジナルのスパゲティ―がある。
 あんかけスパゲティーだ。 一般にはあんかけスパと言われている。

 今日の昼はあんかけスパを食べた。

 昼食に750円は私にとって大金だが、ブログのネタ探しも兼ねて一大決心をした。

 あんかけスパとは、どんなスパゲティ―か?
 言っておくが、決してあんこがのっている訳では無い。

 ソースが片栗粉でとろみを付けたような、餡になっているのだ。
 つまり、あんかけうどんとか、中華の餡のように。
 しかし、味はトマトベースだ。
 
 色々と、お店のホームページ等を調べると、この特徴的なソースはジャガイモ含む数種の野菜と肉を数日間煮込み、裏ごしして作るのだそうだ。
 なるほど、単純にトマトピューレに片栗粉でとろみを付けたわけではないわけだ。

 名古屋にはこのあんかけスパを提供する店は何軒もある。
 味は店によってそれぞれであるが、特徴的なのはスパイスが良く利いていて、味もしかっりと濃い。 もう一つの特徴が麺が炒めてあることだ。
 私はこのサイトで常々、パスタは炒めるべきでは無いと書いてきたが、このあんかけスパに関しては炒めるのが正当スタイルで、どの店でも麺は炒めているようだ。
 そして、麺が極太だ。
 オイル系の軽いパスタは細麺、ミートソース(ボロネ―ゼ)のように濃くヘビーなソースは太麺という、基本を周到している訳だが、この太さの麺をツー・オーダーで茹で始めていたのでは、茹であがりに15分近くかかるだろう。 そこで、予め茹で置きした麺を、ツー・オーダーで炒めるスタイルにしているのではないかと、勝手に解釈した。 あくまで私の勝手な解釈で、何処のサイトにもそんな事は書いて無い。

 しかし、私が子供の頃食べていたスパゲティ―は大抵炒めたものだった。 イタリアンの専門店も無く、おそらく茹で揚げという概念が無かったのだと思う。 
 焼きそばのように麺を炒め、ケチャップで味を付けたパスタをイタリア料理と思いこんでいた。 もっともクソガキだった私はイタリアが何処にあるのかも知らなかったが…

 当時はパスタのボイルマシンも無く、パスタ専門店でも無いのに、常に釜に湯を沸かしておくのは邪魔くさい。 さりとて、注文が通ってから、鍋に湯を沸かしていたのでは時間がかかり過ぎる。
 そこで、茹で置きの麺を炒めて提供するというスタイルが考え出されたのではないだろうか? 
 ならば、茹で置きでも麺が伸びにくく、炒めてもちぎれ難い太麺が良い。 理にかなった選択だと思う。

 油で炒めたパスタはレトロな感じでどこか懐かしい味がする。
 しかも、多くの店がラードを使って炒めているようである。
 バターならまだ解るが、何故にラードだ?! いかにも昭和っぽいと言うか、貧乏くさい。 
 これは、かなり高カロリーのパスタだ、しかも量も多い。 下の写真でMサイズだ。

 このあんかけパスタは、何処の店でもトッピングを色々と選べるのが特徴だ。
 トンカツやフライをトッピングして食べているツワモノも居るが、虚弱体質で胃弱のオヤジにはそんなヘビーな物は絶対に食べられない。

 シーフードを食べたのだが、夕方まで胃がもたれてしかたがなかった。 
 しかし、それでも、たまに無性に食べたくなる、中毒性の高い危険なスパゲティ―だ。
 
 油で炒めた太麺に、とろみの付いたスパイシーで濃いソースは、まさに名古屋人好みの味だと思うが、他地域の人に、この味はどうだろうか? とおもう。 それぐらい個性の強いスパゲティだ。 事実、東京に進出した店の多くがその後撤退している。 

 まさに、これぞ地域限定B級グルメだ。

002_20120508083521.jpg

 
 食   TB:0CM:0

 そばに付いて考える。 

2012/07/25(水) 05:40:46

011_20120508044621.jpg

500グラム97円のそば。 

 安い。

 温かい かけそばにするつもりで買ったのだが、暑かったので冷たく食べることにした。
 しかし出汁が無い。 そば出汁を作るのは難しくないが冷やすのが面倒だ。 出汁が冷えるまで待っていられない。 買いに行くのも面倒だ。

 面倒なんで、そのまま醤油をぶっかけた。
 大根おろしと、天かす(揚げ玉)、海苔、ネギをトッピング。

 何とも貧乏くさい。 いや、貧乏だ。

 こんな醤油をそのまま掛けたそばが旨い訳が…


 …!




 う、旨いがね…! 

 どえらゃあ、旨いがね!


 とまあ、少々大袈裟だったが、醤油と大根おろしだけでも充分旨い。
 
 いわゆるそば出しというやつは甘口のものが多い。 この醤油をかけただけのそばは、そば本来の味が良く感じられる。 これは良いかも。

 考えてみれば、水そば、塩そばという食べ方がある。 そばの味をそのままストレートに味わう食べ方だが、それと似ているのではないか?

 そば本来の味等と書いたが、実は500g97円のそば等は、そばもどきと言っても良い商品だ。
 そば粉は僅かで殆どが小麦粉である。 そんな事は重々承知である。 それでもそばを食べている気がする。

 というより、難しいタレや、ソースを考えなくとも、取りあえず醤油をぶっ掛けておけば、殆どどんな食材でも食べられるという事に改めて気付かされたのだ。

 醤油。 まさに、恐るべし万能調味料。

008_20120508044840.jpg
 食   TB:0CM:0

 美について考える。  【グリーンとパネル】  

2012/07/25(水) 00:00:43

 生涯独身で過ごす、人が増えているらしい。 それでなくとも、核家族化で高齢者の一人暮らしが増えている。
 若い方や、女性の一人暮らしは良い。 特に女性の場合は、ペットを買ったり、カルチャースクールに通ったり、シングルライフを積極的に楽しめる人が多い。
 だが、オヤジの一人暮らしは、侘しく、すさんでいる場合が多い。 
 
 定年等で仕事を失うえば、家の中で過ごす時間が長く成る。 そんな時、余りすさんだ部屋で過ごすのは精神衛生上良くない。
 一人暮らしはうつに成りやすい。 うつになると、部屋が片付けられなくなる。
 だが、これは悪循環で、すさんだ部屋に住んでいるからこそ、うつに成る場合が多い… らしい。

 部屋の中は明るくし、整理しておいた方が良い。 

 精神上の問題はさておき、部屋の中でも美を求める僕は、あまり生活臭の感じる部屋には住みたくない。
 缶ビールの空がテーブルに乗ったままだったり、空になったボトルが転がっていたりするのは、ある意味一人暮らしの男の部屋としては、ワイルドで絵になる風景だ。

 しかし、食べた後のカップ焼きそばの容器が、テーブルに置いたままなのはいかんせん。 まさにオヤジっぽい、どうにも絵にならない。 ハードボイルド小説の主人公の部屋では絶対あり得ないシュチエ―ションである。
 食べ終わったカップ焼きそばの容器は速やかに片づけた方が良い。

 いや、美を意識するなら、カップ焼きそばなどは食べてはいけない。 せめて、カップラーメンにしておきたまえ。
 
 『カップ焼きそばも、カップラーメンも同じじゃないか!』

 いや、カップ焼きそばと、カップラーメン、美的センスを比べればかなり違う。
 このセンスは判る人には判るいが、判らない人には判らないだろう。


 冗談はさておき、賃貸のアパートに住んでいる場合は、勝手に部屋の内装を変える事は出来ない。
 それでもセンスの良い、生活臭の感じない部屋に住みたい。
 最低限必要なのは、グリーンとパネル、そしてライティング。 これだけで部屋の雰囲気がかなり変わる。
 ライティングに関してはまた別の機会に書く事にして、今日はグリーン(観葉植物)とパネルについて、少しだけ簡単に書くことにした。

031_20120507062913.jpg 011_20120507062928.jpg
*写真をクリックすると大きくなります。

植物の世話をするのは面倒と思う人のいるかもしれないが、観葉植物は全く面倒では無い。 寧ろ世話を焼き過ぎると失敗する。
 僕も最初の頃は何度か失敗したが、結局、枯らしてしまう原因は水のやり過ぎなのだ。 観葉植物の場合、忘れた頃に水を与えるくらいでちょうど良い。

 そして、パネルだが、暑苦しい油絵や、バブル期に流行った高価なリトグラフを飾る必要は無い。
 写真のパネルは100円ショップ(ダイソー)で買ったパネルにネットから拝借した写真を入れただけである。

009_20120507062913.jpg 007_20120724230449.jpg
 
 僕は趣味でイラスト制作もしているので、自作の画が壁を埋めているが、必要以上にパネルを並べすぎるのは美しくない。(写真左)

  映画好きで、映画のポスター等を部屋に貼っている人もいるが、あまり大きなものより。 小さな物をパネルに入れ、さりげなく配置した方がお洒落である。
 写真右はネット上から拝借した古い映画のポスターを、A4サイズで印刷し100円ショップで買ったパネルに装てんした物。 A4用紙一杯に印刷するのではなく、周りに余白を残して印刷した方が見栄えがする。 しかし、これは著作権の問題に触れるのだろうか? まあ、これで金儲けしようという訳じゃないから良いだろう。
 
 一人暮らしを楽しむなら、部屋の中でも美を意識したい。 
 美に無頓着になったとき、それは本物のオヤジ化が始まった時だ。
 
 生活TB:0CM:2

 モヤシとハムの中華風酢の物

2012/07/24(火) 00:00:26

 やはり、モヤシが安いので買ってきた。

 我が家の近くのイオン系スーパーではモヤシは年中1袋9円で売っているのだ。

 今日は中華風の酢の物にしよう。

 塩を入れた沸騰した湯にモヤシを茹でる。 野菜を茹でる時は湯はたっぷり在った方が良い。 モヤシは決して茹で過ぎない事。 お湯に入れて15秒位だ。 ザルに上げる寸前に、カットしたニラも入れた。

 茹でたモヤシは直ちに水で冷やす。

 胡瓜とハムを刻む。
 胡瓜はモヤシとのバランスを考えて、細長く切ると良い。

 強く絞ぼったモヤシとハム胡瓜をボールに入れ、塩、胡椒、醤油、味の素、酢、一味、胡麻油を混ぜて味を付けて、出来上がりだ。


 モヤシは水分の出やすい野菜だ。 シャキシャキしたモヤシの食感を味わうには食べる寸前に味を付けた方が良い。 

005_20120506050702.jpg
 食   TB:0CM:0

 ツナと大根おろしのパスタ

2012/07/23(月) 00:00:53

 オヤジの食卓ではパスタの登場回数が多いが、やはり安くて手っ取り早いからだろう。

 今月も苦しく、食費を押さえなければならない。

 パスタを塩を入れた湯で茹であげ、オリーブオイル(ガーリックオイル)を振り、塩、コショー、醤油少々を絡めて味を付け、ツナ缶と、たっぷりの大根おろしを乗せ、海苔をとッピンングしてみた。

 う、旨い!!

 これはまさに日本人向きの味。
 しかも簡単だ。
 これなら、レモンを少々絞って、冷製パスタでもいけるかもしれない。

 ツナ缶はノンオイルタイプの物を使った。 普通のオイル漬けの缶を使う場合は、オリーブオイルはほんの少し香り付け程度に垂らせばよい。 

 何度も言うが、パスタは決して炒めない。 お湯を切ったら、もう一度鍋に戻し、温かい内に味を絡めるだけだ。

012_20120505142812.jpg

関連記事
 ほうれん草とベーコンのパスタ  
 食   TB:0CM:0

 ハム、ソーセージについて考える 【日本の食文化とは?】

2012/07/22(日) 00:00:17

017_20120504113120.jpg

安かったので買ってみた。 一本178円だったか…

 チーズリオナ。 チーズとハーブが入っている。
 少しかじってみたが、今一つだ。 原材料を見ると、豚肉以外に鶏肉が混ざってる。
 
 「なんで、ソーセージに鶏肉が!」

 まあ仕方が無い。 値段が値段…。 魚肉さえもソーセージにしてしまう日本だ。

 昔、私がガキの頃、ハムとは淵が赤く着色された物が普通だった。 近所の中華屋さんで冷やし中華なんぞを注文してもあの淵が赤いハムを刻んだ物が乗っていた。
 あれは、チョップドハムと言って、日本で考え出されたものだ。 ハムというよりソーセージに近いのではないかと思うのだが、ハムと言い張るのだから仕方が無い。
 
 チョップドハムはくず肉を押し固めて形成した、いわゆるハムもどきである。 しかも昔は今のように原材料表示が厳しく無かったから、何の肉が混ざっていたのかも判らない。
 しかし、ガキの頃はハムはそれしか知らなかったから、それを旨いと、食べていた。
 日本も貧しい時代が在ったのだ。 近頃は、あの淵の赤いハムも姿を見かける事が少なく成った。  

 ハムもどきと言えば、日本にはもどき商品が多くある。 もっとも代表的なのはがんもどきだ。 既に名前に「もどき」が付いているくらいだ。
 がんもどきは精進料理で肉の代用として考え出されたと言われている。 雁の肉に似ているから、がんもどきと命名されたとか…。
 それ以外ではカニカマも代表的だ。 少し前の回転鮨屋では人造イクラやニセ数の子(シシャモの卵等を形成したもの)を回している店が多かったが、食品の表示義務が厳しく成ったのと、本物志向の影響でそれらも姿を消した。 
 しかし、回転寿司で回っているネギトロは、今でももどき食品だ。 マグロ(マグロ以外の魚が混ざっている場合も多い)の屑をペーストにして、食用油を混ぜ込んだもので、私には不味くてとても食べられない。

 近頃、農林水産省を中心に日本料理を世界遺産にしようという動きが在るようだ。
 確かに、日本には古くから続く伝統的食文化のスタイルが存在する。 しかし、その一方で、インスタントコーヒーやインスタントラーメン、化学調味料を考え出したのも日本人である。
 それら日本で生み出せれたインチキ食品は、もはや世界を席巻している。 インスタント食品こそが日本の食文化ではないのか?


 いやはや、ソーセージの記事を書くつもりがまた脱線してしまった。 申し訳ない…。

 さて、ソーセージだが、チーズが入っているというものの、あまりチーズの味がしないので、冷蔵庫の片隅にあった、スライスチーズを乗せてみた。 ついでに使いかけのアボカドも乗せ、ガーリックオイルを垂らしてみた。

010_20120504113120.jpg

 今までなら、我が家でこんなママゴトみたいな料理は絶対やらなかった。 ソーセージなんか丸かじりだ。
 だがこのブログを切っ掛けに写真を意識するようになり、ちょっと遊んでみた。
 カイワレを自家用に買ったのはおそらく初めてではないだろうか。



 
 食   TB:0CM:0

超一級のスパイ小説 【トマス・ハリス著 ブラックサンデー】

2012/07/21(土) 00:00:54

 トマス・ハリス著 ブラックサンデー

 随分昔に書かれた小説だが、私がこの本を読んだは去年の事である。
 ブックオフの105円コーナーで見付けたのが手に取る切っ掛けだった。

 まずトマス・ハリスと言う作家についてであるが、彼の名前は知らなくとも、その作品名は多くの人が知っているのではないだろうか?
 アンソニー・ホプキンス演ずる、精神科医ハンニバル・レクター博士の個性が強烈に印象的であった、映画「羊たちの沈黙」は多くの方が御存じだと思うが、この原作である同名小説の作者がトマス・ハリスだ。

 レクター博士が登場する作品は「羊たちの沈黙」を含め、4作在るのだが、彼の作品はそれらの4作品と、今回取り上げた「ブラックサンデー」を含め、全部で5作品しかない。
 しかし、その全てが映画化され、特にホプキンスが演じた【狂人ハンニバル・レクター】と言うキャラクターは映画ファンなら誰でも知っていると思う。

 反面、その作品数の少なさからか、原作者のトマス・ハリスは今一つ知名度が低いようにも思える。
 私は彼の作品は全て読んだのだが、その才能は、彼が生み出したキャラクター【レクター博士】以上に強烈だ。 彼の文章には凶器さえ感じる
 彼の作品、ハンニバル・レクターシリーズには残虐なシーンが多く登場するが、その全てが理にかなっている。 登場人物が残虐な行動に至るまでの背景や、精神状態が緻密に描かれており、全く隙が無い。 
 だからこそ、彼の作品には戦慄すべきリアリティーを感じるのだ。

 さて、トマス・ハリスの作品の中で唯一【レクター博士】と関連が無い作品が「ブラックサンデー」だが、簡単に説明すればパレスチナのテロ組織とイスラエルの諜報機関が戦うスパイ小説だ。
 しかし、その舞台はアメリカで、この小説に登場するテロ組織「黒い九月」は実在組織である。 その実在テロ組織の背後関係や性格は、作家が元新聞記者だけ在って実に緻密描かれている。 それだけでも充分リアリティ―が在るのだが、その実在テロ組織がアメリカで大規模テロを企てようというのだ。
 そして、その計画がなんと、大量の爆弾を積んだ飛行船で、8万人が集まるフットボールのスタジアムに突っ込むというものだ!

 この私の説明で、多くの人がピンと来たのではないだろうか。 そう9.11のテロ事件だ。
 しかし、この作品は9.11のテロ事件をヒントに書かれたのでは無い。 この本が書かれたのはそれより25年以上前の1975年である。
 70年代は確かに世界中でテロ行為が頻発していた時期である。 日本では連合赤軍が暗躍した時代だ。
 それでも、当時の読者なら、爆弾を積んだ飛行船がスタジアムに突っ込む等というような大規模テロ行為は比現実的であり、そんな事態は、まさに小説の世界でしかあり得ないと思いながら読んでいたのではないだろうか?
 しかし、2001年9月11日、小説や映画さえも上回るようなテロ事件が現実に起きてしまったのだ。
 
 9.11事件後にこの小説を手に取った読者は、否が応でも9.11事件とこの小説を重ね合わせる事になるであろう。 そして、より一層のリアリティーと戦慄を感じることになるはずだ。

 トマス・ハリスは9.11のテロを予知していたのだろうか?
 いや、作家としての想像力を膨らませただけであろう。
 だが、彼は単に誇大妄想でこの作品を書いたのでは無いだろう。 我々には理解しがたい、自分の命を犠牲にしてまでのテロ組織やテロ行為の実態に鋭く切り込んでいる。
 正常な人間が狂気に変わって行く心理描写はハリスの得意とするところで、非常に説得力がある。

 私はこの本を読んでから、テロ組織に関して興味を持ち、テロ関係の書籍にまで手を付ける羽目に成ってしまた。

 この作品には、アメリカ、イスラエル、パレスチナの国際事情にまで及ぶ、ポリティカルで社会的な面もあるが、テロ組織を、イスラエルの諜報機関とFBIがタッグを組んで追い詰めていく過程は、緊張感と手に汗握るアクションシーンで、スパイ小説としてのエンターテーメント性は超一級である。 
 綿密な取材を重ねて書かれたであろう背景描写と、作家の研ぎ澄まされた才能と想像力の高さに、圧倒的な質の高さを感じる作品だ。


 この作品は1977年に映画化されたのだが、残念ながら日本では劇場公開はされなかった。
 「上映すれば映画館を爆破する」と脅迫が在ったために上映を断念したらしいが、テロと戦うストーリーのはずが、結局テロに屈したという、皮肉な結果に成ってしまった。

 しかし、日本ですら脅迫事件に成ったというこの映画、原作者のトマス・ハリスには全く脅迫が無かったのだろうか?
 当然、脅迫まがいの事件が無かったとは考えにくい。
 
 実在テロ団体の名前を上げて、これほどの作品を書いたハリスは、脅迫も想定内の覚悟で書いたのではないだろうか。

 いやはや、タフな作家である。

ブラックサンデー (新潮文庫)ブラックサンデー (新潮文庫)
(1979/03)
トマス ハリス

商品詳細を見る


  
 

 
 
 
本・文学 TB:0CM:0

モズク乗せ奴

2012/07/20(金) 00:00:48

015_20120503113940.jpg

 奴にモズクを乗せてみた。
 胡瓜のスライスと生姜。 ポン酢をかけただけだ。

 粗食こそ美食


さっぱりした料理にはこってりしたJazz Funkが合う。
 豆腐を摘みにこれでも聴きたまえ。


LiveLive
(1994/11/16)
Jack Mcduff

商品詳細を見る



芸能人使用アイテム多数!アイスウォッチ

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】

 食   TB:0CM:0

鮎の甘露煮

2012/07/19(木) 00:00:01

011_20120713225612.jpg

 鮎を買った。 一尾100円の鮎を4尾。 
  一尾100円だけあって少々小ぶりで在る。 これを甘露煮にしようと思う。
 サイズ的には甘露煮にちょうどいいサイズだと思う。

 いつもは手抜きスタイルの料理を紹介しているが、この料理は手抜きスタイルでは仕上げる事が出来ない。
 時間が掛かる事だけは覚悟して頂きたい。
 

 まずは鮎を素焼きする。
 素焼きするのは鮎の水分を抜く事で、骨まで軟らかくする事と煮崩れを防ぐのと、味を染み込みやすくという意味が在る。

 通常、魚を焼く時は表にする方を先に焼くのが原則だ。 これは表に成る方を奇麗に仕上げる為である。
 しかし、家庭用魚焼きグリル、特に我が家の魚焼きグリルは上火であるために、引っくり返した時に身に傷がつかない様に裏側から焼く事にした。

 焼いている時に尾びれが燃えてしまうと見栄えが悪くなるので、燃えないように尾びれにアルミホイルを巻いた。 自家用なのでここまでする必要も無いが、写真に撮った時の見栄えを意識して尾びれだけはアルミホイルを巻いた。 完璧な完成度を目指すなら背びれ腹びれにもホイルを巻くのが理想である。

  水分を抜く事が目的なので弱火でじっくり30分くらいかけて焼くのが理想だ。

013_20120713225612.jpg 014_20120713225611.jpg

鮎を焼いたら、鍋に移し替え、鮎を煮付けていく。
 通常、甘露煮と言えば、水飴を使って煮るのだが、たかだか4尾の鮎を煮るのに水飴を一瓶買っても半分以上余ってしまうのでグラニュー糖を使ってい煮ることにした。

 鮎の甘露煮を作る際は山椒の実(瓶入りの佃煮)を一緒に入れて煮ると旨いのだが、用意出来なかったので生姜と一緒に煮ることにした。

 たっぷりの酒と被るくらいの水を入れ、醤油とグラニュー糖、お茶のティーバッグを一袋入れた。 お茶葉を入れるのは骨まで軟らかく煮る為である。

021_20120713225611.jpg 022_20120713225610.jpg

アルミホイルを落とし蓋代わりにし、弱火でじっくり煮ていく。 煮汁が少なくなったら、途中で水を足して焦げ付かないようにし、2時間以上は煮て頂きたい。

 骨まで軟らかくなったかを確認する方法は、頭の部分を指先で押してみて簡単に潰れるようであれば大丈夫だと思う。
 焼くのに30分、煮るのに2時間半、合計3時間。 それくらいの時間は覚悟してほしい。

024_20120714224447.jpg

 2時間半煮た状態。 直ぐに皿に移すのは禁物である。 何故なら温かい内は身が崩れやすいのでむやみに触らない方が良い。 
 在る程度冷めてから皿に盛る。 甘露煮は冷えている状態(常温)で提供するのが普通の料理である。

027_20120713225610.jpg

 水飴を使っていないので、煮汁もさらりとしていて、甘さ控えめの味に仕上がっている。 これは私の好みの味で仕上げているが、味付けはそれぞれ好みでやって頂きたい。


 とにかく頭からかぶり付いても、全く骨が気にならない事が甘露煮の条件で在る。

 時間が許すなら、初日に一時間以上煮て、一晩寝かせ、翌日さらに一時間以上煮るという方法が理想である。



 
 
  
 食   TB:0CM:0

錦糸卵を動画で伝授

2012/07/18(水) 00:00:25

 前回、オヤジ流冷やし中華を紹介したが、冷やし中華と言えば、やはり錦糸卵が必要ではないか。

 最近お店で冷やし中華を注文しても、錦糸卵の代わりに茹で卵が乗っていたりする。 随分がっかりだ。
 又は、既製品の冷凍錦糸卵が乗っかている場合も在るのだが、これも卵の中に混ぜ物がしてあるので美味しくない。
 いやはや、近頃のコックちゃんは錦糸卵も焼けねぇ―のかよ… と思ったりするのだが、メニューを見れば仕方が無い話だと思う。 余りにもメニューが多すぎる。 これでは全てを手作りなんて、やっていられすはずが無い。 しかも厨房を覗けばどう見てもアルバイトのような連中ばかりだ。

 そんな訳で、錦糸卵の焼き方を動画に撮影したのでそれを公開しようと思う。
[広告] VPS

1. 卵をボールに割り、良く溶いておく。
2. フライパンを熱して油を極薄く引く。
3. 卵を流し込み、フライパンを傾けるなどして、全体的に卵を薄く広げる。 卵を流し込んだ瞬間、ジュ―ッと音がしているが、この音が肝心である。 音が全くしないようではフライパンが熱くなっていない。 また、バチバチと激しい音がする場合はフライパンが熱すぎるのだ。 しかし、火加減は強火で良い。
4. 余った卵はボールに戻す。
5. 強火のままフライパンを傾け回し、淵の方を焼くようにする。
6. 焼けてくると、淵の方が自然にピラピラと剥がれてくはずだ。 そこを指先でつまんで素早くひっくり返す。
7. そのまま皿にひっくり返して取りだす。
8. 繰り返し焼いて行く。

 卵2個で、薄焼き卵3枚焼く事が出来た(28㎝フライパン使用)。
 26センチのフライパンなら、卵1個で薄焼き2枚焼くのが理想だ(それくらい薄く)。
 使わない分はラップに包んで冷凍保存しておくと良い。

 簡単であろう。 肝心なのはフライパンの温度だけだ。 特にテフロンのフライパンの場合、フライパンが充分温まっていないと、卵がフライパンに張りつかず流れてしまう。

 フライパンの温度を確認するには、油を引いた時に薄い煙が立つくらい。 または、菜箸で卵を少々垂らし、「ジュッ」と音が発つかで確認する。

003_20120525084750.jpg
 刻んで錦糸卵にした物。
 
 食   TB:0CM:0

冷やし中華について考える。 【市販の麺つゆを利用する】

2012/07/17(火) 00:00:51

 冷やし中華が好きだ。

 スーパーに行けば色々なメーカーの麺が並んでいる。
 だが、スープと言うか、タレが美味しくない。
 なので麺だけを買って、スープは自作している。

 しかし、麺だけと言うのはなかなか売っていないものだ。 4玉か5玉袋に入った物を買って、残りは冷凍保存している。 中華麺はそのまま冷凍しても殆ど品質変化は無い。 ただし調理する時は、冷凍のまま茹でるのが良い。

 さて、オヤジ流冷やし中華だが、スープを自作すると言っても、簡単である。
 勿論以前、このブログ内で紹介した冷やし中華スープの調合でも良い。 名古屋で冷やし中華を食べると大体これに似た味だ。 さらにマヨネーズを添えるのも名古屋流の特徴だ。
 しかし、これはスープと言うより、タレと言う感じの甘酸っぱい濃いスープで、スープ自体をゴクゴクと飲む事は出来ない。

 そこで、スープも飲むことのできる、さっぱりした冷やし中華を考えた。 しかも簡単だ。
 実は麺つゆを使うのだ。 市販されている和風の麺つゆだ。 銘柄は何でもいい、普段家庭で使っているもので良いが、しいて言えば、ざるそば用の少々甘めの物が合う様な気がする。
 
006_20120525073150.jpg

 さて、作り方だが、 濃縮タイプの麺つゆを、規定通りに希釈して、丼に用意する。 ストーレートタイプの麺つゆなら、そのままだ。 そこに芥子を溶かしこみ、酢と胡麻油を少々垂らし、氷も入れて、スープの出来上がり。
 そこに茹でた中華麺を入れ、好きな具材をトッピングして出来上がりだ。

 麺つゆも自分で作りたいという人は、出汁4:醤油1:味醂1を一旦煮立てて、冷ませば良い。
 ただし、しっかりと濃いめの出汁を取らないと美味しくない。

010_20120525073150.jpg
 こんな風にスープがたっぷり在る冷やし中華だ。 

 これを思い付いたのは、うどん屋さんで冷やし中華を注文したら、カツオ出汁のスープの冷やし中華が出て来たのだが、これがスープもたっぷりあって非常に美味しかった。 そこで、その味を再現してみたのだ。

 そう、実は自分で考えたのでは無く、マネをしただけである。

 だが、これが旨いのだ。
 食   TB:0CM:4

納豆メカブ豆腐

2012/07/16(月) 00:00:31

020_20120503091040.jpg

 納豆メカブ豆腐である。豆腐の上に納豆とメカブを乗せただけだが、私の定番料理でもある。

 豆腐は冷たいままで良いのだが、冬なら電子レンジで温めて使っている。

 粗食こそ美食、40後半にもなると本当にこういうのが良いのである。



 粘っこい納豆とメカブにはこんな音楽が合うだろう。

Ike Quebec - Loie




Bossa Nova Soul SambaBossa Nova Soul Samba
(2007/08/20)
Ike Quebec

商品詳細を見る

便秘・肌荒れ・ダイエットでお悩みの方の為の自然派由来のハーブティー☆★

芸能人使用アイテム多数!アイスウォッチ

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】




 食   TB:0CM:2

巻き寿司 【鮨屋にも、スーパーにも売ってない太巻きを作ろう】

2012/07/15(日) 00:00:16

 さて、今日は予告通り巻き寿司を作ろう。

 まずシャリに酢を合わせるのだが、写真の様な飯台を使う事が理想だ。 木が余分な水分を吸ってくれるのでシャリがべたつかない。そんなに高いものでは無い。
 飯台が無い場合はボールでも良いがなるべく大きい物、又は平たくて浅いバッドのようなものが良い。

024_20120503173434.jpg 022_20120503173433.jpg

 私は、自分一人分なら土鍋を利用している。 土鍋の良い所は蓋も付いていて、保温性が在る所だ。 寿司は人肌と言い、あまりシャリが冷え過ぎない方が良い。

  酢を合わせる場合はジャーで保温した飯では無く、必ず炊き立てを使う事。
 太巻き1本を作る場合、米約1合弱だ。

 正確には判らないが米1合分に合せ酢がレンゲに1.5杯~2杯くらいだと思う。 飯を切るように手早く混ぜ合わせる。 最初はベタベタした感じだが、シャリが冷めてくるに従って馴染んでくる。

 さて、シャリが冷めたら巻き寿司を作って行こう。かんぴょうやら、卵焼きを用意するのは面倒なので、マグロの切り出しを買ってきた。 切り出しと言っても、生なので解凍品の刺身より旨い。 これで250円位だったが使うのは半分くらいだ。

025_20120503173433.jpg 027_20120503173432.jpg

1. 巻きすの上に海苔を広げるのだが、太巻きの場合は海苔を縦に使う
2. 巻きすの手前の端と海苔の手前の端を合わせる様に置く。
3. おにぎり1個分くらいのシャリを手に取り、軽く手の中でまとめてから、海苔の手前半分に広げる。
4. もう一度、同じ量のシャリを手に取り、同じ様に手の中で軽くまとめてから、後ろ半分に、巻きしろを1センチ位残して広げる。 真ん中をやや薄く、後ろの端をやや高くしておくとよい。
5. さらに半分に切った海苔を乗せ、その上にほんの少量のシャリを張りつける。

029_20120503173432.jpg 030_20120503173943.jpg

6. 具を乗せる。 納豆、長いも、大葉、マグロ、そしてアボカドも盛った(好きな具材を盛りたまえ)。
7. 巻く。 両親指で、手前から巻きすを持ち上げ、残る8本の指先で具を抑え込むようにして巻いて行く。
8. 海苔の巻き口が下に成るようにして8等分に切る。
 まな板が少しでも濡れていると寿司が台無しに成るので、そういう場合はラップの上で切ると良い。

033_20120503173943.jpg

こんな風に巻けたら、大したものである。 
 最初は具が奇麗に真ん中に行かなかったり、強く巻きすぎると食感が硬く成るし、弱すぎるとばらける。 特に納豆と、山芋を使ったのは初心者には難しかったかもしれない。 強く巻きすぎると中身が出てきてしまうからだ。 切る時も注意が必要だ。

 しかし、巻き寿司は、巻こうと思えばなんだって巻ける。 マグロとキムチなんかも合うし、昨日の晩の残りの煮物や揚げ物だって巻き寿司に成る。
 何を巻くかはアイデア次第だ。 

アマゾンで飯台を見付けた! 
★飯台なら楽天にも在るがね★

 食   TB:0CM:0

 すし酢を仕込む  

2012/07/14(土) 00:00:09

 以前、鯖鮨の記事を書いたが、肝心な寿司酢の合わせ方を書かなかったので、今日紹介しておこうと思う。

 市販品の寿司酢はあまり美味しく無い。
 裏面の材料表示を見ると、何やら得体の知れないものまで一杯入っているのだが、何か味が薄い。 しゃびしゃびしている感じだ。 これを名古屋弁で表現すると「なぁにぃこれ、しゃびんしゃびんだがねぇ」という訳だが、そんな事はどうだっていい。

 寿司酢などそんなに難しいものでも無いはずだが、何故市販品があんなに美味しくないかが不思議だ。

 厳密には寿司酢の味も地域差が在るようだが、詳しい事は判らない。
 だが、市販の寿司酢よりは私のレシピの方が美味しいと思うのでそれを公開しよう。

 そう、今日は素人でも心配無い、ちゃんとした数字に成ったレシピだ。
 寿司屋業界からの猛反発を覚悟しての、とっておきの公開だ。

 まず酢だが、理想は米酢を使うことだが、普通の穀物酢を使っても完成品に格段の差が在る訳ではない。
 それほどの差が無いのなら、わざわざ値段の高い米酢を使わなくともよい。

 なので今回は普通の穀物酢を使って仕込む。

 まず配合だが、酢1合(180ミリ)に対し、砂糖145g、塩45g 味の素少々。 これだけだ。
 市販の寿司酢の裏面に表示されている様な訳の判らん物を入れる必要は無い。
 飯を炊き上げる時に、本格的に昆布も入れて炊くと言うなら、味の素も必要無い。 ただし、粉末の鰹出しは入れない事。
 
 分量の酢と塩、味の素少々を鍋に入れたら火にかけ、まず先に塩を溶かすこと。 塩が完全に溶けてから砂糖を入れる。 一旦沸騰させ完全に溶かす事。 全部を同時に入れると、稀に塩だけ溶けずに残ってしまう場合が在る。 砂糖の量が多いので砂糖を溶かしこんだ後で塩を溶かそうと思っても溶けきらないのだ。

 冷めたら瓶に詰めて保存すれば常温でも腐る事はない。

 私は上記の量の2倍量で作って保存している。

 寿司は元来ファーストフードで、酢さえ仕込んでおけば、食べたい時に簡単にできる。 
 巻き寿司なんかは慣れれば、おにぎりより簡単だ。

 私はキッチンに立ったまま、ビール片手に自分で握りながら手っ取り早く食事を済ませることも在る。

 寿司に関しても以後、色々書いて行くつもりなので、自宅で再現したい人は、まず酢を仕込んでおくと良い。 
 明日は巻き寿司の作り方を書く予定だ。

020_20120503163436.jpg

 
 
 食   TB:0CM:0

鰻について考える。

2012/07/13(金) 00:00:36

 うなぎが高騰している。
 うなぎの稚魚、シラスウナギの不漁が続いているからだ。

 うなぎの高騰は由々しき問題だが、我々一般消費者が大騒ぎして慌てふためく様な問題でも無い。
 私のような低所得者は、鰻なんてどうせ年に数回しか食べない。 高くて手がでないのなら食べなければ良い。

 気の毒なのは、鰻の養殖業者や鰻屋さんだ。 鰻屋さんは鰻だけを専門的に料理する店が多く、鰻を売らないという訳にはいかない。 鰻屋さん以上にダメージが大きいのが養殖業者ではないだろうか。 事実多くの業者が廃業に追い込まれている。

 鰻の値上がりは何も今年に成って突然高騰した訳ではない。 数年ほど前からじわじわと騰がってきていた。
 中国から輸入される鰻、ヨーロッパウナギの稚魚も乱獲が原因とされる絶滅危惧からその取引が規制され、鰻値上がりの原因を造っていた。 そこへ来て、ニホンウナギ(国産、台湾産がこの種である)の稚魚の3年連続の不漁が続き、恐るべき値段に跳ね上がってしまったという訳だ。 つまり、3、4年前の値段からすれば、現在の卸値は倍以上に成っている。
 元々、輸入品の依存度が高い鰻は国産が高いなら、輸入品をという訳にはいかないのである。


 今年も土用丑の日が近づいているが、スーパー等では鰻の代用品として、アナゴの蒲焼や、サンマの蒲焼、はては豚肉を蒲焼風に調理した物を売り出そうと考えているようだ。 
 いやはや苦肉の策というか、そこまでする意味が在るのかと思う。 だいたい土用丑の日は鰻を食べる日で蒲焼を食べる日では無い。 鰻自体も夏バテ防止に食べられたり、土用丑に食べられることから、夏が旬のイメージが在るが、本来鰻の旬は冬とされている。

 土用丑の日に鰻を食べる習慣に成ったのは諸説あるが、江戸時代、夏に成ると売り上げが下がるうなぎ屋が、困り果てて平賀源内に相談したところ、源内が鰻屋の店頭に『本日土用丑の日』と書いた張り紙をした。 すると、その日は鰻屋が大繁盛したという。 以来、土用丑の日に鰻を食べるのが定番化したのだとか…
  
 するとつまり、土用丑に鰻を食べる事は、元々何の意味も無かったという事ではないか?

 だからっと言って、土用丑の日にアナゴやサンマの蒲焼を売り出そうというのもどうかと思う。
 今、深刻な苦境に立たされているウナギの養殖業者も土用の丑の日だけは、何とか大量のウナギを出荷したいと考えているだろうし、この日に向けって集荷準備をしているだろう。
 そこで、スーパーにアナゴやサンマをウナギの代用品として売り出されたのでは、業者にとって大いな迷惑であろう。

 ウナギが高くて、丸ごと一本売るのが難しければ、細かく刻んで少量を混ぜ込んだ炊き込みご飯を売るとか、うざくやう巻きなどの、一匹のウナギで数人前取れる総菜を考え売り出したらどうであろうか?

 普段滅多に鰻など食べない人間が、土用丑の日に鰻が高くて食べれないと大騒ぎしたり、ウナギの代用品として、アナゴやサンマ、はては豚肉の蒲焼を売り出そうとするスーパー。 いやはや、この国の人達の食に対するセンスの無さにはつくづく悲しくなってくる程だ。

800px-Unagi_kabayaki_by_Kossy@FINEDAYS_in_Akabane.jpg
 土用丑にサンマの蒲焼なんて、あまりに悲しすぎるではないか、それならいっそ、鰻の蒲焼の写真でも眺めていた方がましというものだ。


 ところでついでだが、「鰻の蒲焼」と「鰻の長焼き」何がどう違うのかご存じだろうか?
 両者に明確な違いは無い、どちらも同じものと考えていいだろう。
 「鰻の蒲焼」は主にホームクッキング(家庭)で使う言葉であって、鰻屋さん料理屋では何故か「長焼き」という。 その理由は私もよく判らない。
 鰻屋さんに行く機会があれば、献立をよく確かめてみて頂きたい。 大抵の場合が蒲焼では無く、長焼きと表記して在るはずだ。



 
 
              
 
 食   TB:0CM:0

 Soul Funk 名曲、名盤探査(16) 【The Fatback band / Yum Yum】

2012/07/12(木) 00:00:24

Yum YumYum Yum
(2002/09/03)
Fatback Band

商品詳細を見る


 やはり、私はFunkが好きだ。
 黒くてドロドロの濃いやつが良い。

 私のとっておきのお勧めはファットバックバンドだ。 ニューヨークのストリート色の強いファンクバンドだ。
 
 Funkを扱ったサイトは数多くあるがこのバンドを取り上げているサイトは意外に少ないような気がする。
 たしかに日本では余り売れなかったバンドかもしれない。
 しかしより重量級の黒いFunkを求めるなら、このバンドは抑えておくべきだ。
 活動期間が長く、アルバム数も多いので、その年代により音楽スタイルも変わり、駄作も多いのはたしがだ。
 人それぞれ好みは分かれると思うが、私が選んだアルバムはこの「Yum Yum」だ。

 何しろジャケットが怪しすぎる。 『一体この女性は誰だ!?』
 そんな事は私に聞かれても判らない。 彼女がこのバンドで歌っている訳ではない。
 ただのモデルであろう。

 私がこのバンドを知ったのはかつて名古屋に在ったSoul専門のレコード店でだ。
 店人さんが、「どんなレコードをお探しですか?」と聞いたので「試聴は出来るのきゃあ?」と聞いたら、「出来ます」と言う。
 「これぞFunkと言うやつを聴かせてちょおすか?」と言って、聴かせてもらったのがこのアルバムだった。

 一曲めのタイトル曲を聴いてぶっ飛んだ。 
 まさにこれぞFunk!
 く、黒い! そして太い、重たい。 まるで黒人の体臭が匂ってきそうだ。 言っておくが私は音楽の話をしているのだ。 レコード店で怪しいビデオを見せられた訳ではない。

 CD盤も在ったので、そっちを買った。
 
 当時はまだ若かったから、良いレコード、CDに当たった時はそれだけで、数日は強い高揚感を得ることが出来た。
 今のようにネットも無ければ、試聴できる店もあまり無く、情報源の少ない中で一発勝負のジャケ買いもよくしたものだ。
 しかし、私のジャケ買いのセンスは意外にヒットしたのだ。
 今でもアマゾンの音楽サイトで、ジャケットを観て何かピンと来た時は、結構当たりの時が多い。 

 もっとも今は一発勝負に出なくとも、大抵の場合、試聴やyoutube等で確認してから買う事が出来るので
有難い時代に成ったものだ。

 そんな中で、この「Yum Yum」のジャケットは強烈に私に訴えるものが在った。
 その予感通り、その中身も強烈にファンクネスを訴える演奏だ。

 上記紹介アルバム一曲め、タイトル曲。
 Fatback Band - Yum Yum



 

関連記事
 踊れるFunk 20選
 ヘビー級Funk 20選
 SOUL入門 定番の20選
 黒いJazzFunk 20選
 車内で聞きたいJazzFunk、SmoothJazz 20選
 甘く切ない、甘茶ソウル20選



Yum YumYum Yum
(2002/09/03)
Fatback Band

商品詳細を見る
Soul・FunkTB:0CM:4

 煮物について考える。 【糸コンニャクと豚肉の煮物】

2012/07/11(水) 00:00:46

 コンニャクは安くて良い。 それにヘルシーだ。

 一袋100円の糸コンニャクを2袋買ってきた。 これで煮物を作ろう。
 材料は糸コン、豚肉、シメジ、かまぼこ、ねぎ。

 糸コンは本来、下茹でした方が良いのだが面倒なので水洗いだけだ。 完成品に格段の差は感じられない。
 適当な長さに切った糸コンと豚肉を鍋に放り込み、顆粒出し、酒、味醂、醤油、砂糖で味を付ける。

 沸騰したらアクをすくい、シメジとかかまぼこを入れる、味を確認し、さらに煮詰めていく。
 在る程度煮詰まったら、味の最終確認をし、火を止める間際にざく切りにしたネギを放り込んで出来上がりだ。

021_20120502083246.jpg 022_20120502083245.jpg

和風の煮物は、調味料が基本的に醤油、味醂、砂糖 そして出汁。 一度コツをつかんでしまえば、後は材料を変えるだけでかなり料理の幅が広がる。 オヤジ連中も是非身に付けておくと、女房に逃げられた時に絶対に役立つと思うのだ。
 ただ食材にによって、薄味でさっぱり仕上げた方が旨い場合と、濃く煮詰めた方が良い場合が在るので、レシピに頼らず、自分の舌で味を決める練習をすることが必要だ。

 私も料理の献立に行き詰った時に、本を観たり、料理のサイトを訪ねることは稀に在るが、細かい調味料の配合までは見ない。 
 だだ、食材の組み合わせや、盛り付け等のアイデアを参考にするだけで、味付けはレシピを観なくても大抵が想像が付く。 それが出来るように成ると、お店で始めて食べた料理でも、似たようなものは自分で再現できるようになるのだ。 まあ、あくまで和食か中華に限るが。

 そんなのは素人には無理! と言うかもしれないが、私が料理サイトを色々と検索したところ、おそらく普通の主婦が作っているであろうサイトに、ひざまずいて頭を下げたくなるサイトはいくらでもある。

 つまり、料理で一番肝心なのは創造力で在る。

026_20120502083245.jpg

冷蔵庫に三つ葉も余っていたので火を止めてから、それも加えた。

 食   TB:0CM:2

 フードカッターについて考える。 【大根おろし】

2012/07/10(火) 00:00:55

 我が家には安物のフードカッターが在る。 送料込みでも2000円以下だった。
 はっきり言っておもちゃみたいな代物だ。
 これで大根おろしが作れないかと思ったのだ。 
 手順は大根を小さめに切ってカッタ―に放り込み、水を少々入れ、スイッチ、オン!! 

001_20120502071454.jpg 005_20120502071454.jpg

そしてザルにあけ余分な水分を切る。
 本来、大根おろしを作る器械ではないのでかなりきめの粗い大根おろしだが、まあ良いだろう。 仕方がないこれはフードカッターなのだ。

 フードカッターとしての実力はどうかと言えば、フードカッターとして使ったことが無いので判らない。

 大根おろしの辛みを味わうにはその都度摩り下ろす必要があるが、薬味等に少しだけ欲しい場合に一々摩り下ろすのは面倒だ。

 大根おろしは納豆や麺類のトッピング等色々な料理に使えるので、多めに作リ置きしている。
 密閉容器に入れ、酢を少々垂らしておくと色が変わらず長持ちする。

 どれくらい日持ちするかは、簡単には答えられない。 それぞれの家庭で衛生環境が違うからだ。

 まあ、私の経験値から言えば1週間は問題無く食べられる。

007_20120502071453.jpg 009_20120502071452.jpg
 食   TB:0CM:2

 豆腐について考える。 【トッピングは?】

2012/07/09(月) 00:00:44

010_20120502063955.jpg

 豆腐。 一町35円の豆腐。

 半丁に切って高菜漬けの刻んだものと、ねぎ、ニラ、大葉を刻んだ物(鰹のタタキを作った時の余り)をたっぷりのせ、醤油と胡麻油をかけた。

 豆腐は安くて簡単で良い。
 一丁35円の豆腐はなかなか無いかもしれないが、近くのイオン系のディスカウントスーパーで買った。

 ネギと生姜と花かつおをトッピングしたシンプルなスタイルも良いが、私の場合、豆腐がメインディッシュだったりするためシンプル・イズ・べスト等と言いながら、豆腐に思い付くものを何でもトッピングして食べている。 いやはや、貧しい食卓だ。

 豆腐に何をトッピングすべきか?
 それは、いずれ少しづづ此処で紹介することにしよう。 
 まあ、辛抱強くこのブログをご覧に成り続ければ、色々出てくると思う。

 余り一度に手の内を明かしたら、早い段階でネタ切れに成ってっしまいますからな。 へへへっへへへへっへ…

芸能人使用アイテム多数!アイスウォッチ

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】



 食   TB:0CM:0

 レトルト、缶詰のソースについて考える。

2012/07/08(日) 05:23:36

002_20120501100043.jpg
 
 先日、茄子を料理するのにレトルトのソースを買ったら、意外に旨かったので調子に乗ってまた買って来た。
 茄子に使ったソースとは違う銘柄。 今回は100円コンビニで買ってきたものだ。

 私は何でもかんでも、料理は手造りを主張している訳ではない。
 自分で食べる料理であるから、手作りの理由はコストと味である。
 近頃は冷凍食品やレトルト食品もかなり進化している。 私が知らないだけで、それなりに旨いものは数多く在るだろう。

 味もそこそこで価格も安いなら手作りに拘る必要は無いのだ。
 特にこういったトマトソース等は既製品を買った方がコスト的にも安いのではないだろうか?

 しかし、こうした安くて美味しいレトルトや缶詰が登場することは料理人にとっては脅威でもある。 料理人の存在を否定するものだからだ。

 もっとも、今では一部本格レストランを除いて、殆どの店が缶詰のソースを使うのが当たりまえに成っているので、逆にこういったものが無くなると困るかもしれない。
 はたして、デミグラスソースを一から全て手作りしている店がどれくらい在るだろうか? ホテルの厨房だって大抵は缶詰だ。 勿論、缶詰に多少手を加えたりはしているとは思うが…。

 そんな訳で、元料理人の私もこうした缶詰やレトルトを決して否定出来なのだ。

 ところで写真のソースだが「バジルトマト」、茹でたパスタに掛けて食べみた。
 うん、不味くは無いが先日、茄子に使ったミートソースの方が旨かった。 …先日買ったソースの銘柄は覚えていない。 写真を取っておけばよかった…
 
 ところで、このレトルトのソースは大抵が2人前で、一人暮らしのオヤジは半分が残ってしまう。
 私は残ったソースを湯のみに入れて保存している。

 丁度よい大きさのタッパーが無く、こうしておけばそのままレンジで温めれるので次に使いやすいのだ。

004_20120501100042.jpg
   

 

  
 食   TB:0CM:3

  ホッケについて考える  【ほっけ・

2012/07/07(土) 00:00:13

007_20120501093125.jpg

 ホッケ。 これ一枚で198円。 安い。

 名古屋では、ホッケも私が子供の頃には一般的ではなかった。 いや、ホッケと言う魚は知らなかったし、聞いたことも無かった。

 この魚が名古屋で一般的に知られるようになったのは、30年位前ではないだろうか。 
 30年前というと、若い人、30代くらいまでの人なら随分昔のことと思うだろが、50代、60代、ご年配の方ほど、そんなに昔でも無いと感じるのではないだろうか。

 元々愛知近海では漁獲が無く、関東以北で生息する魚だが、いわゆる外道扱いされる魚で、美味しくない魚とされ、北海道、青森を除いて一般流通する事は無かった。

 今では何処のスーパーでも買える一般的な魚で、居酒屋の定番メニューでもある。
 その切っ掛けを作ったのは大手居酒屋チェーンの「つぼ八」だったと、私は認識している。
 まあ、古い話なので、裏付けを取るためにネット上を検索したが関連する記事は見付からなかった。
 しかし、私の記憶が間違いなければ愛知で始めてホッケをメニューにした居酒屋チェーンは「つぼ八」だったと思う。
 北海道発祥のこの会社、今では店舗数も減らし、新興勢力に押され気味だが当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだった。
 このつぼ八が、北海道から全国展開していく上で、一緒に持ち込んだ食材がホッケの開きだった。

 何故この魚がこれほど定番化していったか? やはり安いからであろう。 安い割に大きさが在り見栄えが良い。 安さを売りにする居酒屋チェーンではもってこいのメニューで在り、干物と言う、素人でも扱いやすが居酒屋定番化の要因であろう。
 
 最近は愛知の一般スーパーでも干物で無い、生のホッケを見かけることが在る。
 青森、北海道では煮付けにもするらしいが、やはりホッケは開きにした干物が旨いと思う。

 ホッケは身が柔らかく水分の多い魚(これが不味いと言われていた要因)だ。 開いた干物にすることで、身がしまり旨味も増すのだ。

 北海道。 私は行ったことがないが、北海道と言うと魚が旨いというイメージが在る。 事実、冷たい海域で育った魚は旨い。 ウニやカニ、昆布も旨い。
 しかし、魚の種類が少ないのいだ。 今ではニシンもサケもシシャモも殆ど取れない。 カニもかなり危ない。
 そんな中で、「つぼ八」が目を付けた魚がホッケだったのではないだろうか。

 以前、私が店を営んでいた時、北海道から来たという女性のお客さんがネタケースに入っている魚をホッケと間違えて注文した。
 「これはホッケですか?」 
 「いや、それはアイナメです」 彼女はアイナメを知らなかったのである。
 実はホッケもアイナメ科の魚で、確かに姿は似ている。 
 しかし、ホッケは大衆魚、アイナメはどちらかと言えば高級魚にさえ入る魚だ。

 彼女はアイナメの煮付けを食べて、美味しいと心底感心していた。 私の腕を自慢しているのではない。
 ホッケと比べて、アイナメの旨さに感心したのだ。 姿は似ているが味は断然アイナメの方が旨いと。
 
 まあ、そんな訳で愛知では、ホッケは煮魚としては一般では無いと思うのだ。

 しかし、このホッケの開きは食べてみるとそんなに不味い魚では無い。 淡泊だが適度に脂のある身は食べやすく美味しい。 居酒屋では若い人がよく注文しているようだが、寧ろ、ご年配者に合う魚ではないだろうか。 
 
 何より安いのがありがたいではないか。



世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】



 食   TB:0CM:2

Soul Funk 名曲、名盤探索 (15) 【Tower of Power / What Is Hip】

2012/07/06(金) 00:00:00



 以前の書き込みで、朱里エイコを紹介した時にバックで演奏しているのはタワー・オブ・パワーと書いたが、ご存じ無い方も多いかもしれない。

 今回はタワー・オブ・パワーをピックアップしてみた。

 切れ味の鋭いホーンセクションが特徴の白人ファンクバンドである。
 彼らも古くから活動しているバンドである、おそらくメンバーチェンジは在ったものの今でも現役で活動しているのではないだろうか。

 70年代のファンク系ブラスバンドと言えば、彼らの名前が真っ先に挙がってもおかしくない。

 動画で演奏されている曲「What Is Hip?」は アルバム『Tower of Power』に収録されている。

 名盤としてアルバムで選ぶなら『Back to Oakland』もよいが、曲で選ぶなら、この曲ではないだろうか。

 いつ録画されたものか解らないが比較的最近の映像ではないだろうか。 ギターを弾いているのは何故かカルロス・サンタナである。
 ボーカルもゲストボーカルだと思うが私には誰か解らない。

 アツい演奏をありがとう!

関連記事
 踊れるFunk 20選
 ヘビー級Funk 20選
 SOUL入門 定番の20選
 黒いJazzFunk 20選
 甘く切ない、甘茶ソウル20選
  車内で聞きたいJazzFunk、SmoothJazz 20選













Soul・FunkTB:0CM:0

チキンハムを作ろう。  【チキンハムとアボカドのカルパッチョ】

2012/07/05(木) 00:00:17

 生協で鶏胸肉の2割引き商品を見付けたので、チキンハムを作ろうと思う。

 いや、正確にはチキンハムもどきと言った方が良いだろう。
 取りあえず、いつもの手抜きスタイルでやってみようと思う。

 鶏肉は胸肉を使った方が旨いと思う。
 胸肉に、砂糖をまんべんなく塗し、さらに塩をまんべんなく塗す。黒胡椒も振って、凡そ一晩於く。

012_20120526065452.jpg

 一晩おいた鶏肉は、表面の砂糖、塩を洗い流し、沸騰した湯の中に放り込んだらすぐさま火を止め、そのまま冷めるまで於いておく。

 冷めたらお湯から取りだし、出来上がり。

 適当にスライスして、サラダやサンドイッチに使えば良い。

005_20120526065452.jpg 009_20120526065451.jpg

006_20120529062033.jpg
チキンハムとアボガドのカルパッチョ
  チキンハム、アボカド、トマト、わさび菜、ガーリックオイル(オリーブ油)、ビネガー(酢)、醤油、黒胡椒。

関連記事
 ガーリックオイル


便秘・肌荒れ・ダイエットでお悩みの方の為の自然派由来のハーブティー☆★

芸能人使用アイテム多数!アイスウォッチ


 食   TB:0CM:2

 調味料も出来るだけシンプルが良い。【わさび菜 じゃこおろし丼】 

2012/07/04(水) 00:00:14

 わさび菜がまだかなり残っているので丼にしてみた。

 丼と言うほどの大袈裟な物でも無いが…。

 白飯の上に、細かく刻んだわさび菜と大根おろし、じゃこ(小女子・イカナゴ)を乗せ海苔をトッピングしただけの丼だ。
 シンプルに醤油をかけて食べるのが旨い。
 あくまで普通の醤油だ。
 変に味を付けたものや、出汁で割った様なものはいけない。
 ストレートな醤油が良いのだ。

 以前、このブログ内でも書いたが、例えば納豆に付属しているタレも必要無い。
 おそらく多くの人が、折角付属されているのだから使うべきだと、漠然と得体の知れないタレを使っていたのではないだろうか?
 
 実は、納豆は普通の醤油を使った方が旨い。
 嘘だと思うなら、普通の醤油と、得体の知れない付属のタレとを使い比べてみれば良い。
 勿論、味覚は人それぞれだ、付属のタレを使った方が旨いと感じる人もいるかもしれない。
 だが、何割かの人間は騙されていたことに気づくだろう。
 
 
 そしてまた、素人の料理好きには、タレやソースに拘って色んな物を入れたがる人がいる。
 あれもどうかと思う。 和風の照り焼きのタレのような物に、隠し味だと、ウスターソースやオイスターソース、はてはケチャップ、さらに化学調味料、粉末出汁まで入れたがる人がいる。

 素材の味を生かしたいなら、調味料も極力シンプルにするべきだ。

 以前、回転寿司に入った所、自家製で調合した醤油をテーブルに並べている店があった。 はっきり言えば名古屋に本社のあるアトム系の回転寿司だが。

 寿司自体は不味くないのだが、何やら醤油に甘みが付けて在る、プラス化学調味料の味だ。
 甘みと言っても、ほんの気持ち程度の甘みなので、気づかない人の方が多いかもしれない。

 だが、私には直ぐ判かった。 妙な甘みと化学調味料が寿司を台無しにしている。

 私は、「普通の醤油を下さい」と頼んだ。 すると店員が不思議そうな顔をするので、「この醤油は調合してあるでしょう? 調合して無いストレートの醤油を持って来て下さいと」と言ったのだ。
 すると、なんと、調合してある事は認めたものの、普通の醤油は置いて無いと抜かしやがるではないか!

 こんなふざけた話があるものか?
 日本国内なら、例えフレンチの店でも、イタリアンの店でも醤油くらいは置いてある。
 鮨屋の分際で醤油がおいて無いとは!

 以来、私はその店には行っていない。

 私くらい味覚が研ぎ澄まされた人間は、そういうものなのだ。
  
 粗食こそ美食である。

027_20120525162724.jpg
わさび菜ジャコおろし丼
 (白飯、わさび菜、小女子、大根おろし、胡麻、海苔、醤油適宜)


芸能人使用アイテム多数!アイスウォッチ

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】



 食   TB:0CM:2

わさび菜について考える。 【わさび菜とポテトのサーモンサラダ】

2012/07/03(火) 00:00:07

 わさび菜というものを買ってきた。

022_20120525105551.jpg

 名古屋のスーパーにこれが並ぶ様になったのはごく最近だ。 この1、2年ではないだろうか。
 これだけありとあらゆる食材が並んでいる日本でも、次々と新種の野菜が出てくるので料理人は気が抜けないだろう。

 実は私もこの野菜を買ったのは初めてだ。
 わさび菜と言う名前が、私に躊躇を与えていた理由だ。

 元々、日本では、わさびの地上茎の部分が、葉わさび、花わさびとして、春ごろに出回っている。 お浸しや醤油漬けにするのだ。 ところが、この葉わさびは別名わさび菜とも言うのだ。

 葉わさび、花わさびを知っている人間なら、このわさび菜として売られているものが、本物のわさびの葉では無いことぐらいは直ぐに判るのだ。

 つまり、わさびの葉でも無いのに、わさび菜の名を付けている新種の野菜は何だかわけのわからない、まがい品というイメージしかなかったのだ。

 これは、私だけでなく、和食の料理人なら大抵わさび菜と言う名に困惑するのではないだろうか? 葉わさびと混同するからだ。
 もうすこし他の名前を付けてあった方が、もっと早く手にとっていた可能性はある。

 もっとも今の私にこんなことを言う資格は無いが…。

 さて、屁理屈ばかり言っていても、実際に使ってみなければわからない。
 生協で安かった(一把128円)ので買ってみたのだ。
 ちょと調べたのだが、わさび菜は、九州で在来種の「からし菜」から生まれた変異種を育成されたものらしい。
 ちょっとかじると確かにわさびにに似た爽やかな辛みを感じる。

 さて、これとポテトでサラダにしようと思う。
 100円で買ったトラウトサーモンのアラに塩をしたものが冷凍保存してあったのでそれも使う事にした。

013_20120525105717.jpg 生協ポテト

 わさび菜は洗って適当に切って、良く水気を切っおく。 
 ポテトとトラウトのアラを茹でる(面倒なので生協で買った冷凍のナチュラルカットのポテトを使っているが、生のジャガイモなら尚良いだろう)。
 茹でたトラウトのアラはしてほぐして骨を取り除く。
 茹でた上がったポテトは熱いういに塩、胡椒をし、そのまま冷ます。
 ポテトと、ほぐしたサーモン、わさび菜、トマトのダイス切りをボールに入れ、ガーリックオイル(オリーブオイル)、白ワインビネガー(なければ穀物酢)で和える(サーモンに塩分が在るのと、先にポテトに塩がしてあるので、塩は必要無いと思うが、必要に応じて塩を足す)。

015_20120525105717.jpg 017_20120525105551.jpg

 わさび菜は葉はパリパリして少々食べ難い。 少し時間をおき味をなじませ、多少葉がしんなりしたくらいで盛り付けた方が旨いと思う。 

こうしてサラダにしてしまうと、わさびの香りは何処かへ消えてしまうが、ピリッとした辛みは残っていて、まあ美味しい野菜だ。

019_20120525105550.jpg

 なにやら一見、フレンチの前菜のように成ったしまったが、原価は決して高くないはずだ。
 
 一応、手抜き、節約料理をコンセプトに記事を書いている。 エスカレートして、記事を書くために食材にお金をかけるという、本末転倒な事態にならないようには気を付けている。
 


 
    
 食   TB:0CM:0

 Soul Funk 名曲、名盤探索(14) 【The Temptations / My Girl】

2012/07/02(月) 00:00:45

 「マイ・ガール」この曲には、若い方でも多くの人が聴き覚えがあるのではないだろうか?

 モータウンのコーラスグループ、テンプテーションズの代表曲だ。
 今朝ラジオでこの曲が流れているのを聴いて。 此処で紹介したくなったのだ。

 もはやスタンダードナンバーとなっているため、色んなところで耳にする機会が在るのだが、耳にした途端に、つい一緒に口ずさみたくなる、そん曲だ。

 1964年に発表された古い曲だが、やはり良い曲と言うものはサビ付かないものだ。

 同時代、アメリカには似たようなコーラスグループが山ほどいた。
 そんな中でもテンプテーションズはコーラスグループで在りながらも、Funk調の曲を得意としていた。

 元々、スモーキー・ロビンソンが自分自身で歌うつもりで作曲した「MyGirl」だが、曲の良さに惚れ込んだテンプテーションが頼み込んで譲り受けたのだそうだ。
 
 スモーキーの作曲だけあって、まさにモータウンサウンドといったメロディーだが、良い曲は誰が歌っても名曲なのだ。

 シンプルで軽快なこの楽曲は日本人にも非常にフィットするメロディーではないかと思う。 
 私は専門的な音楽理論は判らないが、「上を向いたあるこう」を聴くとベースラインやリズム等がモータウンぽいなぁ、と感じるのだ。

 やはりモータウンサウンドは日本人でも、つい口ずさみたくなる音楽なのではないだろうか。


 ♪皆さんも、この映像を観ながら一緒に口ずさんだのではないですか? 
 私なんか一緒に踊てしまいました。

 こ、腰が…!


Ultimate CollectionUltimate Collection
(1997/03/25)
The Temptations

商品詳細を見る


関連記事
 踊れるFunk 20選
 ヘビー級Funk 20選
 SOUL入門 定番の20選
 黒いJazzFunk 20選
 甘く切ない、甘茶ソウル20選

Soul・FunkTB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

オヤジのお気に入りCD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Copyright(C) 2006 オヤジの食卓 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。